豊臣秀吉の歴史まるわかり!秀吉の生涯を年表で簡単に見てみよう!〜ゆるりと楽しく戦国時代〜

豊臣秀吉の歴史を年表で簡単に、ざっくりと見てみよう!

豊臣秀吉の歴史を年表で簡単に、ざっくりと見てみよう!

豊臣秀吉は言わずと知れた天下人!


農民出身という低い身分からスタートして頂点に上り詰めた、日本の歴史上で一番の偉業を遂げたと言ってもいい人物ね!

 

ここでは豊臣秀吉が生まれてから天下人になるまでの流れ、そしてその後の豊臣家の歴史をできるだけ簡単&分かりやすく年表にまとめてみたわよっ!!

 

スポンサードリンク

 

1537年 尾張にて誕生。
1554年 18歳で織田信長に仕えることとなる。
1561年 ねね(北政所)と結婚。
1566年 織田信長の美濃攻略戦に参加、『一夜城』の名で知られる『墨俣城(すのまたじょう)』を築城。ここでの活躍は後の出世につながる功績となる。
1570年 姉川の戦い 織田信長・徳川家康連合軍と浅井長政・朝倉義景連合軍の戦いに参加。織田・徳川連合軍の勝利。
1573年 近江の浅井攻めに参加。

 

織田VS浅井・朝倉の戦で、秀吉は自ら殿を務めて功績を挙げており、浅井滅亡後に織田信長から近江の一部を与えられて長浜城の城主となる。一介の武士から城持ち大名へと異例の大出世を遂げた。

 

この年、木下藤吉郎から名を羽柴秀吉と改める。

1577年 織田信長の命により中国征伐(下記の三木城、鳥取城、備中高松城がそう。)を開始する。
1578年 三木城の合戦 『三木の干殺し』と呼ばれる兵糧攻めにて播磨の別所長治を滅ぼす。
1580年 姫路城に本拠を移す。
1581年 鳥取城の戦い 兵糧攻めで吉川経家を滅ぼす。着々と中国地方を攻略し、毛利氏を追い詰めていく。
1582年 備中高松城の戦い 備中高松城を水攻め、清水宗治を滅ぼす。

 

本能寺の変 備中高松城攻めの途中に信長が死去。秀吉は中国攻めを中断、毛利氏と和睦して明智光秀の討伐へ向かう。(中国大返し)

 

山崎の戦い 羽柴秀吉と明智光秀の戦。明智光秀は秀吉と交戦した後に逃亡、道中、民に槍で突かれてこの世を去る。

 

清洲会議 織田信長の後継者を決める会議が秀吉含む織田家家臣たちによって行われる。

 

この後、織田家は信長の頃の勢いを完全に失い、秀吉の権力が強まっていく。

1583年 賤ヶ岳の戦い 織田信長の後継をめぐって羽柴秀吉と柴田勝家が戦う。

秀吉が勝利し、柴田勝家は自害する。これにて秀吉の権力が確固たるものとなっていく。

 

この年、本拠地を大坂城に移す。

1584年 小牧長久手の戦い 羽柴秀吉と徳川家康・織田信雄連合軍の戦。戦では家康が勝利すが、調略により秀吉は家康を屈服させている。結果的には秀吉が家康の上をいくこととなった。
1585年 四国征伐 信長が果たせなかった四国征伐を行う。四国の覇者、長宗我部元親を降伏させる。

 

この年、秀吉は関白となる。

1586年 太政大臣という役職につき、天皇から豊臣の姓を受け賜る。豊臣政権が確立する。
1587年 九州征伐 九州の覇者、島津義久を降伏させる。

 

その後、京都に建てた豪華絢爛な邸宅・聚楽第に本拠地を移す。

 

この年、秀吉はキリシタン禁止令を出す。

1590年 小田原攻め 最後まで秀吉に対抗し続ける北条氏を大軍を率いて攻める。北条氏は滅亡。

 

奥州の覇者、伊達政宗は北条氏と組んでいたがギリギリのところで秀吉に降伏した。
これにて秀吉に抗う大名はいなくなり、ここに秀吉の天下統一が成った。

 

奥州仕置き 豊臣秀吉、豊臣に反抗していた奥州の大名達の領地替えや領地の召し上げを行う。

 

大崎・葛西一揆 秀吉の奥州仕置きに不満を持つ者たちが奥州の大崎・葛西の地で一揆を起こす。一揆の黒幕は伊達政宗。

 

関白の職と聚楽第を甥の豊臣秀次に譲り後継者とする。秀吉は太閤(関白を子に譲った人物の尊称)となる。

1592年 文禄の役 日ノ本を統一した秀吉は海外へと目を向け、朝鮮へ出兵する。
1593年 朝鮮での戦、上手くいかず。日本へ兵を撤退させる。

 

豊臣秀頼(秀吉の子)が誕生する。

 

秀頼を豊臣家の跡継ぎにしたい秀吉は、跡継ぎ候補の甥の豊臣秀次を邪魔者とばかりに追いやっていくこととなる。

1595年 秀吉、豊臣秀次に謀反の疑いをかける。秀次は自害した。
1597年 慶長の役 再び豊臣秀吉は朝鮮に兵を送る。
1598年 豊臣秀吉、伏見城にて死去。

これにより朝鮮出兵も中断。日本へ兵を撤退させる。

1600年 関ヶ原の戦い 秀吉亡き後のこの戦がきっかけで徳川家康が天下人となっていき、豊臣家は転落していく。
1603年 徳川家康、征夷大将軍に任命され江戸に幕府を開く。

これにより豊臣家は天下人の立場を完全に失い、摂河泉に約65万石を領する一大名になった。

1614年 大坂冬の陣 徳川家康が豊臣家を潰しにかかる。徳川軍が大阪城を攻めるが、この戦は和平を結び終結する。
1615年 大阪夏の陣 大阪での二度目の戦では徳川家康の完全なる勝利。秀頼と淀殿は自害。

 

豊臣秀吉が一代で築き上げた豊臣家は滅亡してしまった。

スポンサードリンク

豊臣秀吉の関連記事

そして豊臣秀吉の歴史を知るなら、本人の事を調べるのもいいけど家臣を知るともっと楽しい!

豊臣秀吉,年表,簡単,わかりやすく

知れば必ず好きになる!石田三成の心温まるエピソード!

豊臣秀吉,年表,簡単,わかりやすく

農民から天下人へ!豊臣秀吉の生涯・功績をゆるりと解説!

豊臣秀吉,年表,簡単,わかりやすく

豊臣秀吉の家系、家臣達、妻や子供をゆるりと解説!

豊臣秀吉,年表,簡単,わかりやすく

家康VS秀吉!小牧長久手の戦いを楽しく解説!

豊臣秀吉,年表,簡単,わかりやすく

豊臣家最後の合戦!大阪冬の陣勃発までの経緯とは?

豊臣秀吉,年表,簡単,わかりやすく

朝鮮出兵に秀次事件・・・なぜ秀吉は暴君になってしまった?

関連逸話漫画

スポンサードリンク


シェア?大歓迎である!

 

カテゴリーMENU

豊臣秀吉,年表,簡単,わかりやすく
豊臣秀吉,年表,簡単,わかりやすく
豊臣秀吉,年表,簡単,わかりやすく
豊臣秀吉,年表,簡単,わかりやすく
豊臣秀吉,年表,簡単,わかりやすく
豊臣秀吉,年表,簡単,わかりやすく


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ