恨み?野心?明智光秀が本能寺の変を起こした理由の真実とは?!

恨み?野心?明智光秀が本能寺の変を起こした理由の真実とは?!

明智光秀が本能寺の変を起こした理由の真実とは?


戦国時代の歴史最大の謎とも言えるのが明智光秀の謀反の理由であります!
それには様々な説に、説を裏付ける理由や根拠があります。早速見ていきましょう!

 

天下人への野心で謀反を起こした説

 

光秀が謀反を起こしたのは単に天下人になりたかったという野心があったからか?との疑問についてですが、これは違うと思われます。

 

本能寺の変の直前の織田信長はもはや天下人同然の権力の持ち主であり、いきなり信長を討って明智光秀が

 

 

今日から私がNO1だ!


 

と言ったところでついてくる人がいるわけがありません。むしろ反感を買うのは当たり前の事で、明智光秀もそんな事くらいわかりきっていたことでしょう。

 

天下人になりたいからという理由だけではあまりにもリスクが大きすぎる行動であります。

 

スポンサードリンク

 

四国の長宗我部と組んで謀反を起こした説

 

信長は本能寺の変が起こる直前、四国の長宗我部元親の討伐を計画していました。

 

もともと信長と長宗我部元親は同盟を組んでいて関係も良かったのですが、四国でビッグな存在になっていく元親に不安を覚えた信長が、

 

 

ワシに従え。四国の領地もナンボかくれ。


 

と一方的に無茶を言ってきたのが、関係悪化の始まりでした。

 

これを断固として拒否した元親でしたが、明智光秀サイドからの

 

 

信長様めちゃ怒ってる!従ったほうがいいよ、四国に攻めるつもりだよ!


 

という説得で、

 

明智光秀,本能寺の変,原因,説,織田信長

 

そそ、そんなにやばいの?・・・わかった、従います。


 

と、信長に従う意を見せました。

 

しかし、時すでに遅し・・・

 

 

許さん。一度でも逆らった奴に救済の余地などない。


 

信長の四国攻めは決定してしまったのです。

 

 

どうしよう・・・、信長様は完全に許す気はなさそう・・・。
長宗我部家と明智家は親縁関係もあるし、放っておくことなんてできない・・・。

 

・・・・・・・・やるしかないのか?信長を。


 

・・・なぜ明智光秀が本能寺の変を起こしたのか?
それには、四国の長宗我部を救うために本能寺の変を起こしたという説があるのです。

 

 

ワシが信長を討ちます!!


 

なんて事を書いた書状は存在しないから真相は謎だけど、実際本能寺の変が起こったおかげで四国征伐の計画もひとまず無くなったし、長宗我部は信長の魔の手から逃れられているわけであります。

 

信長への恨みが募って謀反を起こした説

 

光秀が謀反を起こした理由には、『信長に対する日頃の恨みが溜まっていたから』という一説があります。
それが結構ホントに、色々とひどいのであります・・・。

 

スポンサードリンク

 

信長からの罵倒、暴力、悪口・・・

 

明智光秀は日頃信長にひどい扱いをされていたとのことです。
キンカ頭(ハゲ)と悪口を言われた、というのも有名ですが、こんな逸話もあります。

 

ある日、徳川家康が安土城に来る事になって、宴の準備を信長は光秀にまかせました。
光秀なりに精一杯こしらえたであろう料理、信長はその料理にでてきた魚に、

 

 

こんな腐った魚客にだすとは何考えてんだ!


 

と光秀を怒鳴りつけて蹴りつけました。

 

信長は仕事ができる部下にはそれ相応の恩賞を与えて可愛がるけど、無能な家臣にはとても冷たかったと言われています。

 

・・・が、明智光秀は将軍家に仕えている過去もあり、人脈を生かして外交面では優れた仕事をしていたと言われているんですね。

 

こういった理不尽な仕打ちは信長の気分であったりするのかもしれないけど、このような事が積み重なっていけば光秀も信長が嫌になっちゃいますよね。しかも光秀は信長より6つ程年上だし。

 

信長が丹波国の攻略に乗り出していた時の事

 

丹波での戦の事、明智光秀は信長に抵抗を続けたハ上城の波多野秀治という男を調略により投降させることに成功しました。

 

その後、波多野秀治は織田信長に謁見しに安土城に行かねばならないのですが、なにぶん信長は自分に反抗する者には容赦ない怖い人なわけで・・・

 

 

謝って本当に信長様は許してくれるのでしょうか?やっぱり怖いから行きたくない・・・。


 

 

大丈夫ですよ!心配なら私の叔母を人質としてハ上城に預けますので信長様に会いに行きましょう。


 

光秀は波多野秀治を信長に会わす為に、自分の叔母を人質として預けました。
そして波多野秀治は信長に会うのですが、

 

 

俺にしつこく反抗しやがって・・・許すわけねぇだろ!お前は磔にする!


 

・・・なんと、信長は波多野秀治を光秀の意思を無視して勝手に処刑してしまったのです。

 

ハ上城で帰りを待つ波多野の家臣達はこれを知って大激怒、そして人質として預かっていた光秀の叔母も報復として処刑されてしまったのです。

 

光秀はこの一件により信長に対して激しく恨みを抱いたと言われています。

 

本能寺の変、朝廷黒幕説

 

権力を握った信長は天皇や公家といった上流貴族を軽んじる傾向がありました。

 

そんな信長のことを疎ましく思った朝廷の人間が明智光秀と通じて謀反を起こさせたのでは・・・?というのが朝廷黒幕説です。

 

明智光秀はかつては将軍に仕えていたので、朝廷の上流階級の人達とのパイプもあったかもしれないし、そういった人達がコンタクトをとってきた可能性は十分にあり得ることでしょう。

 

スポンサードリンク

 

本能寺の変、羽柴秀吉黒幕説

 

本能寺の変の直前、秀吉は信長の命令で中国地方の毛利氏と戦っていました。

 

この時秀吉は信長に援軍を頼んでいるのですが、実は中国での戦は順調で援軍を呼ぶほど苦戦していなかったと言われています。

 

そして信長はこの秀吉の援軍要請に対して、

 

 

先に明智光秀を中国へ援軍として送る。後からワシも行くから。


 

としていました。

 

秀吉と光秀は共謀者であり、信長を討つために協力した。そして光秀が実行犯であったという説です。

 

が、さすがに秀吉黒幕説はないんじゃないかなぁ?と思います。

 

秀吉は本能寺での信長の死を知るとすぐに中国での戦を中断して毛利と和睦、光秀を討つべく行動を起こしています。
(この行動があまりにもスピーディすぎて怪しいとも言われている。)

 

光秀と組んでいるとなればこの裏切りはあまりにも危険すぎるでしょう。

 

 

私と秀吉はグルなの!秀吉が信長をやれって言ったんだよぉー!


 

 

なんて周りにチクられたら終了だもんね。


 

謀反まとめ

 

個人的に明智光秀が謀反を起こした理由は、『コレ!』といった一つの理由でなく様々な事が重なった結果なのではないかと思います。

 

 

日頃の鬱憤、恨み、四国の長宗我部との関係でストレスMAX・・・。そんな時に少ない守備で本能寺にいる信長・・・。

 

いい機会だし、やっちまおーかな。みたいな?


関連逸話漫画

 

次の記事:明智光秀は生きていた?光秀の南光坊天海説

スポンサードリンク


シェア?大歓迎である!

 

カテゴリーMENU

明智光秀,本能寺の変,原因,説,織田信長
明智光秀,本能寺の変,原因,説,織田信長
明智光秀,本能寺の変,原因,説,織田信長
明智光秀,本能寺の変,原因,説,織田信長
明智光秀,本能寺の変,原因,説,織田信長
明智光秀,本能寺の変,原因,説,織田信長


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ