毛利元就の下剋上事情!大内氏&尼子氏との関係、幼少期のエピソードを解説!

毛利元就の下剋上事情!元就はどうやって戦国大名になった??<

毛利元就の下剋上事情とは・・・??

毛利元就はたった一代で毛利家をいち国人領主から中国10カ国を支配する大大名家へと成長させた超〜すごい人物!


 

ここではそんな毛利元就がどう頭角を現していったのか、中国地方で勢力を誇っていた尼子氏や大内氏との関係や下剋上の行方なんかを解説しているわよ〜っ!

 

スポンサードリンク

不幸だった幼少期…悔しさをバネに野心家に??

 

毛利元就が3歳の時、兄・興元が家督を継いで毛利家当主となりました。

 

元就は父の隠居先である安芸国の猿掛城という場所へ共に移るのですが、そこから元就は不幸と苦難に見舞われることとなります。

 

5歳の時に母が亡くなり、さらにその5年後には家臣が謀反を起こし父・弘元を殺害、元就や父の側室らは城から追いだされてしまいました。

 

 

10歳にして住む家もなく、路頭に迷い貧しい生活を強いられることとなってしまったのだ…。


 

この貧しい生活を支えてくれたのが、父の側室であった杉大方(すぎのおおかた)という女性でした。

 

杉大方は母を早くに亡くした毛利元就の育ての親となり、城を追い出され路頭に迷う事になってしまった時も元就を見捨てることなく、懸命に側で支えてくれたのです。

 

 

実家に帰ることも再婚することもせず、ワシの為に身を捧げてくれた優しい人なのだ。


 

思いがけない身内の死、元就は毛利家の当主に!

 

貧しい生活を乗り越え、元就は兄・興元(おきもと)の許可をもらい14歳で元服することとなります。

 

そしてその5年後、兄・興元が急死。

その跡を継ぎとなる兄の嫡男・幸松丸(こうまつまる)はまだ幼い為、元就が補佐して毛利家を支えていくことになりました。

 

が、幸松丸もしばらくして死去。

 

その後、毛利家の跡継ぎ候補には元就と弟・元綱の名が上がりました。

※元綱は元就の腹違いの弟

 

元綱

 

当主になりたい…元就兄さんを暗殺してやる…!


 

 

なんか企んでる気がする…先手必勝で元綱をやっちまおう!


 

察しのよい元就は家臣に元綱の居城を攻めさせ、パパッと元綱と反元就派の家臣らを消し去り毛利家当主の座を射止めたのであります…!

 

ちなみに興元と幸松丸の死には不審な点が多いらしく、まさか元就が二人の死に関与していたのでは…??という疑惑があるようです。

 

この件の真相は謎ですが、後に毛利元就はそこそこ非情なやり方で下剋上していく&野心強めなのであながち有り得なくもないかも…?

 

スポンサードリンク

毛利元就、当主になってからの快進撃!

毛利元就,大内義隆,尼子経久,幼少期,エピソード

※当時、中国地方で勢力を誇っていたのは尼子晴久や大内義隆だった。両者の狭間に位置する安芸の国人達は情勢を見ながら臣従と離反を繰り返し、なんとか戦国の世を生き延びているという状況。

 

家督を相続したとはいえ、この頃の毛利氏は安芸国内のいち国人領主であり、尼子氏の傘下に入っていた弱小勢力のひとつでした。

 

 

しかも当主となったばかりのワシは家臣からナメられており、命令を聞き入れてもらえないどころか謀反を起こされたりして大変だったのだ…。


 

この時点では安芸一国を統一するのはおろか、国人達や家臣団を従えるのも厳しい状況。

 

 

ビッグになるにはまず、毛利家の地盤を固めねば!


 

しかし、毛利元就は焦りません。

 

策略や調略を用い、忍耐強く相手が隙を見せたり弱まるのを待ちます。

 

元就が毛利家当主となったのが1523年、

毛利家が大名として独立するのが1555年。

 

時間はかかってしまいましたが、毛利元就は下手な博打は決して打たず、とにかく慎重に物事を進めるお方なのです!

 

毛利元就が独立するまでにやってきた事

長男・隆元(たかもと)を大内義隆の元へ人質に送った。跡継ぎを差し出したことで大内氏からかなり信頼されていたらしい。

 

次男・元春を安芸国人・吉川興経の養子にして後に当主の座につかせた。そして吉川興経とその息子を後に殺害し、吉川家を強奪した。

 

三男・隆景を安芸国人・小早川家の養子にし、隆景は小早川家当主となった。

 

元就に反抗的で毛利家家臣の中でも権威を持っていた井上元兼(とその身内)を粛清し、家臣団を統率した。

 

力をつけてきたところで大内氏と決別。後に起こった厳島の戦いで綿密な策を巡らせ完全勝利、見事下剋上を果たして戦国大名へとのぼりつめた。

 

 

鳴かぬなら 待つし場合によってはころすし確実に鳴かせてみせるぜ ホトトギス


 

といった感じでしょうかね?

戦国屈指の策略家だけあって頭キレるし行動力も素晴らしい。

 

そして『凄い人』だけど結構『悪い人』でもある。笑

 

超簡単に大内氏と尼子氏との関係、歴史の流れを解説

 

毛利元就,大内義隆,尼子経久,幼少期,エピソード

1523年、毛利元就が当主に!この頃はまだ尼子氏の下についていた。

 

毛利元就,大内義隆,尼子経久,幼少期,エピソード

当主になってから二年後、大内氏へ鞍替え。
それからは大内義隆の配下として尼子派の勢力と戦をすることになる。

 

毛利元就,大内義隆,尼子経久,幼少期,エピソード

1551年、大内義隆が家臣の陶晴賢(すえはるかた)に謀反を起こされ死去、大内氏の実権を陶晴賢が握る。
毛利元就は陶晴賢を支持、変わらず大内派として協力を続けた。

 

毛利元就,大内義隆,尼子経久,幼少期,エピソード

その後、陶晴賢と決別。
1555年に厳島の戦いで陶晴賢を亡き者として大内氏の領土をゲットした。

 

毛利元就は安芸の国人から一気に尼子晴久と並ぶ大名に!

 

毛利元就,大内義隆,尼子経久,幼少期,エピソード

1566年、第二次月山富田城の戦いで尼子氏に勝利。

 

尼子氏滅亡でついに毛利元就が中国の覇者に!一代でこの大勢力を築き上げたのはかなりの偉業!

 

そしてこれから5年後の1571年、毛利元就は居城・吉田郡山城で死去。(老衰とも病死とも)

 

 

享年75、毛利家躍進の為にひたすら駆け抜けた人生…!


スポンサードリンク


シェア?大歓迎である!

 

カテゴリーMENU

毛利元就,大内義隆,尼子経久,幼少期,エピソード
毛利元就,大内義隆,尼子経久,幼少期,エピソード
毛利元就,大内義隆,尼子経久,幼少期,エピソード
毛利元就,大内義隆,尼子経久,幼少期,エピソード
毛利元就,大内義隆,尼子経久,幼少期,エピソード
毛利元就,大内義隆,尼子経久,幼少期,エピソード


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ