とにかくイケメンな井伊直政!モテ&最強カッコイイエピソード

とにかくイケメンな井伊直政!モテ&最強カッコイイエピソード

井伊直政のモテ伝説&最強カッコイイエピソード

※井伊直政の肖像画のヘボ写し

井伊直政の基本プロフィールはこちら

 

井伊直政はかなりのイケメンであり強い武将であったと言われています。
肖像画も目元がキリっとしててなかなかのイケメン具合・・・!

 

井伊直政には、そのイケメンの噂を裏付けるモテエピソード&最強エピソードが沢山!

スポンサードリンク

歳上の女性も直政にメロメロ

 

織田信長の死後、天下人への道を突き進む豊臣秀吉は、徳川家康を臣従させる為に行動にでました。

 

秀吉の妹・朝日姫を家康の妻にあてがい、上洛するよう家康に求めたのです。
(家康の正室は亡くなっていたのもあり、朝日姫は家康の正室となった。)

 

 

この時、秀吉の妹・朝日姫は44歳・・・。いりもせんのに押し付けられた形です。

 

しかも朝日姫は前の夫と離縁させられて徳川家に送られてきたから可哀想・・・。


 

しかし、家康は動きません。何が何でも家康を自分の傘下におさめたい秀吉は、次に自分の母親・大政所(おおまんどころ)を人質として家康のいる岡崎へ送ってきたのです。

 

 

母親まで送られてきたらさすがに無視できんがな・・・。悔しいけど秀吉の元へ行ってきます・・・。


 

家康はついに秀吉に会いに行くのですが、その間大政所の面倒を任されたのが井伊直政でした。

 

大政所やお付きの女中達は、イケメンで自分達を気づかってくれる直政にメロメロだったそうです。

 

そして家康と秀吉の会見が終わり、人質としての役目を終えた大政所は大阪へ帰るのですが、その帰りの護衛に井伊直政を指名したとのことです。

 

井伊直政のイケメンモテエピソードでもありますが、大政所の乙女心が可愛いエピソードでもあります。笑

 

家康一筋!そして天下人も恐れない!

 

家康と秀吉の会見後、人質であった大政所を大阪へ送り届けた直政は、秀吉からお礼にと茶を振舞われました。

 

そして秀吉はその席に石川数正を同席させました。

 

石川数正は元々家康の家臣だったのですが、1584年の小牧長久手の戦いの後に突如として家康のもとを出奔し、秀吉の家臣となった武将です。

※石川数正がなぜ家康の元を離れたのか詳しい理由はわかっていないが、徳川家の重臣であり徳川に関する重要な情報を知っているであろう数正を、秀吉が欲して懐柔したのでは?と言われている。

 

井伊直政は石川数正と顔も合わせず言葉も交わしませんでした。
もちろん室内には気まづい空気が流れます。

 

 

・・・あの、君らはかつての同僚だし喜ぶかなぁと思って数正を連れてきたんだけど


 

 

迷惑極まりないですね。この男は大恩ある我が殿を裏切り殿下に降った臆病者。

 

我ら徳川の人間は、この男を虫ケラのごとく軽蔑しております。こんなクソ野郎と同席するなんて御免ですね。


 

直政は秀吉を睨みつけバッサリとこのような発言をしました。
しかしその場にいた秀吉の家臣たちはこの直政の発言に冷えっ冷えだったそうです。笑

 

天下人をも恐れない直政の強きな姿勢、カッコイイですね!

 

井伊直政はとにかく先陣を切りたがる!

 

井伊直政は戦ではとにかく自ら先陣をいきたがる猪武者でありました。

 

そして毎度毎度、大将でありながら自ら槍を持ち躊躇なく敵に突っ込んでいく直政を、家康はいつもハラハラして見守っていたんだとか。

 

 

心配しすぎ落ち着きなさすぎで手に持っていた軍配を思わずかじってしまうほどよ。


 

 

そしてその歯型のついた軍配を記念に貰ったっていう。


 

直政は関ヶ原の戦いでも一番に突撃!

 

関ヶ原の戦いは、西軍と東軍の兵合わせて16万という大規模な戦でした。

 

そして先陣大好きな井伊直政は、この関ヶ原の戦いでも先陣を切っていたのです。

 

しかし、もともとは福島正則の軍勢が先陣を務めると軍議で決まっていました。

 

直政ももちろんそれを知っていましたが、少数の兵を連れて福島の軍勢の前へ出ていきました。

 

 

ちょっと!先陣は我ら福島の軍が務めるんだけど?!


 

 

わかってる!忠吉様(家康の四男)が初陣だから少し戦場の見学をさせてあげるだけ・・・


 

こういって直政は前方の敵、宇喜多秀家の軍勢に向かって鉄砲を撃ち込みました。

 

宇喜多秀家の軍勢もそれに反応し攻撃を開始。そして井伊直政は福島軍より先に宇喜多の軍へ突撃していきました。

 

 

?!出し抜かれたー!!


 

先陣を務めるのは武士としてとても名誉なことであります。見せ場を奪われた福島正則はもちろんご立腹。

 

そして戦での命令無視、抜け駆け行為は軍律違反であり、処罰の対象となります。

 

が、関ヶ原の戦いの後、井伊直政はなんのお咎めも受けておりません。

 

この関ヶ原の戦いでの抜け駆けは、ただ井伊直政が先陣を切りたかっただけでなく、家康の息子・忠吉に華を持たせるために最初から直政に先陣を切らすつもりだったのでは?と言われています。

 

 

処罰ナシ・・・?!ぐぬぬ。


スポンサードリンク

家康もびっくりの直政の強気な姿勢

 

秀吉の天下取りの為の最後の戦である北条小田原攻め、もちろん豊臣側として徳川家も戦に参加することとなりました。

 

そして家康は、直政でない他の武将に先陣を決めました。
いつもなら

 

 

なんで俺じゃないんですか?!俺に先陣を務めさせて下さい!


 

と先陣をいきたがるのですが、この時はなぜかアッサリと了承してくれました。

 

 

あれ?今回は先陣じゃなくていいの?


 

 

いやいや殿、俺が先陣じゃないってことは他に大事なお仕事があるってことでしょ?


 

 

え?


 

 

秀吉は総勢22万もの大軍で北条を攻める・・・。そして秀吉の守備が薄くなった時に俺が秀吉をやっちまうって事ですね!!


 

どういう思考回路なのか、直政は超絶権力を誇る秀吉をこのタイミングでやっちまおうと言い出したのです。

 

 

何を言ってるの?!そんな馬鹿な事させないからね?


 

 

違うんですか?じゃあヤダ、先陣がいいです!


 

直政はとにかく常に一番の働きをしたがる武将なのであります。

 

家康が心配するのもわかるし、家臣の中で一番信頼を置くのもわかりますね。笑

スポンサードリンク

逸話漫画:その他のモテエピソード


井伊直政と関係深い武将達

井伊直政,イケメン,エピソード,逸話井伊直政のことが大好きな主君!

徳川家康を詳しく見る

 

井伊直政,イケメン,エピソード,逸話井伊直政,イケメン,エピソード,逸話井伊直政と仲良しの徳川四天王!

榊原康政を詳しく見る

本多忠勝を詳しく見る

 

井伊直政,イケメン,エピソード,逸話赤備えの元祖は武田家!

武田信玄を詳しく見る

 

井伊直政,イケメン,エピソード,逸話直政の娘の旦那が伊達政宗の息子!

伊達政宗を詳しく見る

スポンサードリンク


シェア?大歓迎である!

 

カテゴリーMENU

井伊直政,イケメン,エピソード,逸話
井伊直政,イケメン,エピソード,逸話
井伊直政,イケメン,エピソード,逸話
井伊直政,イケメン,エピソード,逸話
井伊直政,イケメン,エピソード,逸話
井伊直政,イケメン,エピソード,逸話


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ