女城主、井伊直虎!井伊直政を育て、徳川家康と出会わせたのが彼女である!

女城主、井伊直虎!井伊直政を育て、徳川家康と出会わせたのが彼女である!

女城主!井伊直虎をゆるりと解説!

女城主,井伊直政,井伊直虎,徳川家康

生涯 1536(?)年〜1582年
出身 遠江井伊谷(静岡県浜松市)
全盛期 井伊谷の領主
主君 今川氏真、徳川家康
有名な親族・家臣 井伊直盛(父)、井伊直政(後見人となる)、小野政次(家臣)
井伊直虎と言えば 女城主、次郎法師、井伊直政の後見人

 

スポンサードリンク

 

井伊の赤鬼!井伊直政って何者?

大河ドラマ『おんな城主直人虎』が記憶に新しい井伊直虎。直虎の人生は波乱万丈でありドラマチックだったの。


井伊家の為、愛する男の息子の将来の為にがむしゃらに生きてきた強い女性よ!

 

井伊直虎の時代の井伊家は人生ハードモード!

井伊家といえば徳川家康の家臣、井伊直政で有名です。直政は徳川四天王の一人であり、家康の家臣団の中で1番沢山お給料をもらっていた武将であります。

 

直政の代で井伊家は近江彦根に18万石を領するビッグな存在となっていますが、井伊直虎がいた頃の井伊家は、遠江の井伊谷という小さな領地の国人領主であり今川家の支配下にありました。

 

女城主,井伊直政,井伊直虎,徳川家康

 

下剋上ブームの戦国時代、国境に位置する場所にある井伊家は他国の影響を受けやすく、弱い立場の井伊家が生き残るのは大変でした。

 

そして井伊家家臣の小野政直・政次親子の陰謀によってグダグダな状況へとおいこまれていくのです・・・。

 

井伊家の跡継ぎ問題から始まった直虎の不幸

 

直虎の父、井伊直盛が井伊家の当主だったわけですが、直盛には息子がいなかった為、自分の跡継ぎを甥の井伊直親(なおちか)に決めました。

 

幼い直虎と直親は婚約、

 

 

大きくなったら結婚しようね///


 

 

うん///


 

といった甘酸っぱい関係となったのであります。

 

しかし、それがとてもきにくわなかったのが井伊家家臣の小野政直。ゆくゆくは自分の息子を直虎と結婚させ、井伊家を小野のものにしたいと考えていたのです。

 

そして小野政直は、今川に

 

 

井伊直満(直親の父)が今川に対して謀反を企んでいるようです!


 

と嘘の情報をチクったのです。今川義元はそれを信じて井伊直満を殺害、息子の直親までも手にかけようとしました。

 

そして直親の命を守る為に、急ぎ井伊谷を脱出して信州へ逃亡したのであります。

 

突然姿を消した婚約者、それもいつ帰ってくるかわからない、一生会えない可能性だってある・・・。

 

この戦国の世に絶望したか、直虎は俗世を捨て出家したのでした。

※出家した身では結婚する事ができない。一説には自分と結婚しようとする男を遠ざける為に出家したともいわれている。

 

帰ってきた直虎の婚約者・・・。時すでに遅し。

 

直親が逃亡してから約10年たち、周囲の国々の情勢も落ち着いていた事もあり井伊直親は井伊家に戻ってきました。

 

しかし、直親は逃亡先で別の女性と結婚していたのであります。そして井伊家の当主となるべく直虎と婚約していたけど時すでに遅し、

 

 

私出家したし結婚できないわよっ。しかも他の女と結婚してるしっ(´;ω;`)


 

直虎は直親と結ばれなかったのです。本当なら女性としての幸せを手に入れているはずだった直虎、あまりにも切ない恋の終わりです。

 

その後、直親は直虎の父の養子となり後を継ぐことに・・・、そして井伊家家臣、奥山氏の娘を嫁にもらったのであります。

 

おんな城主・井伊直虎誕生!

 

1560年、桶狭間の戦いにて今川義元死去。そしてこの戦に参加していた直虎の父も戦死してしまいました。

 

ここから父の後を直親が継ぐこととなります。

 

そして1561年には直親に息子が生まれます。後の井伊直政であります。

 

子供も生まれたし当主としてこれからもっと頑張るぞー!って時にまたまた不幸な事件が起こります。

 

直虎が出家したことで旦那の座を逃し、井伊家当主になりそこねた小野政次が

 

 

井伊直親が三河の徳川家康と組んで謀反を企んでいる!


と今川家にちくり、今川氏真の命により井伊直親が殺害されてしまったのです。

※井伊直親は今川義元の跡継ぎである氏真を見限って、徳川家康と繋がろうとしていた模様。

そして小野政次は依然として今川寄りであった。

 

小野政直・政次親子は井伊直・直親親子を同じようなやり方で井伊家から消し去ったのであります。

 

直親が亡くなってしまった事により、井伊家には直親の息子・虎松(後の井伊直政)以外に男子がいないという状況となってしまいました。

※近しい親族は戦などで亡くなっていた。

 

この緊急事態に井伊直虎は意を決し、俗世に戻ることとなります。そして当時2歳だった虎松の後見人となり井伊谷の領主をつとめることになったのです。

 

 

私が生涯で唯一愛した男の子供!立派に育てたるっ!


 

スポンサードリンク

 

またまた小野政次が井伊家を陥れる

 

領主となったはいいが、またまた井伊家はピンチを迎える事となります。

 

井伊家をものにしたい小野政次が、今川の力を背に井伊家の居城を奪い、直虎は領主としての立場を追いやられることとなったのです。

 

また小野政次にやらかされた井伊家ですが、徳川家康の力を借りる事で居城を奪い返すことに成功しました。

 

そして捕えられた小野政次は、家康の命で処刑されることとなりました。井伊家を何度もピンチに陥れた裏切者の小野はここでやっとフェードアウトしたのであります。

 

井伊直政を徳川家康に出会わせた井伊直虎

 

その後、すくすくと成長していく虎松こと井伊直政・・・。

 

 

虎松ももう15歳・・・、井伊家は徳川様に未来を託したい。虎松のこと雇ってくれないかしら・・・。


 

井伊直虎は、虎松を徳川家康にお仕えさせたいと考え、なんとかして二人を出会わそうと作戦を立てます。

 

そして家康が鷹狩へ出かけるとの情報を入手し、待ち伏せする事にしたのであります。
家康の目にとまるようにビシっと虎松をおめかしさせて・・・。

 

そして鷹狩の道中に出会った二人・・・。

 

 

井伊家の者でございます。


 

 

ございます。(キリッ


 

 

なんとも賢そうな子!おまけに超イケメン!
YOU、ワシの小姓からスタートしちゃいなよ!


 

こうして直虎の願ったとおり、直政は家康の元で小姓としてお仕えすることとなったのであります。

 

今まで何度もピンチに見舞われお家断絶の危機に陥ってきた井伊家ですが、井伊直政の代でメキメキと頭角を現し、井伊家は天下人を支える大切な存在となっていくのです。

 

井伊直虎、最後に。

 

井伊直虎が亡くなったのは1582年、本能寺の変があった年です。

 

生まれ年が明らかではないですが、1536年あたりに生まれた説もあるので、47歳前後で亡くなった事になりますね。

 

この頃、井伊直政は21歳、直政が武将として頭角を現していくのはまだまだ先の事・・・。

 

井伊直虎、当の本人は女性であり、正式に井伊家当主となったわけでもないし、特別ビッグな存在となったわけではありません。

 

井伊家が徳川家で大出世してビッグな存在となったのは、間違いなく井伊直政の働きであります。

 

井伊直虎はそのきっかけを作った人。井伊直政の後見人・育ての親となり、井伊直政の代へしっかり繋ぐよう井伊家を守り抜いた立派な女城主です。

 

井伊家と関係する武将達

女城主,井伊直政,井伊直虎,徳川家康井伊直政のことが大好きな主君!

徳川家康を詳しく見る

 

女城主,井伊直政,井伊直虎,徳川家康女城主,井伊直政,井伊直虎,徳川家康井伊直政と仲良しの徳川四天王!

榊原康政を詳しく見る

本多忠勝を詳しく見る

 

女城主,井伊直政,井伊直虎,徳川家康直虎の時代の強者

武田信玄を詳しく見る

スポンサードリンク


シェア?大歓迎である!

 

カテゴリーMENU

女城主,井伊直政,井伊直虎,徳川家康
女城主,井伊直政,井伊直虎,徳川家康
女城主,井伊直政,井伊直虎,徳川家康
女城主,井伊直政,井伊直虎,徳川家康
女城主,井伊直政,井伊直虎,徳川家康
女城主,井伊直政,井伊直虎,徳川家康


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ