豊臣家一筋のマジメ武将!関ヶ原の英雄、石田三成をゆるりと解説!

豊臣家一筋のマジメ武将!関ヶ原の英雄、石田三成をゆるりと解説!

石田三成と豊臣秀吉の出会いといえばお茶!!

 

石田三成は近江の土豪(小さな土地を支配している一族)の次男であり、秀吉とは1574年(1577年とも)に出会ったとされています。

 

そして有名なのが2人の出会い『三献の茶』

 

これは言わずもがな、石田三成のできる男感が伝わってくる有名なエピソードがあります。

 

ある日、秀吉が鷹狩へ出かけていたときのこと・・・。

 

その帰り、喉が渇いた秀吉はとあるお寺に立ち寄りお茶を所望します。

 

寺の小姓はまずお茶碗いっぱいに、ぬるめのお茶を入れて出しました。

 

 

ヘイお待ち!


 

この寺小姓こそ若かりし頃の石田三成。そして秀吉はそのお茶一気に飲み干しました。

 

 

美味い!もう一杯!


 

次に三成は、さっきより小さめの碗に、少し熱めのお茶を出します。

 

 

もう一杯!


 

秀吉はそれを飲み干すともう一杯お茶を所望しました。

 

そして三成が三杯目に出したのが少量の熱々のお茶。

 

 

一杯目はとにかく喉が渇いているとの事で沢山のお茶を飲みやすい温度で出し・・・、

 

喉の渇きを潤したところで二杯目はやや熱めのお茶を・・・、

 

そして三杯目はお茶をじっくり味わってもらう為に熱々のものを少量・・・。


 

 

こやつ、できる・・・!!


 

三成の気づかいに何か非凡なるものを感じた秀吉は、すぐに彼を自分の小姓として召し抱える事としたのでした。

 

秀吉の小姓からスタート、石田三成はその後、秀吉の秘書的なポジションにつきメキメキと頭角を現していくのであります。

 

 

ちなみに、この『三献の茶』のエピソードはあんま信憑性がないんだって。三成が寺の小姓だったことすら怪しいらしいよ。


 

【スポンサードリンク】

戦下手??忍城を落とせなかった石田三成

 

石田三成は秀吉に仕えてから、数々のいくさに従軍してきたそうですが、これといって目立った活躍やエピソードがありません。

 

 

武闘派じゃなくてエリート官僚だからね。
でも戦場でのエピソードが全くないわけではないのだ。


 

1590年、豊臣秀吉は最後まで豊臣家に反抗し続けた関東の北条氏政を攻め滅ぼして天下人となります。

 

この戦で秀吉は総勢22万もの兵力を動員!北条氏の本拠地・小田原城を包囲する他、北条一族の守る城を次々と攻略していきました。

 

 

ちなみに対する北条は、総勢5万6千ほどの兵力であったと言われているぞ!


 

この北条攻めで石田三成は、武蔵国の忍城(おしじょう)の攻略を担当しておりました。

 

この忍城の周辺は沼沢地であったため攻めづらく、豊臣軍はかなり手こずっていたようです。

 

そこで石田三成は水攻めを用いてこの忍城を落とすことにします。

 

かつて秀吉が備中高松城で行ったように、近辺の農民に米やお金などの報酬を与えて水攻めの為の工事を手伝わせました。

 

そしておよそ28kmにも及ぶ堤防が完成。水攻めは決行されたのですが、予想したほど忍城にダメージを与えることができず・・・。

 

逆に土手が崩れて豊臣軍に被害がでるなど散々な結果となってしまったようです。

 

 

困ったなぁ。攻めるの難しいし、忍城のやつら全然降伏する気配もない・・・。


 

なんて言ってる間についに北条氏政が降伏を宣言。

 

北条側の守る城で唯一落城しなかったのが忍城であり、忍城攻め担当であった石田三成はこの一件で戦下手というイメージがついてしまったのであります・・・。

 

 

でも忍城の水攻めを提案したのは秀吉様だったとも言われているんだよね。


 

そして秀吉が天下人となった後、石田三成は近江佐和山19万4000石を与えられております。

 

【スポンサードリンク】

豊臣政権で石田三成は重要な役職についていた

 

豊臣秀吉が天下人となると、石田三成は五奉行という役職につき政務を行っておりました。

 

ちなみに五奉行のメンバーは

 

石田三成
増田長盛(ましたながもり)
前田玄以(まえだげんい)
浅野長政(あさのながまさ)
長束正家(なつかまさいえ)

 

となっています。彼らはみな、秀吉の直接の家臣であります。

 

※ちなみに五奉行の上にある役職が五大老。五大老は五奉行と違って、全国の有力大名で構成されている。徳川家康、前田利家、毛利輝元、宇喜多秀家、小早川隆景、上杉景勝が五大老のメンバー。

 

秀吉が天下人となってから、日本国内ではしばらく平和な日々が続くのですが、秀吉は次のステップアップとして海外進出を計画・・・。

 

 

朝鮮・明(中国)を征服するぞっ!ワシは明の国王になる!


 

この馬鹿げた妄想を現実にする為に、海外へ兵を出す事を決めたのです。

 

石田三成は、最後の最後まで

 

 

無益な戦にございます。考え直して下さい。


 

と反対していたようですが、晩年の秀吉の暴走は誰にも止める事ができませんでした。

 

そしてこの朝鮮出兵で石田三成は、大名たちのサポート役として後方支援をしていたのですが、現場で戦う武将達と揉める事も多く、豊臣家家臣達の中で派閥ができるきっかけとなってしまいました。

 

 

この朝鮮出兵での仲間割れは、少なからず関ヶ原の戦いで西軍が敗北する要因となってしまったのだ・・・。


 

【↓関連記事↓】

秀吉の朝鮮出兵での暴走っぷりを詳しく見る

 

【スポンサードリンク】

 

石田三成、実は100万石の大名になれていた?!

 

石田三成の最盛期の所領は近江佐和山19万4000石ですが、実は石田三成、秀吉からもっと多くの所領を提案されていました。

 

しかし三成は、

 

 

九州の筑前・筑後に33万石!どうだね??


 

 

ワシが九州へ行ってしまったら誰が秀吉様を側で支えるのですか!お給料は少なくていいです。秀吉様の近くで働きたい!


 

という理由で断ったのです。そしてこんなエピソードもあります。

 

晩年、秀吉が病床に伏せていた時のこと・・・、秀吉は石田三成と増田長盛に、

 

お前たちに100万石やろう。お前達なら安心してワシの亡き後の日の本を任せられる。

 

と、こんな事を言っていたそうです。

 

 

またまたそんな。ありがたいお話ですが恐れ多い事です。


 

冗談なのか、本気で言っていたのかは謎ですが、秀吉が石田三成(増田も)の事をかなり信頼していたのが伝わってきますね。

 

↓そしてさらにその後・・・

 

秀吉亡き後、徳川家康と戦をする事を決意した三成は、

 

 

家康は250万石の大大名・・・。ワシには家康と対等に戦える力がない。

 

あの時、秀吉様の申し出を受けて100万石の大名になっていれば不自由なく家康と戦えたであろうに・・・。


 

と、この時ばかりは自分の所領の少なさを嘆いたそうです。

 

三成は、自分の知行の半分、それ以上を与えて家臣を召し抱えたという逸話がありますし、近江佐和山19万石の大名になってからも、贅沢などせず日々の暮らしは質素なものであったそうです。

 

 

出世していっぱいお給料もらってビッグになるぞーっ!!


 

なんて欲があまりなかったように思われます。

 

 

もっと三成がギラギラしてて権力もってたら、ワシもうかつに豊臣家に手出しできなかっただろうね。


 

石田三成の関連ページ

【↓次のページ↓】

石田三成の関ヶ原!西軍はなぜ負けた?三成の最後が泣ける

 

三成の人柄に惚れてまう。石田三成のハートフルなエピソード!

石田三成は朝鮮出兵で何したの?なぜ三成は嫌われ者になってしまった?

 

【↓関連ページ↓】

関ヶ原の戦い勃発!それぞれの武将達の葛藤、複雑な状況とは・・・?

豊臣家最後の合戦!大阪冬の陣勃発までの経緯とは?!

 

スポンサードリンク


シェア?大歓迎である!

 

カテゴリーMENU

石田三成,関ヶ原,お茶,五奉行,忍城
石田三成,関ヶ原,お茶,五奉行,忍城
石田三成,関ヶ原,お茶,五奉行,忍城
石田三成,関ヶ原,お茶,五奉行,忍城
石田三成,関ヶ原,お茶,五奉行,忍城
石田三成,関ヶ原,お茶,五奉行,忍城


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ