武田勝頼の長篠の戦い!無能と言われ・・・悲しすぎる最後をゆるりと解説!

武田勝頼の長篠の戦い!悲しすぎる最後をゆるりと解説!

武田勝頼は戦国のレジェンド武将、武田信玄の後継ぎ!

武田勝頼,長篠の戦い,最後,無能

生涯 1546年〜1582年
全盛期 甲斐・信濃・駿河・上野の一部・遠江の一部など。
主君 武田信玄
有名な親族・家臣 武田信玄(父)、武田信繁(叔父)、仁科盛信(弟)、真田昌幸・小山田信茂・山県昌景・馬場信春(家臣)など
思い出の戦 箕輪城の戦い、二俣城の戦い、高天神城の戦い、長篠の戦い、天目山の戦い
武田勝頼といえば 無能といわれがち、天目山での逃亡劇が悲しすぎる

スポンサードリンク

 

なぜだか世間じゃ無能だなんだと言われがち。武田勝頼はなぜそんな評価をされてしまうのか??


 

どんな人なのか、どんな事をしたのか??ゆるりと解説しているわよーっ!

信玄もいいけど、勝頼の事も愛してあげてね!

 

武田勝頼は父・信玄も認めた戦上手!

 

武田勝頼は武田信玄の四男、四男にして武田の当主となったのは、信玄が勝頼の戦上手っぷりを評価し、

 

 

勝頼は良い大将となる!!


 

と、その才能を認めたからだと言われております。

 

初陣となった箕輪城の戦いで武功を挙げ、上野へ侵攻すると次々に敵の城を攻略。戦デビューしてから絶好調!

 

父・信玄の死後も美濃へ侵攻、明智城、足助城といった城を攻略し沢山の功をあげております。

 

そして勝頼が1番ドヤれる功績が、徳川方の武将の守る高天神城(たかてんじんじょう)を落としたということ。

 

 

高天神城は、過去に父・信玄ですら落とせなかった遠江随一の堅城なのだ!


 

無能とのイメージがある武田勝頼ですが、戦に関しては先代の武田信玄にも劣らない、むしろそれ以上の猛将ともいえる活躍をしていたのであります。

 

無能のイメージがついた??武田勝頼の長篠の戦い!

 

信玄の死から2年後、武田勝頼は徳川方の武将が守る、三河の長篠城を攻めにかかりました。

※武田信玄の死後、家臣の奥平信昌が勝頼を裏切り徳川家康についたうえ、長篠城まで奪っていったという因縁の過去がある。

 

 

この勢いに乗って長篠城を取り戻す!余裕!!


 

がしかし、この長篠城奪還から始まった戦は武田軍に大ダメージを与え、弱体化していくきっかけを作ってしまうことになるのです・・・。

 

武田家衰退の始まり?大敗北した長篠の戦い

 

1575年、武田勝頼は奥平信昌の籠る長篠城を1万5000の兵で包囲しました。

 

それに対して長篠城の兵はわずか500ほど。

 

長篠城の兵達はもはや詰みの状態でしたが、なんとか城を抜け出して徳川家康のもとへ行き、援軍を頼むことができました。

 

そして徳川家康は、織田信長にも協力を要請。織田軍3万と徳川軍8000の大軍が長篠城へと進軍したのであります。

 

そして織田・徳川連合軍は長篠城の手前、設楽ヶ原で武田軍を迎え討つ為スタンバイ・・・。

 

 

援軍か!返り討ちにしてやるわ!


 

 

兵力差もあるし、敵はかなり強力な武器を大量に用意しております。ここは退くべきです。


 

自信満々な武田勝頼に対し、家臣の山県昌景は冷静に状況を判断し、アドバイスしました。

 

 

いや、戦うぞ!最強を誇る武田が負けるもんか!


 

しかし勝頼は家臣の意見を聞き入れず、そのまま織田・徳川連合軍に突撃開始の命を下します。

 

 

武田の騎馬隊対策の『馬防策』と最先端の武器『鉄砲』!くらえ武田軍!


 

最強を誇る武田の騎馬隊も馬防柵の前では本領を発揮できず。そして当時最先端の鉄砲、その威力や戦法なんかも知るはずもなく・・・。

 

武田軍は織田・徳川連合軍に大敗北したのでした。

 

この長篠・設楽ヶ原の戦いでは山県昌景、馬場信春、土屋昌次、真田信綱といった信玄の代から仕える重臣達がことごとく討ち死にし、武田軍全体では一万もの戦死者が出たと言われております。

 

 

これから先どーするの?誰が武田を支えるのさ・・・


 

という状況。死んだ父・信玄も草葉の陰で泣いていたことでしょう。

 

スポンサードリンク

武田勝頼は相変わらず家臣の意見を聞かない

 

長篠の戦いの翌年、武田勝頼は遠江の高天神城に兵糧を仕入れました。
徳川家康と戦をする為だと言います。

 

勝頼は長篠の戦いの一件について、反省して大人しくなるというよりかは

 

 

長篠の戦いでついた武田のマイナスイメージを挽回せねば!


 

といった焦りのほうが強かったようです。
家臣の高坂昌信は、

 

 

武田は前の戦で多くの味方を失い疲弊しております。
まずは国をしっかりと硬める事に努め、軍勢を養うべきです。


 

と勝頼に進言しました。それに対し勝頼は

 

 

家臣達が死んだのは確かに、判断を誤った自分のせいかもしれん。

 

けどそれも信長が馬防やら鉄砲やら姑息なマネをしたからだ。
決して勝頼の武略が劣ったわけではない!

 

そう、家康一人では武田に勝つことなど出来んだろう!


 

なんて事を言ったので、高坂昌信はあきれて何も言わずにその場を退席したそうです。

 

武田勝頼が無能と言われちゃうのは功を焦るが故…

 

長篠の戦いからしばらくの間、武田は大きな戦をする事はなく、徳川と一進一退の小競り合いを続けていたといいます。

 

 

名誉挽回!名誉挽回!武田の名誉挽回!!


 

頻繁な軍事行動で国の財政は悪化する一方、家臣達の勝頼に対する不満も日々強まっていきました。

 

そんな中で、徳川家康は積極的に領土回復の為の行動を開始していきます。

 

 

徳川の勢いが怖い…織田がバックについてるし。北条と仲直りするかな。


 

この頃、勝頼は武田の強化を図るために北条氏と同盟を復活させました。

 

 

同盟の証として北条氏政の妹を妻に迎えたのだ。


 

しかしこの後、勝頼は北条氏と因縁のある上杉景勝に自分の妹を嫁がせた為に、北条氏政を怒らせて絶交されてしまいます。

 

そして北条氏は織田氏と同盟を組み、武田勝頼はいっそう孤立無援状態に・・・。

 

 

頑張ってるつもりなんだけどね。なんだか空回りしてる・・。


 

ちなみにこの後、武田勝頼は北条氏の領土である伊豆に攻め入るのですが、迎え討つ北条氏政の軍勢が鉄砲隊をガッツリ配置しているのを見てすぐ引き上げたそうです。

 

なんだかんだで長篠の戦いの鉄砲隊はかなりのトラウマとなっていたのでしょうね。

織田信長VS武田勝頼!ついに武田滅亡へ…

 

長篠の戦いで家臣や兵を大勢失い、その上家臣達の心までを失いつつある武田勝頼・・・。

 

同盟相手の北条とも縁が切れ、武田氏は完全にかつての勢いを失っておりました。

 

そんな状況の中、ついに地獄のような出来事が武田勝頼を襲います。

 

 

そろそろ本格的に武田を潰しにかかろうか!


 

 

イェス!!皆で領土分担して攻めかかりましょう!


 

1582年、織田信長による武田討伐が本格的に行われたのであります。

 

 

もう誰かしらと戦うのもしんどい・・・。武田の勢いが完全に下火・・・。


 

という状態の中、織田信長・徳川家康・北条氏政の三大勢力が一気に襲いかかってきたのです。ハードモードというより完全に

 

 

終わった・・・。


 

です。

 

武田の武将達はいざ戦が始まると、何の抵抗もせずに城を明け渡したり、戦わず城から逃亡したり、そのまま織田に寝返ったり・・・と散々な状況でした。

 

 

あらかじめこちらに寝返るよう裏工作もしてたから、織田軍は苦労せずに敵城を落としていったのだ!


 

このような状況の中、最後の最後まで戦い抜いたのが信濃・高遠城を守る仁科盛信(にしなもりのぶ)でした。

※仁科盛信は武田勝頼の弟。

 

高遠城を攻めたのは織田信長の長男・信忠が率いる6万もの軍勢、それに対して仁科盛信は3000程の兵で籠城しておりました。

 

織田信忠

 

投降したら城兵の命は助けるよ。


 

と申し出があったそうですが、仁科盛信はそれを拒否して徹底抗戦。

 

容赦ない織田軍の攻撃に、城内にいる兵士、女、子供、ことごとく戦死するという壮絶な戦となりました。

 

スポンサードリンク

家臣に見捨てられた武田勝頼の悲しい最後…

 

ところでこの時、勝頼はどうしていたの??というと、高遠城とはまた別の場所、信濃の上原城という所におりました。

 

そしてこの上原城も織田軍の侵攻で危うくなった為、城を捨てて甲斐の新府城へ逃げ落ちました。

 

 

みな武田から離れていった・・・敵と戦う力なんてもうない・・・。これからどうすれば・・・(´;ω;`)


 

という絶望的な状況の中、『高遠城落城、仁科盛信戦死』の一報が勝頼のもとに入ってきます。

 

唯一、最後まで武田に忠義を尽くし戦ってくれた仁科盛信は、武田にとって最後の頼みの綱であり、心の支えでした。

 

 

もはやこれまで・・・。


 

残る武田の武将達はこの訃報を聞くと、勝頼を見捨てて次々と逃げ出してしまいました。

 

 

織田軍が来る・・・(´;ω;`)!!


 

勝頼もすかさず新府城を抜け出し、家臣の小山田信茂の手引きで逃亡を開始します。

 

目指すは小山田氏の要塞である岩殿城、

この逃亡劇の際、勝頼に付き従っていたのは500人ほどであったといいます。

 

ここから逃亡中に隙を見て姿を消す者が1人2人…と次々にでてくるので、500人がさらに減っていくことになります。

これだけでも悲劇的なのですが、さらに悲しい事件が起こります。

 

小山田信茂

 

勝頼様、城に入れるよう準備してきますのでここでお待ちを。


 

こう言ったきり、小山田信茂が戻って来なかったのです。

 

勝頼が不審に思い調べさせたところ、小山田信茂は勝頼を助けるどころか、先の峠で勝頼たちを迎え討つ準備をしていたのであります。

 

 

最後の頼みであった小山田にまで裏切られるとは…


 

この時、逃亡メンバーは減りに減って勝頼の側にいたのは100人程であったといいます。

 

しかもそのうち武士は40人程度、あとは勝頼の妻・北条夫人とその女中だけ。

 

新たに目指すは甲斐・天目山の棲雲寺、勝頼一行はとにかく、できるだけ安全な場所を目指して道を進みます。

 

しかしここでもまた悲劇が・・・。

 

甲斐の百姓たちは敗軍の将となった武田勝頼を見捨て、織田軍に協力して勝頼ら武田の残党を探すため、山狩りを始めたのでした。

 

こうしてついに、勝頼は天目山で織田軍と対面してしまいます。

※この時の戦いは『天目山の戦い』と言われるのですが、織田軍5千に対して武田の武士達は40名ほどでした。戦というよりもう、落ち武者狩りですね。

 

いよいよ逃げ場をなくした武田勝頼は妻・北条夫人と嫡男・信勝とともに自刃、勝頼は37歳でこの世を去ったのでした。

 

そして勝頼に従っていた家臣たちは、主君の死を見届けると残った女子供を手討ちにし、皆自刃して天目山で果てたのであります。

 

 

ワシらが自刃する時間を稼ぐ為、織田軍と戦ってくれた者もいるぞ。なんとも壮絶で悲しい最後・・・。


 

甲斐、信濃、駿河、遠江の四国を支配し、一大勢力を築いた武田氏は、この天目山の戦いで完全に滅亡してしまいました。

 

信玄が死去したのが1573年、勝頼が死去したのが1582年、当主が変わってから10年にも満たない間の出来事です。

 

 

ちなみに勝頼の三男・勝親は家臣に救出されて生き延びたといわれておるぞ。


 

武田勝頼は無能?有能?評価をジャッジメン

 

武田勝頼が戦上手、戦に強いというのは実績もあるし本当のこと。

 

ただ、家臣の意見を聞かずに突っ走ったり、ちょいと自信過剰なところがそういった才能を台無しにしている感が否めません。

 

最後、ことごとく家臣に見捨てられてしまったのもそういった事の積み重ねが原因となってしまったわけで。

 

 

人は城、人は石垣・・・

 

甲斐は大きな城。そして甲斐、武田の家を守るのは武田の家臣達・・・。


 

と武田信玄が言っていたように、武田は家臣たちの絆で強さが成り立っていたのでしょうね。

 

勝頼は無能というよりかは大将としての器が大きくなかったのかもしれませんね。
(それを戦国時代的には無能と言うのかも。笑)

 

勝頼があまり評価されない理由とその言い訳

父・武田信玄がレジェンドすぎたせい。比べられたらそりゃ、劣ってしまう。

長篠の戦いで織田信長が強すぎたせい。信長の株があがりすぎて勝頼が引き立て役になってしまった。

家臣に逃げられすぎた。織田の勢いが凄すぎたせい。勝頼は悪くない。

 

 

もし長篠の戦いで信長に挑んだのが父・信玄だってもきっと負けてたはずさ。


 

 

信玄ならきっと家臣の意見を聞いてたはずさ。


スポンサードリンク

武田勝頼の関連記事

武田勝頼,長篠の戦い,最後,無能

武田信玄が強いと言われるのはなぜ?家臣や戦法とは??

武田勝頼,長篠の戦い,最後,無能

上杉謙信と武田信玄の関係は?川中島の戦いをわかりやすく解説!

武田勝頼,長篠の戦い,最後,無能

赤備えの元祖!武田家最強の山県昌景をゆるりと解説!

武田勝頼,長篠の戦い,最後,無能

ホトトギスは待つ!徳川家康という武将の凄さとは?その魅力に迫る!

武田勝頼,長篠の戦い,最後,無能

戦国時代とは??そもそもの疑問をゆるりとわかりやすく解説!

武田勝頼,長篠の戦い,最後,無能

栄養満点?!超健康的な戦国時代の武士の食事とは??

スポンサードリンク


シェア?大歓迎である!

 

カテゴリーMENU

武田勝頼,長篠の戦い,最後,無能
武田勝頼,長篠の戦い,最後,無能
武田勝頼,長篠の戦い,最後,無能
武田勝頼,長篠の戦い,最後,無能
武田勝頼,長篠の戦い,最後,無能
武田勝頼,長篠の戦い,最後,無能


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ