毛利元就と息子達!役割や功績、三本の矢の逸話の真実について!

毛利元就と息子の隆元・元春・隆景についてゆるりと解説!

毛利元就を支えた3人の息子達が凄い!

毛利元就には男子9人、女子3人と沢山の子供がいたの。

 

その中でも絶対にはずせないのが長男・次男・三男の3人!


 

毛利元就の中国統一の覇業に大貢献し、元就の死後も全力で毛利家を支え続けたのよ〜!

 

ここではそんな毛利元就の息子達の個性や功績、『三本の矢』の逸話の真実なんかをゆるりと解説!

 

スポンサードリンク

毛利元就の息子、隆元・元春・隆景をご紹介!

 

長男・毛利隆元(たかもと)

 

長男・隆元は早くから家督を継いで毛利家の当主となりましたが、実際に毛利家の実権を握り指揮をとっていたのは父・元就でした。

 

そして隆元は元就が現役でバリバリ活躍している時に亡くなってしまったので、

 

隆元

 

当主とは名ばかり…戦で活躍するのも父や弟達だし。ワシ大した仕事してない…。


 

といった感じのまま、パッとした功績を残す事なく人生が終わってしまったのであります。

 

隆元本人も自分の才覚が弟達に劣る事を自覚し気にしていたのですが、父である毛利元就は隆元の事を

 

 

隆元は生まれつきふがいない性格。才能もないし不器用な人間。


 

と酷評しております。結構な言われようです。笑

 

しかし、隆元は地味ながら内政面で優れた仕事をしており何気にその評価は高いようです。

 

毛利元就や弟の元春、隆景達が戦の作戦を立てたり戦場で指揮をとったり…といった活躍をしている裏で、隆元は国人達に援助を頼んだり、戦の資金集めや兵糧の調達などを請け負っていたそうです。

 

そして隆元の死後、今まで隆元がしてくれていた仕事が元就や弟達ではうまくいかず、資金繰りに困り財政難に見舞われるという事があったんだとか。

 

 

戦するから軍資金とか兵糧の援助お願い。礼ははずむよ〜!


 

 

隆元さんは誠実な人だから協力できるけど、元就さんは人の事騙したりするしなぁ…。

 

まぁ…少しなら援助してあげてもいいけど・・・。


 

といった感じだったらしい。

 

 

隆元は国人達からかなり信頼されていたみたい。隆元がいなくなった毛利家は信用度ガタ落ちして思うように事が進まなかったという…。


 

弟達

 

隆元兄さん一人欠けるだけでこんなに苦労するとは…何気に有能だったのね兄さん(´;ω;`)


 

いなくなって初めて隆元の存在の大きさに気づくという…。隆元は縁の下の力持ちってやつですね。

 

次男・吉川元春(きっかわもとはる)

 

毛利元就の次男・元春は、安芸の国人・吉川氏の養子となったことで『吉川元春』と名乗るようになりました。

 

 

吉川家をものにしたいワシは元春を吉川家の当主に立て、養父である吉川興経を殺害したのである。


 

ちょっと悪どい方法で吉川家の当主となったんですね。

 

しかしさすがは毛利元就の息子…。

その後、元春はしっかりと吉川家の当主を務め、主家である毛利家を盛り立てる為に力を尽くしてきたのであります。

 

そして吉川元春は策略家の父とは逆に、戦場での働きを得意とする勇猛果敢なタイプの武将でした。

 

羽柴秀吉が自軍の10倍もの大軍で中国地方に攻めてきた時、自分達の退路となる橋を切り落として決死の覚悟で戦いに挑んだ

 

というエピソードがあります。
さすがの秀吉も

 

 

なんやこいつらの覚悟…ヤバすぎでしょ…。


 

との事で戦う事なく兵を退いたそうです。
武士の意地ってやつですかね、カッコイイ…!

※ちなみにこれは鳥取城が落城した後に起こった出来事だそうです。

 

このように豪胆な性格の吉川元春、パワータイプの武将かと思いきや戦術に長けた知恵者でもあり、生涯で76度戦を経験して負けた事が一度もないというかなりの戦上手でありました。(引き分けは何度かある)

 

 

元春は毛利が誇る最強武将だぞ!『鬼吉川』なんて呼ばれてたんだから。


 

スポンサードリンク

三男・小早川隆景(こばやかわたかかげ)

 

毛利元就の三男・隆景は安芸の国人・小早川氏の養子となり『小早川隆景』と名乗るようになりました。

 

元春が元就の陰謀で吉川家当主になったのとは違い、跡継ぎのいなかった小早川家サイドの希望で隆景は養子となり、その流れで当主になっております。

 

 

小早川家は瀬戸内海に水軍を持つ大きな勢力!毛利家にとっても良い話であったね。


 

そして小早川隆景はTHE・知将といった頭の良い武将で、的確な情報判断に優れた外交力で毛利家を支えてきました。

 

 

厳島の戦いの時、村上水軍を味方につける事ができたのも隆景がうまく交渉してくれたおかげなのだ。

 

これらの水軍と毛利の陸軍で敵を挟み撃ちにし、見事勝利を得たのである!


 

元就の死後、羽柴秀吉が中国に攻め入ってきた時も小早川隆景はいち早く状況の不利を悟り、和睦にむけて秀吉とコンタクトをとったといいます。

(和睦交渉中に本能寺の変が起きた事で、秀吉はパパッと毛利と和睦を結んでいる。)

 

武将として有能、それに加えて隆景はとても温厚で律儀な性格&かなりの人格者で人望も抜群にあったそうです。

 

そんな小早川隆景の事を秀吉は凄く気にいっていたようで、隆景は九州の筑前・筑後37万石の大名に取り立てられたり、

 

徳川家康や前田利家と並ぶ豊臣政権トップの役職『五大老』に任命されるなどかなり厚遇されておりました。

 

毛利元就といえば『三本の矢』!この逸話の真実

 

中国地方の覇者となった毛利元就は晩年、病の悪化で死期を悟ると3人の息子達を集め、息子の数と同じ本数の矢を持ってこさせてこう教えを説きました。

 

 

矢は一本だと簡単に折れてしまう。

でも三本を一つにすれば、こんなに細いものでもなかなか折ることができない。

 

これは人にも同じ事が言える。兄弟三人、力を合わせて毛利家を守っていくのだぞ。


 

毛利元就が一族の団結力の大事を説いたこの『三本の矢』の教えはかなり有名ですね。

 

そう、毛利元就といえば『三本の矢』!ってくらい有名かと思いますが、残念な事にこの逸話は創作である可能性がめちゃ高いのであります…!

 

死の間際の遺言として教えを説いた、というのがこの逸話ですが、毛利元就が亡くなる8年も前に長男・隆元は亡くなっているんですよね。

隆元いないなら創作じゃん…ってなっちゃうんですよね。笑

 

 

しかし!この『三本の矢』の逸話の元となった史実がちゃんとあるのだ!


 

元就が亡くなる14年前に、元就は息子達にこのような書状を送っています。

 

 

三人が仲違いをするような事があれば、いずれ毛利は滅ぼされてしまうだろう。

皆で力を合わせ、本家毛利を立てていくように。


 

矢の話こそでていませんが、テイストは『三人の矢』の逸話と全く同じ!

 

この元就の教え通り、小早川隆景、吉川元春は主家である毛利家を支え続けました。

 

そして毛利家当主が元就の孫・輝元に変わってからもその体制は変わらず・・・。

 

豊臣秀吉が毛利家を乗っ取るべく、自分の養子(後の小早川秀秋)を毛利輝元の養子にしようとした時には

 

小早川隆景

 

子供欲しかったんですよ!その子、小早川家の養子にください!


 

と毛利家乗っ取りのピンチを救ったり…

 

関ヶ原の戦いで毛利輝元が西軍の総大将に担ぎ上げられた時には

 

吉川広家

 

輝元は無理矢理総大将に決められてしまったのです。
我々は徳川の為に協力するのでお許しください。


※広家は元春の息子

 

と、主家である毛利家安泰の為に奔走しておりました。

 

結局、徳川家康は関ヶ原の戦いの後に

 

 

総大将は総大将。本領安堵なんてできないね。


 

とのことで毛利家の領地を大幅カット、毛利は120万石の大名家から30万石の大名家に転落することに…。

 

 

策士のワシがいたならきっとこんな事にはならなかったはず…!
輝元はちょっと出来の悪い子なんだよね。


スポンサードリンク


楽しんでいただけたらイイネ!

カテゴリーMENU

毛利元就,隆元,吉川元春,小早川秀秋,矢の逸話
毛利元就,隆元,吉川元春,小早川秀秋,矢の逸話
毛利元就,隆元,吉川元春,小早川秀秋,矢の逸話
毛利元就,隆元,吉川元春,小早川秀秋,矢の逸話
毛利元就,隆元,吉川元春,小早川秀秋,矢の逸話
毛利元就,隆元,吉川元春,小早川秀秋,矢の逸話


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ