なぜ徳川から豊臣へ?突然の出奔が謎!石川数正をゆるりと楽しく解説!

なぜ徳川から豊臣へ?突然の出奔が謎!石川数正をゆるりと楽しく解説!

突然の裏切りはなぜ?石川数正をゆるりと解説!

石川数正,出奔,徳川家康,豊臣秀吉

生涯 ???年〜1592年
出身 三河(愛知県)
全盛期 信濃松本に8万石(10万石とも)
主君 徳川家康→豊臣秀吉
有名な親族・家臣 家臣、石川康正(父)、石川康長(長男)、康勝(次男)
思い出の戦 姉川の戦い、三方ヶ原の戦い、長篠の戦い、小牧長久手の戦いなど
石川数正といえば 突然の裏切り、井伊直政に虫ケラ呼ばわりされる

 

【スポンサードリンク】

 

徳川家の重臣!石川数正(いしかわかずまさ)って何者?

石川数正は、徳川家康が今川義元の人質だった頃から側で仕えてきた側近中の側近よ!


酒井忠次と並び、徳川家のトップに立って活躍した重臣で、家康からの信頼もとっても厚かったの。

 

でも後々、突如として家康のもとを出奔して豊臣秀吉の家臣になってしまったという・・・。

 

徳川家康の参謀役!石川数正は優れた外交官

 

石川数正は、徳川家康が竹千代と呼ばれていた頃から側に仕えてきました。

 

生まれ年は不明とされていますが、wikipediaには1533年とあります。

 

 

これが本当なら家康より10歳ほど歳上という事になるね。


 

家康の出陣する戦にはほとんど付き従い、戦場では優れた指揮官として活躍、武功を挙げてきました。

 

徳川家康の家臣、三河武士は家康への忠義心が凄まじく厚く、熱血で真っ直ぐな頑固者の集団!!といった武闘派なイメージが強いですが、石川数正は三河武士の中では珍しい、冷静沈着で頭脳派といったイメージの武将ですね。

 

そんな石川数正は、主に徳川家の外交官として活躍をしております。

 

例えば1560年の桶狭間の戦いで今川義元が討ち死にした後・・・、家康は

 

 

これは独立のチャンスでは?!この混乱に乗じて地元に帰っちゃおうぜっ!!


 

と今川家のもとを離れ、ササーッと地元の三河に帰還してしまいます。

 

突然の出来事ゆえ、家康の正室・瀬名姫とその子供達は今川領内に取り残される形となってしまうのですが、これを無事取り戻せるように奔走したのが石川数正だったのであります!

 

 

今川家の家臣・鵜殿という者を捕らえ、瀬名姫親子と交換するよう今川氏真と交渉したのだ!


 

家康の今川家人質時代、瀬名姫との関係について詳しくはコチラ↓

家康の妻・瀬名姫の悲壮感漂う生涯・・・息子・信康との悲しい最後まで

 

また、1562年には徳川家康と織田信長の交渉役となって清洲同盟を成立させております。

 

 

この清洲同盟のおかげで徳川家は織田家という協力な後ろ盾ができ、大名として大きく成長できたのである!


 

石川数正の徳川家康への忠義とはいかほどか??

 

1563年、三河領内で一向一揆と呼ばれるクーデターが勃発しました。

※今川を離れて三河に帰国した家康は、隣国との戦に備えて兵糧の準備を始めるのだが、焦りすぎてしまったか、領民から強引に年貢を取り立てた為、三河の浄土真宗の信者達に猛反発され一揆を起こされてしまった。

 

家康の家臣の中にも浄土真宗を信仰する者達が大勢いました。そして彼らの多くが家康のもとを離れ、一揆勢の味方につくという事態が起こります。

 

 

家康ショック・・・みんな家康より信仰心をとるのねっ・・・


 

宗教勢力と戦う事自体が罰当たりで恐れ多いこと・・・。ましてや自分の信仰する宗派だと尚更であります。

 

この時、石川数正も親子で浄土真宗を信仰しておりました。が、

 

 

父は殿を裏切り一揆勢の味方に付きましたが、私は殿にお味方しますっ!


 

 

しかしお前も浄土真宗じゃんっ・・・。罰当たるぞ?


 

 

改宗します!殿と同じ浄土宗に!


 

石川数正は父に流されず、宗派を変えてまで家康に尽くす事を決めたのです。

 

忠義心厚く、人質時代からずっと家康を側で支えてきた数正は、家康からとても信頼されていたのでした。

 

 

何より、数正は頭も良く仕事のできる有能な人物!徳川家にとってかかせない存在だったのだ!


 

 

徳川家の重要拠点である岡崎城の城代を任せられるほどに信頼されていたよ!


 

 

ちなみに三河一向一揆では榊原康政が大活躍!無事に鎮圧したぞ!


 

【スポンサードリンク】

徳川家の為に!石川数正は自分の子供達を人質に

 

1587年、小牧長久手の戦い・・・。

 

織田信長亡き後の天下の覇権を握るべく、秀吉と家康の間で戦が起こります。(細かくいうと羽柴秀吉VS徳川家康・織田信雄連合軍)

 

この小牧長久手の戦い、戦自体は家康が有利に立っていたのですが、

 

戦況を不利とみた秀吉が機転を利かせ、家康に内緒で織田信雄と話し合って和睦を結んだことで終結しております。

 

戦の内容について詳しくはこちら↓
家康VS秀吉!小牧長久手の戦いを楽しく解説!

 

秀吉的には、織田家を上手く下に置く事が出来たのは良いけど、家康との決着はハッキリしないまま・・・。

 

家康はこの時、三河・駿河・遠江・甲斐、信濃の五ヶ国を領する大大名。
そして小牧長久手の戦いでは野戦で秀吉軍に完勝し、

 

 

家康は野戦の天才じゃ!


 

と諸大名達にその武勇が知れることとなりました。

 

ここで秀吉が家康を屈服させる事ができれば、全国の大名達に

 

 

あの大大名の家康が秀吉に降った!いよいよ秀吉の天下となるのか!


 

と知らしめる事ができるのです。

 

そして秀吉はなんとしてでも家康を自分の傘元に入れる為、

 

 

家康の息子をワシの養子におくれ。
(親縁関係を結べば頭を下げにワシの元にやってくるはず!)


 

と難題を押し付けてきました。

(養子というと聞こえは良いけど人質のようなものですね。)

 

織田信雄を支配下に置いて権力を増した秀吉は、一筋縄ではいかない強敵となりました。
これを拒否すればまた戦となる可能性があるのです。

 

悔しけれど家康は、次男の於義丸(おぎまる・後の結城秀康)を秀吉に差し出すことになります。

 

 

けど頭を下げには行きません。養子に出すだけね。


 

この時に石川数正は、

 

 

長男・康長、次男・康勝を於義丸様の小姓にし、共に大阪へ付き従いさせます。


 

と、自ら二人の息子を秀吉に差し出すことにしました。長男・次男と、二人も跡継ぎ候補を敵に差し出すのは余程の事・・・。

 

石川数正は、自らのお家を犠牲にしてこの問題を上手く収める事としたのです。

 

ちなみにこの時、同じ徳川家家臣の本多重次も自分の長男を於義丸につけて秀吉に差し出しております。

 

本多重次は『鬼作左』の異名を持つ徳川家の猛将。彼もまた、家康への忠義厚い三河武士だったのです。

 

 

ちなみに本多重次と本多忠勝は、同じ本多一族だけど血縁的に見るともはや他人だよ!


その後の秀吉の動向を詳しく見る↓
秀吉が家康を臣従させる為にやった事とは??

 

【スポンサードリンク】

 

徳川家筆頭家臣!なのになぜ豊臣秀吉の家臣に?

 

宗派を変え、家康の為に息子を手離すほどに忠義心の厚い石川数正・・・。

 

ずっと徳川家の為に尽くしてきたのに、小牧長久手の戦いの後に石川数正は突如として家康の元を出奔し、ライバルである羽柴秀吉(後の豊臣)の家臣となってしまいました。

 

 

なぜじゃ数正ーっっ?!


 

一体なぜ?石川数正が家康を裏切ったのには
どんな理由があったのでしょう??

 

その理由はハッキリと分かってはいまぜが、以下のような説があります。↓

 

説@秀吉に気に入られて引き抜かれた

 

石川数正は小牧長久手の戦い以前にも、徳川家の外交官として秀吉と会う機会がチョイチョイあったようです。

 

こうして会談を重ねていくうちに秀吉が、石川数正の才能に惚れ込んで自分の家臣となるようスカウトした言われております。

 

秀吉は、人材コレクターと言われるほどに有能な人物を積極的にスカウトして自分の家臣にしていました。

 

石田三成や竹中半兵衛も秀吉自らスカウトして秀吉の家臣になっていますし、

 

直江兼続や本多忠勝、片倉小十郎なんかも秀吉にスカウトされた事があります。(家臣にはなっていないけど)

 

他家の客人を迎える時、威厳たっぷりに構える大名が多いなか、秀吉は笑顔で手を握り

 

 

よく来てくれた!長旅で疲れたろう?


 

といった言葉をかけ、身分関係なく暖かく迎えてくれる大名であったといいます。
秀吉が『人たらし』と言われるのも納得のあたたかみ・・・。笑

 

こういった嫌味のないフレンドリーなところが秀吉の魅力であり、武将達は思わず心を開いてしまうんでしょうね。
石川数正もその内の一人かと思われます。

 

小牧長久手の戦いの後、自分の息子を二人も秀吉の元へ差し出した数正ですが、秀吉を好意的に思っていたから出来たことかもしれませんね。

 

また、秀吉はケチケチする事なく、ここぞという時には惜しみなくお金を使う人でした。

 

 

家康の倍、給料だすよーっ!だからウチへおいで?


 

なんてやり取りもあったかと思われます。

 

 

実際、秀吉様から信濃松本8万石(10万石とも)を与えられております。


説A石川数正、徳川家に居づらくなってしまった

 

忠義心厚くて団結力のあるイメージの三河武士達ですが、石川数正のようなインテリ派の家臣と、本多忠勝や榊原康政といった武闘派の家臣達はあまり仲が良くなかったそうです。

 

石川数正が家康のもとを去ったのが1587年、小牧長久手の戦いの後です。この頃になると、石川数正より歳下の武将達がメキメキと頭角を現していきました。

 

徳川家康が特に重用した、徳川四天王の本多忠勝・井伊直政・榊原康政なんかは皆、強気でクセの強い性格の持ち主であります。

 

 

良く言えば忠義心厚くてまっすぐ!悪く言えば融通の利かない面倒くさい奴らね。


 

このようなメンバーが徳川家の中心人物として台頭していき、だんだんと石川数正は居場所を失ったような、肩身の狭い思いをするようになっていったと言われています。

 

こんな状況に置かれている時に、大名としての才覚もあり人間としての魅力もある秀吉が、

 

 

ワシには君が必要なんだ!給料もはずむからウチに来ておくれ!


 

なんて声をかけてくれていたとなると、石川数正が徳川家を去るのも致し方なし、といった感じなのかもしれませんねぇ・・・。

 

説B徳川家のスパイとして秀吉の元へ送り込まれた

 

これまでの説とは一変、実は石川数正はスパイとして秀吉の元へ送られた?!という説があります。

 

だとすれば秀吉はすっかり石川数正に心を許して大名として取り立ててるわけだし、上手いこと潜伏できていたということになりますね。

 

 

しかしながら石川数正が出奔した理由は明らかになっていないので真相は闇の中・・・。


 

【スポンサードリンク】

数正出奔!その後の徳川家への影響とは??

 

石川数正は古くからの家臣であり、家康から常に必要とされ、重要な役割を任されてきました。

 

様々な秘密事項、軍事的作戦や人間関係・・・、ありとあらゆる徳川家の情報を持っている石川数正の裏切りは徳川家に大きな衝撃と打撃を与えたのです。

 

 

秀吉はただでさえ頭のキレるやり手武将・・・徳川家の情報まで知られたとなると大変な事やぞ・・・。


 

家康は、やむなく徳川家の運営方針や軍事政策を一から見直して変更するなどの対処に迫られることとなりました。

 

そして家康は、武田家の軍略を参考に、オリジナルの軍略を作りあげました。

※家康は武田の旧領甲斐・信濃をゲットした時、同時に旧武田家家臣達を自分の家臣に迎え入れていた。

 

これが前よりクオリティの高いものになり、徳川家の軍事力がより強いものとなったとの事なので、『災い転じて福となす』といったところですね。

 

徳川家随一の外交官がいなくなったのは大きな痛手ですが、ここでよりいっそうのパワーアップを可能としたのは、さすが後の天下人であります。

 

 

徳川家康の人生はピンチ→乗り越え→ピンチ→乗り越えの連続だね。


 

ちなみに石川数正、裏切り後に再会した元同僚の井伊直政に

 

 

この裏切り者め。お前、徳川家のみんなから虫ケラのごとく軽蔑されてるからな!


 

なんて事を言われております。

 

詳しくはこちら↓

家康もぞっこん!イケメン武将井伊直政!

 

おまけ。石川数正亡き後の石川家は・・・

 

石川数正は1592年、秀吉が天下をとって間もなくしてからこの世を去ります。

 

その後は長男の康長が石川家を継いでいます。

 

秀吉亡き後に起こった関ヶ原の戦いでは、家康率いる東軍の味方についたことで所領を安堵されることとなりました。

 

しかし1613年、徳川家の家臣である大久保長安という人物が不正に財を蓄えていた事が発覚。

 

それに加担していた石川家も罪を問われて、石川数正の三人の息子・康長、康勝、康継 次は流罪となり石川家は断絶してしまいました。

 

悪事を働いたので裁かれるのは仕方ないですが、お家断絶とまでなってしまったのは、かつて徳川家を裏切ったという事情も少なからず影響しているのかも・・・??なんて思ってしまいますね。

 

石川数正の関連記事

石川数正が仕えた主君

石川数正,出奔,徳川家康,豊臣秀吉

石川数正,出奔,徳川家康,豊臣秀吉


スポンサードリンク


シェア?大歓迎である!

 

カテゴリーMENU

石川数正,出奔,徳川家康,豊臣秀吉
石川数正,出奔,徳川家康,豊臣秀吉
石川数正,出奔,徳川家康,豊臣秀吉
石川数正,出奔,徳川家康,豊臣秀吉
石川数正,出奔,徳川家康,豊臣秀吉
石川数正,出奔,徳川家康,豊臣秀吉


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ