福島正則が大好きになるハートフルな逸話!・・・と、酒に溺れてちょっとダメな逸話

福島正則が大好きになるハートフルな逸話!・・・と、ちょっとダメな逸話

福島正則が好きになるハートフルな逸話(とダメダメな逸話)

人情深く家臣に慕われた福島正則・・・、知れば必ず好きになる正則のハートフルな逸話や、馬鹿可愛いダメダメな逸話をご紹介!


 

そもそも福島正則って何した人??あんま知らない・・・って方は

豊臣秀吉子飼いの猛将!武将福島正則をゆるりと解説!

↑コチラも是非、合わせて読んでみてね♪もっとこの記事が楽しめるわよ〜っ!

 

スポンサードリンク

 

福島正則は友情にも厚い心優しき武将!

 

福島正則には堀尾忠氏の家臣で松田左近という、仲の良い飲み友達がいました。

 

そしてある時、堀尾忠氏が豊臣秀吉に会う為に伏見城へやってくるとのことで正則は門の前で堀尾一行の到着を待っていました。

 

がしかし、その中に友人の松田左近がいなかった。話を聞くと松田左近は病の為に大阪で療養中とのこと・・・。

 

 

心配すぎる!!


 

と、正則はすぐさま松田左近のもとへ馬を飛ばしました。
一介の大名が共も連れずたった一人で。

 

これには松田左近もビックリ!そして正則の優しさに大感動!そして、

 

 

病といっても少し怪我をしている程度なんだ!せっかく来てくれたし飲も飲も!!


 

とテンション上がって、家来に沢山お酒を用意するよう命じました。正則は

 

 

ダメダメ!病み上がりなんだから沢山お酒を飲むのは体に悪いぞ!


 

と友人の体を気づかいながらも

 

 

けど少しだけならOK!今日は一杯ずつね!


 

と、ちゃんとお酒をご馳走になりました。
2人はちびちび飲みながらまったりと語りあったそうです。

 

福島正則、めちゃいい奴ですね!

 

人の優しさに心打たれる福島正則

 

関ヶ原の戦いの後、江戸に滞在していた正則は、

 

 

ここらへんの酒は美味しくない!


 

とのことで、わざわざ大阪から江戸に酒を運ばせていました。

 

そしてある時、この酒を積んだ船が輸送中に暴風にあい、八丈島に流れ着きました。
(当時、八丈島は島流しの刑罰として罪人が送られてくる場所でもあった)

 

天候が良くなるまで船はだせないので、船に乗っていた家臣は島を散歩していました。

 

すると、1人の男が、『何でこんな島に来たの?』と声を掛けてきました。

 

話をしてみると、その男はかつて備前・美作に57万石を領した大名、宇喜多秀家でした。

 

宇喜多秀家は関ヶ原の戦いで西軍に属し、改易されて八丈島に送られていたのです。

 

 

良かったら少しお酒をわけてくれないかな?
嫌なこと忘れさせておくれ。


 

かつての大大名が人にものを恵んでもらうような立場に・・・。宇喜多秀家の変わり果てた姿に、なんともいたたまれない気持ちになった家臣でありました。

 

このお酒は福島正則に届けるものであり、勝手に人にあげてしまうのはいけない事・・・そう思いながらも家臣は快く宇喜多秀家にお酒を分けてあげました。

 

 

ありがとう!本当にありがとう!正則殿にもよくお伝えくだされ!本当にありがとうね!


 

宇喜多秀家は何度もお礼を言い、とても喜んでくれました。

 

後日、無事に江戸へ到着した武士は、島で宇喜多秀家と会った事、正則のお酒を少しとはいえ、勝手に分け与えてしまったことを話しました。

 

気性が激しく、キレたら誰にも止められない正則であります。どれほど怒られるのかと思いきや、逆に正則は

 

 

やるじゃん!良い事したね!!

 

しかも黙ってたらバレないのに正直に報告してくれるなんて律儀だね!感心したよ!


 

と上機嫌でその者を褒めました。

 

福島正則と宇喜多秀家は関ヶ原では敵同士となってしまったけど、もともと同じ豊臣家の家臣であります。

 

色々と思うこともあったでしょうし、宇喜多秀家が喜んでくれた事や、家臣が秀家に気づかってくれた事が嬉しかったのでしょうね。

 

関ヶ原の戦いで正則は島津軍に・・・

 

関ヶ原の戦いで東軍が勝利し、西軍の武将達は撤退を始めました。

 

その中でも西軍の島津義弘は少ない軍勢で東軍の軍に囲まれており、凄まじい気迫で東軍の中を突破していきました。

 

 

薩摩の島津だっ!逃がすかよっ!!


 

福島正則はとんでもない勢いで突破していく島津軍目がけて単騎で向かっていきました。
が、

 

 

今の島津軍は死にものぐるいの捨てっぱち!近づくのは危険すぎます!


 

と家臣に止められました。

 

福島正則は納得して追うのを止めたのですが、途中まで島津軍を追った手前、

 

 

ここでやつらに背を向けると俺が敵を恐れて逃げたみたいで嫌だ・・・!


 

とのことで後ろ向きで仲間の元へ戻っていったそうです。

 

お馬鹿というか、子供っぽくて可愛いですね。笑

 

スポンサードリンク

 

福島正則のちょっとダメダメな逸話

 

福島正則のチョットお馬鹿な逸話や、酷い逸話をご紹介!
こいつヤバイな・・・といった事件もなんか憎めないのは福島正則がとにかく純粋だからです。笑

 

お酒の席での発言、調子乗りには気を付けましょう

 

ある時、黒田長政が家臣の母里太兵衛(もりたへえ)を福島正則のもとへ使者として送りました。

 

黒田長政は、

 

 

正則がお酒を進めてきても飲んだらダメだよ。
お前も正則も酒飲みだし、仕事に支障がでるといけないからね。


 

と厳しく言いつけました。

 

そして案の定、お酒大好きな福島正則は酒宴を開いており、すでに酔っ払っていました。

 

 

いらっしゃい!とりあえず飲も飲も!
お酒好きでしょ?


 

 

すみません、今禁酒中でして・・・。


 

 

えー!じゃあさ、このでっかい杯に入った酒全部飲めたら何でも好きなものあげるよー!どう?飲もうぜ!


 

 

いえ、主からも飲むなときつく言われておりますし飲めません。


 

いくら誘ってもかたくなに断る母里太兵衛に福島正則は悪態をつきました。

 

 

なんだよつまらんな!!一杯の酒すら飲めんとか黒田家の武士はヘタレばっかか?!弱虫野郎の集まりかよ!


 

自分への悪口ならまだしも、黒田家まで悪く言われるなんて・・・!これには母里太兵衛も我慢ならず、禁酒を破り大きな杯に入ったお酒を一杯どころか三杯飲み干してやりました。

 

 

やるじゃん。


 

 

飲めたら何でもくれるんですよね?『日本号』ください。


 

 

にににに日本号を?!?!


 

日本号、それはもともと天皇が所有していた槍で、天皇から織田信長、そして豊臣秀吉へと渡った後に福島正則が受け継いだ超貴重なお宝なのであります。

 

 

いや、何でもって言ったけどさすがにそれは・・・。常識の範囲ってものが・・・。


 

 

何でもは何でもですよ。武士に二言はないと言いますよね?まさか福島正則ともあろう者が約束を破るのですか?


 

 

・・・・(´;ω;`)


 

自業自得ですが、正則は泣く泣く日本号を手放したのであります。

 

母里太兵衛は超ご機嫌で帰国したとのことです。そしてこの日の出来事は、

 

酒は飲め飲め飲むならば、日の本一の此の槍を、飲みとるほどに...

 

と、『黒田節』という民謡の歌詞になっております。

 

ここまで酒絡みの逸話ばかりですね。笑。正則にはもっとひどい逸話もありますよ〜!

 

スポンサードリンク

 

福島正則の逸話漫画も酒絡みアリ

福島正則の関連武将を見る

福島家自慢の最強家臣

可児才蔵

正則のマブダチ

加藤清正


スポンサードリンク


シェア?大歓迎である!

 

カテゴリーMENU

戦国武将や戦のランダム記事!
戦国武将や戦のランダム記事!
戦国武将や戦のランダム記事!
戦国武将や戦のランダム記事!
戦国武将や戦のランダム記事!
戦国武将や戦のランダム記事!


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ