伊達政宗まるわかり!やんちゃでカッコイイ生涯をゆるりと解説!

独眼竜伊達政宗の歴史まるわかり!政宗の生涯をゆるり楽しく見る!

伊達政宗まるわかり!やんちゃでカッコイイ生涯を見る!

1567年、政宗の生まれた頃の伊達家は、政宗の祖父・晴宗と父・輝宗が対立していて散々な状態でした。


奥州において一大勢力を誇っていた伊達家ですが、伊達家内で争っている間に、近隣の大名に領地を奪われるなど、伊達家の勢いは衰えつつあったのです。

 

が、そんな伊達家を救ったのが伊達政宗!

政宗は家督を継いでからわずか6年もの間で、伊達家の勢力を回復させるどころか、奥州の覇者と呼ばれるほどビッグな存在となっていくのです!

 

ちょっぴり長くなっちゃうけど、これを見れば伊達政宗の生涯の歩み、活躍がバッチリわかっちゃうよ〜!

 

【スポンサードリンク】

そもそも奥州とは?どこ??

 

奥州の覇者、伊達政宗!とはよく聞くけど、そもそも奥州ってどこ??と言った疑問があるかもしれません。

 

奥州(おうしゅう)とは陸奥国(むつのくに)の別称であります!↓

 

 

見ていただいたらわかるように、奥州こと陸奥国はすごく広いのです!
現在の青森県、岩手県、宮城県、福島県、秋田県(一部)を領しています。

 

伊達政宗は1589年の時点で、この奥州のほぼ半分(と出羽の一部)を手中に収め、南奥州のほぼ全ての大名を屈服させています。

 

 

この時の政宗、24歳よ?凄いでしょ?


 

伊達政宗、実は織田信長に憧れていた?!

 

伊達政宗は織田信長に強い憧れを抱いていたと言われています。織田信長といえば、

 

 

俺に刃向う奴は容赦しないんだぜ。徹底的に潰す!


 

といった強気な姿勢の武将であります。
そんな織田信長をリスペクトしていた伊達政宗のやり方は確かに、織田信長のように強気でやや強引なところがあります。

 

 

やるなら徹底的にやる!政宗は若いし、敵に舐められてるようじゃ奥州統一なんかできないからね。


 

奥州を震え上がらせた小手森城の撫で斬り

 

奥州統一を目指し、ギラギラしていた政宗は、積極的に領土拡大の為に軍事行動にでます。

 

政宗の奥州統一への第一歩目とも言える戦が小手森城での合戦。
この戦で政宗は、兵士だけでなく老若男女問わず敵側の人間を完膚なきまでに殲滅するという凄まじい戦いっぷりを見せました。

 

 

小手森城は、伊達氏を離反した大内定綱という男の城だったんだ。俺を裏切ったり敵にまわすとこうなるぞーっていうのを世に知らしめてやったのだ。


 

この当時、奥州では各地で戦はあったけど、ここまで苛烈なやり方をする武将がいなかった為、

 

 

奥州にヤベェ奴が現れた!!


 

と、近隣の大名達は震え上がり、伊達政宗は奥州で恐れられる存在となったのです。

 

 

伊達政宗と父、輝宗の悲しいエピソード

 

奥州には大小様々な国人衆がひしめいていました。そしてその多くは会津の蘆名氏、常陸の佐竹氏と同盟を組んでいます。

 

1585年、政宗はとにかく領土拡大の為にそれらの領地を、小手森城での合戦の時のように、

 

 

伊達に刃向かう者には容赦しない!


 

のスタンスで突き進んでいきました。

 

政宗の標的となった二本松城の畠山義継は、迫り来る伊達政宗に勝てないと判断し、降伏することを決めます。

 

そして畠山義継は降伏の意を表明する為に伊達の館を訪問しました。

 

・・・がその時、政宗は不在。代わりに政宗の父・輝宗がどうぞうぞと畠山義継を迎え入れました。

 

そしてそこで思わぬ事態が起こってしまいます!
畠山は政宗がいない事をチャンスと見て輝宗に短刀を突きつけそのまま拉致してしまったのです!

 

この緊急事態を聞き戻ってきた政宗は、父を人質にとった畠山義継と対峙します。
どうしたものかと戸惑う政宗に、父輝宗は

 

 

自分に構うな!畠山を撃て!


 

と政宗に言いました。政宗は父の言葉を受けて泣く泣く銃撃し、父もろとも畠山義継を亡き者としました。

 

ここで政宗が躊躇していたらその後の伊達家はどうなっていたかわかりません。

 

伊達家の行く末を思うとこの判断は正しかったのかもしれませんが、少しの油断がこのような悲劇を生んでしまったのはなんとも悲しい事です・・・。

 

 

父は畠山義継と顔見知りだったんだ。まさかこんなことになるなんて思ってなかったんだよね・・・。


 

伊達政宗VS反伊達連合軍!

 

父の死後、すぐに伊達政宗は復讐を果たすために畠山義継の跡継ぎが守る二本松城に攻め込みます。

 

・・・が、畠山氏は蘆名氏、佐竹氏に援軍要請し、政宗は結局この城を落とすことができませんでした。

 

奥州に現れた暴れん坊、伊達政宗。
奥州の大名達は『早いとここの危険な若僧をやっつけてしまおう!』ということで、ここに集った蘆名氏、佐竹氏、畠山氏を中心に、反伊達連合軍を結成しました。

 

そして起こった戦が1585年の人取橋の戦いです。連合軍は全部でおよそ3万もの大軍、一方の伊達政宗は1万にも満たない軍勢で窮地に立たされますが、

 

 

何があっても退くもんかー!!
伊達政宗は絶対に負けないー!!


 

と、強大な敵にもひるまずに最後まで戦場で踏ん張りました。
そんな政宗に、家臣たちも士気を失う事なく奮戦します。

 

劣勢ながら、士気は高い!踏ん張り続ける伊達軍・・・!!その一方で、敵の連合軍は仲間割れを起こし、戦場から撤退してしまうという事件が起きます。

 

敵の仲間割れにより窮地を切りぬけたというなんともラッキーな政宗。この戦は伊達政宗の粘り勝ちといった結果で終わったのであります。

 

その後、

 

 

今回の戦での伊達軍半端ねぇ!これからは伊達政宗の時代が来るぜ!


 

と、反伊達連合軍の武将達の一部が伊達政宗の味方につきました。

 

 

伊達政宗という男のカリスマ性を見せつける一戦となったね。
この人取橋の戦いを機に味方も増えたし、政宗は奥州でメキメキと頭角を現していくよー!


 

【スポンサードリンク】

 

伊達政宗、母親の兄にも容赦なく戦を仕掛ける

 

奥州統一にがむしゃらな伊達政宗、容赦なく近隣の大名達に戦いを挑んでいきます。
例え親戚であろうと関係なし、勢いづく政宗は自分の母の兄(つまり叔父)にも戦いを挑みました。

 

叔父の名は最上義光(もがみよしあき)。
最上義光からしても親戚とはいえ、『攻めこんでくるのであれば戦うのみ!』です。隣国同士である両者は兵を率いて国境で対峙しました。

 

しかし、そこに待ったをかけたのが政宗の母、義姫でした。
そりゃ、自分の兄と自分の息子が戦をするなんて普通に考えて

 

 

ええ加減にせえよ!勘弁してくれ!


 

といった事案であります。
義姫はこの両軍が対峙している間に輿で割って入ってきました。

 

 

戦するんなら私を斬ってからにしてちょうだい!!


 

と。

 

これには政宗も最上義光もたじたじ。
たとえ政宗が反抗期で

 

 

うるせぇババア!すっこんでろ!


 

と言えたところでさすがに母親を斬るなんてできないし、最上義光もシスコンなので

 

 

お前に関係ないだろ!帰れよ!


 

なんて強く言えないのです。

 

一歩もひかない義姫、義姫が帰るのを待つ政宗と義光・・・。

 

しかし一向に帰らない義姫。気づけばそこに小屋を建てて3ヶ月近くも居座っていたのです。

 

 

アンタらが帰るまで帰らないからね。


 

 

負けたよ母さん・・・。戦はヤメだ。帰ります・・・。


 

義姫の尋常ならざる根気に政宗と義光はついに対決することをやめ、この戦はドローとなったのでした。
その後、政宗と義光が争う事はありませんでした。

 

伊達政宗最大の敵、蘆名氏との対決!

 

政宗が奥州の覇者となるのに絶対に倒さなければならない敵、それが会津の蘆名義広(あしなよしひろ)でした。
そして1589年、ついに政宗は最大の敵である蘆名氏と戦になります。

 

摺上原の戦いと言われるこの戦では伊達政宗2万3千に対し、蘆名義広は1万6千の兵で戦いました。

 

この戦で政宗は勝利。蘆名義広は常陸の佐竹氏のもとへ逃亡することとなり、会津の蘆名氏は滅亡しました。

 

とにかく嬉しい政宗はその後、こんな名言(一句)を残しています。↓

 

 

七草を 一葉によせて つむ根芹(ねぜり)

 

※摺上原の戦いの後、蘆名氏は滅んだし周辺の小・中勢力の大名達も政宗に服従した。
これにより仙道地域の七群が政宗のものとなった。


 

つまり、

 

 

あ〜嬉しい!仙道七群、一気にゲットだぜ!


 

ということであります。この戦の勝利により、政宗は奥州のほぼ半分を手中に収め、南奥州ではほぼ敵無し状態となりました。

 

 

家督をついでここまでくるのに約6年・・・!弱冠24歳にして奥州の覇者(半分だけど)となったのだ!


 

ちなみに政宗はこの後、出身地である出羽国の米沢城から会津の黒川城にお引越ししています。

北条小田原攻め開始!伊達政宗は豊臣秀吉に従いたくない!

 

政宗が奥州の覇者となったのが1589年。
その頃、中央では豊臣秀吉が中国、東海、北陸、四国、九州と、日本の大部分を支配下に置きもはや天下人まであと一歩というところまできていました。

 

誰が見ても豊臣秀吉の一人勝ち状態ですが、伊達政宗はこれをものともしませんでした。

 

 

まだ常陸の佐竹氏がいるし、これからガンガン攻めてくよー!!
秀吉が自分に従えとか、勝手に戦をするのは禁止するとか言ってるらしいけど知ったこっちゃねぇ!


 

と、政宗はギラついていたのです。

 

この時、秀吉に服従を誓っていなかったのは政宗含む奥州の諸大名(大崎氏、葛西氏、白川氏等)と関東の北条氏でした。

 

 

政宗含む奥州の諸大名に北条氏は、昔からこの地を守ってきた誇りやお家柄もあるし、農民上がりの秀吉に好き勝手されるのが気に食わなかったんだよね。


 

そして政宗は、関東の北条氏と組んでいずれ迫りくるであろう秀吉を打ち負かしてやるつもりでした。豊臣秀吉が北条攻めを決めた時、政宗の元にも

 

 

豊臣に味方して北条攻めに参加せよ


 

というお誘いが来たけど、これを無視しています。

 

 

伊達と北条、この2つの超大勢力が力を合わせれば大丈夫でしょ!


 

しかし、秀吉は全国の諸大名を呼び寄せ総勢22万というフルパワーで北条攻めを開始しました。

 

 

ヤバイ、想像以上だった・・・。敵うわけがねぇ・・・。


 

秀吉の本気と現実を目の当たりにし、マジでヤバイと思った政宗は北条氏を見捨て、速攻で秀吉に降ることにしたのでした。

 

そして政宗はギリギリではありましたが秀吉に服従を誓い、許されたのであります。

 

しかし、タイミングが遅すぎたのと反抗的な態度の罰として会津を没収されてしまいました。(奥州仕置き)

 


政宗の変わりに蒲生氏郷が会津に入領。奥州仕置きにより大崎氏は領地を没収された。

 

【スポンサードリンク】

情けないけど面白い!政宗公のヘタウチエピソード!

 

会津を没収され米沢の地に再び戻ってしまった伊達政宗・・・。
秀吉の天下がゆるぎないものとなった今、戦を仕掛けたりするものは誰もいない状態であります。

 

さすがの政宗も大人しく平和な日々を過ごしている・・・。と思っていたらある時、豊臣秀吉に呼び出しをくらってしまいました。
奥州で、秀吉に反抗して暴れる一揆衆がいたのですが、

 

 

実は政宗が影でその一揆衆を動かしていたのでは?


 

と疑われたのです。

 


↑その時の弁明に向かう政宗公。

 

戦場でのカリスマ性はどこえやら・・・見てて可哀そうになるくらい覇気がなく、心なしか顔色も悪いです。

 

 

日焼けして黒くなったんだぜ


 

では通用しない土色の顏です。

 

それもそのはず、政宗が一揆衆を煽っていたというのは事実であり、秀吉からどんな処分を受けるかわからないんですね。

 

完全に自業自得の伊達政宗、渾身の謝罪パフォーマンス

 

なぜ政宗は一揆を煽ったりなんかしたのか?

 

それは、会津を没収された腹いせです。シンプルに嫌がらせです。
あわよくば領地をかすめとってやろうなんて考えもあったかもしれないですね。政宗だし。笑

 

※北条攻めの時、政宗の他にも秀吉に反抗したものがいて、奥州の葛西氏、大崎氏という国人達も領地を没収されていた。彼らも秀吉を憎み、新しく自分らの領地に入ってきた豊臣家の人間も憎んでいた。政宗はそんな大崎氏と葛西氏に

 

 

この秀吉らの所業、腹立つよね、一揆起こしちゃいなよ!ウサ晴らしちゃえばいいじゃん!


 

と煽って一揆を起こさせちゃったという理由なのである。

 

一揆という嫌がらせを発案したのは政宗。でも秀吉に臣従を誓った以上、そんな事をしたのがバレるともちろんヤバイ。

 

しかし、バレちゃったのです。政宗が一揆衆達に送った書状が秀吉側の手に渡ってしまったのです。

 

 

こりゃやべぇ\(^o^)/


 

天下統一を果たした超絶権力者・豊臣秀吉に歯向かったわけですから、そりゃ政宗も焦りに焦った事でしょう。

 

『マジかよこいつ・・・頭イカレてんな。』なんて事をやっちゃうのが伊達政宗なのです。そしてそんなクレイジーなところが伊達政宗という男の魅力なのであります。

 

伊達家の大ピンチ!一体どんな制裁が加えられるのか・・・・・。
といった絶対絶命のこのピンチを、政宗は斬新な方法で切り抜けるのであります。

 

 

↑政宗公の前を歩く家臣がもっているのは謝罪アイテムです。

 

切れちゃって見えないですが、これは大きな十字架です。政宗の必死の懺悔を具現化したものですね。
そして真っ白な着物・・・必殺の『死に装束スタイル』です。

 

 

死をも覚悟して秀吉様に謝罪しにきましたっっ!!
(ここまでしてるんだから許してよねっ?!)


 

という政宗公のアピールです。

 

ことの深刻さと必死さがうかがえますね。政宗公の顔が落ち込みすぎてやばい・・・。
一見華やかなパレードなのに凄く憂鬱な顔です。

 

そして『本当に反省してるんですか?』って聞きたくなる家臣の服装。

 

ストライプの着物にストライプの帯を合わすとはナンセンス!しかも帯が金色に光ってるなんて間違いなく謝罪する側の服装じゃない。あと家臣のヒゲがあんまり見た事ないタイプのやつ。

 

 

↑謝罪する政宗公の情けない後ろ姿。結果的に、

 

 

私、伊達政宗は一揆の黒幕なんかじゃありません!証拠もあります!それでも許さんというなら政宗の事、好きに罰してくれていいですよっ!覚悟はできてますっ!でも本当にやってないです!証拠あるしこんなに誠心誠意こめて謝罪してるんだから許してよねっ!?


 

・・・ってな感じで許してもらえた政宗公であります。
そんな政宗公のやけくそともいえる謝罪に秀吉は

 

 

ハイハイわかったわかった、許すよ。
(嘘くせぇ・・・けど何言ってもダメだなコイツ・・・。むしろ一周回って好きになってきたレベル・・・。)


 

てな感じで政宗の事を許したのでありました。
そしてその後・・・、

 

 

葛西、大崎での一揆の鎮圧手伝ってくれる??
一揆が収束したら終わったらそのままそこに引っ越してくれていいよ。てゆうか命令ね。


 

 

えっ・・・・・。(嫌だ・・・)


 

政宗は自分で蒔いた種を見事に、自分で刈る事となったわけです。愛着のある地元から一揆で荒れた地への強制引っ越し・・・、自業自得です。笑

反省しない伊達政宗、関ヶ原の戦いでも下手を打つ。

 

秀吉に服従していた政宗ですが、秀吉の死後は徳川家康に通じ、関ヶ原の戦いでも東軍に属していました。

 

家康は、関ヶ原の戦いで東軍が勝利した暁には、伊達政宗に

 

 

東軍の為に頑張ってくれたら、上杉景勝の領土七群約49万石、政宗にあげるよ〜!


 

と約束してくれました。この中には政宗の旧領である会津も含まれています。

 

これが実現すると、伊達政宗の当時の所領と合わせると100万石を越えることになり、政宗は再び奥州の地を統べる大大名へと返り咲ける事になります。

 

この約束の書状は『百万石のお墨付き』と言われ、伊達政宗の嬉しいお話として世に語りつがれています。

 

そしてもちろん、ご存知の通り関ヶ原の戦いでは徳川家康が勝利!
伊達政宗は再び会津の地を手に入れて大大名に!!

 

・・・なるはずだったのですが、残念なが、この『百万石のお墨付き』の約束は果たされなかったのであります・・・。

 

なぜかと言うと、伊達政宗は関ヶ原の戦いの混乱に乗じて、同じ家康派である南部氏の領土で一揆を起こさせ、あわよくば領地をかすめとろうとしていたからです。

 

 

南部にバレてチクられたんだよ本当最悪・・・。いや、政宗が悪いんだけどね。


 

※ちなみに誰に一揆を起こさせたかというと、奥州仕置きで改易となった稗貫氏、和賀氏といった面々です。デジャヴですね。葛西・大崎一揆を思いだします。ホントに伊達政宗は懲りない男です。笑

 

【スポンサードリンク】

関ヶ原の戦い、伊達政宗は何してたの??

 

関ヶ原の戦いの混乱に乗じ、南部領で一揆を起こさせていた政宗。
これだけ聞くと政宗って関ヶ原の戦いで何してたの??味方に迷惑かけてただけ?って思いますよね。

 

政宗はただ一揆を起こさせて領地をかすめとるなんてセコイ事をしていただけではありません。関ヶ原の戦いでの伊達政宗の役目とは何だったのか?というと、

 

 

石田三成派(西軍)の武将達の抑えとなるよう戦ってくれ!


 

と徳川家康に言われて働いていたのです。

 


※蒲生氏郷の死後、上杉景勝が会津に入領。

 

近隣の石田三成派の武将と言えば、会津の上杉景勝です。
一大勢力の上杉氏がもし、打倒家康を掲げて向かってくれば大変な事になってしまいます。

 

関ヶ原の戦いで戦場から遠く離れていた政宗、ちゃんと大切なお役目をいただいていたんですね!

 

 

西軍の奴らとの戦いで手に入れた領地はそのままあげるよ!


 

と家康に言われていたらしいので、政宗は張り切って戦っていたそうです。
その結果、味方の南部領にまで手をだしちゃって全部パァにしちゃったというワケですね。

 

 

なんか最終的に残念な感じになっちゃってるけど、叔父の最上義光が上杉家の直江兼続に苦戦してたから援護してあげたりしてたんだぞ。ちゃんと働いてたんだからね!


 

 

伊達政宗は野心が強すぎるんだよね。


 

伊達政宗の晩年〜人生最後の時は?

 

とにもかくにも野心に溢れた人生を送った伊達政宗、そんな彼の最後とは一体どういうものだったのでしょう??

 

晩年、政宗は趣味のお料理や能を楽しんだり、将軍徳川家とも良き交流を持ったりと穏やかに過ごしていたそうです。

 

とくに、徳川三代将軍の家光(家康の孫)にはとても気に入られたみたいで、『伊達の親父殿』と懐かれていたんだとか。

 

若くして奥州の覇者となり、天下人であった秀吉や家康にも物怖じせず戦国の世を突っ走ってきた政宗であります。カリスマ性も抜群、政宗の破天荒な生き様が家光にはカッコよく思えたんでしょうね。

 

そんな政宗は1636年、70歳の時に病いに伏してこの世を去ります。
死因は食道癌、癌性腹膜炎などと推測されています。

 

病により食事をとることも歩く事もままならないほど弱ってしまった政宗は、そんな自分の姿を妻や子供に見せるわけにはいかないと、決して自分の側に近づけなかったそうです。

 

政宗の辞世の句は

 

 

曇りなき 心の月を 先だてて 浮世の闇を 照らしてぞ行く

 

(先の見えない戦国の時を、心の月で目の前を照らし自分はひたすらに進んで生きてきたよ)


 

政宗の兜の前立ては三日月、そういったところもかけて読んだ一句ですね。心にグッとくるカッコいい辞世の句であります。

 

次の記事:仙台藩主伊達政宗、そこで何してた?

スポンサードリンク


シェア?大歓迎である!

 

カテゴリーMENU

伊達政宗,奥州,戦国武将,甲冑,眼帯,独眼竜
伊達政宗,奥州,戦国武将,甲冑,眼帯,独眼竜
伊達政宗,奥州,戦国武将,甲冑,眼帯,独眼竜
伊達政宗,奥州,戦国武将,甲冑,眼帯,独眼竜
伊達政宗,奥州,戦国武将,甲冑,眼帯,独眼竜
伊達政宗,奥州,戦国武将,甲冑,眼帯,独眼竜


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ