関ヶ原の戦い後、仙台藩主に!伊達政宗はそこで何してた?

関ヶ原の戦い後、仙台藩主に!伊達政宗はそこで何してた?

関ヶ原の戦い後、仙台藩主に!伊達政宗はそこで何してた?

関ヶ原の戦い後、政宗は幕藩体制にともない仙台藩の初代藩主となります。居城も岩手山城から仙台城へと移しました。


 

徳川家康の天下となってからしばらく、平和な時が続きます。天下統一をとギラついていた政宗もさすがにそこやかしこに戦を仕掛けるなんて事はなくなりました。

 

やんちゃBOY政宗は平和になった世で、一体何をしていたのでしょう・・・??

 

【スポンサードリンク】

 

平和な世とはいえこの男が大人しくしているはずもありません。1613年、政宗は海外との国交を結ぼうと行動を起こします。

 

伊達政宗は家臣の支倉常長を『遣欧使節』としてイスパニア(メキシコ)との国交を結ぶべく海外へ派遣しました。

 

この海外派遣の理由は何かというと、イスパニア、ローマといった国々との貿易をする為に国交を結ぼうとしたと言われています。

 

また、イスパニアの海軍が強いとの噂があり、政宗はこれらと軍事同盟を結びたかった、そしてこのイスパニアの軍事力を得て、打倒徳川幕府を計画していたのでは?とも言われています。

 

もしこれが本当なら伊達政宗は相当の野心家と言うか、懲りないと言うか・・・ヤバイ奴。笑

 

 

ちなみにこの支倉常長の海外派遣は日本国内でキリスト教が禁止された・・・なんて事情もあって上手くいかず・・・。イスパニアとの国交は失敗に終わっちゃったんだよね。


 

伊達政宗の甲冑、三日月の前だての意味とは?

 

伊達政宗の甲冑、兜は『黒漆五枚胴具足』というもので、黒を貴重としたシンプルな甲冑であります。

 

 

兜の前だてには金の長い三日月が施され、甲冑の黒色に生えてとてもカッコいい一品となっています。

 

この三日月は何の意味あるのか?という事ですが、昔の人は『妙月信仰』と言って星や月といった天体を信仰していたのです。

 

北斗七星や北極星なんかはよく軍配に描かれているのを見かけますね。
武将たちは星に武運を祈ったり、甲冑や陣羽織や旗や家紋などのデザインに用いたりしていたのです。

 

ただ天体をモチーフとするだけでなく、あんなカッコいい兜にしちゃう伊達政宗、さすがですね!

 

 

ちなみに政宗の甲冑はスターウォーズのダース・ベイダーのモデルにもなってるんだよ〜!
詳しくはコチラ


 

【スポンサードリンク】

伊達政宗の趣味は料理!あのメニューも政宗考案!?

 

伊達政宗は料理が趣味であったことでも有名です。
伊達家当主という身分でありながら自ら台所に立ち、客人に手料理を振舞っていたと言われています。

 

そして料理に関してはこんな名言を残しています。

 

 

馳走とは旬の品をさりげなく出し、主人自ら調理してもてなす事である!


 

・・・素晴らしい名言ですね。料理に対する意識が高い!

 

ちなみにこの名言は、宮城調理製菓専門学校の校訓にもなっているそうです。

 

そして政宗といえば『ずんだ餅(枝豆をすり潰して作った餡をお餅にまぶしたもの)』を開発した人物であると言われています。
ずんだ餅は今では仙台定番の名物ですね!仙台の旅の定番、ずんだシェイク好きです。笑

 

その他、政宗は仙台の城下町に味噌蔵を作って『仙台味噌』という上質な味噌の大量生産もしていました。

 

料理に対する意欲や向上心が素晴らしい!政宗が武士でなく、料理一筋で生きていたならかなりの腕前の料理人になってそうですね。

 

ちなみに『伊達巻』という料理がありますが、これは伊達と名前がついているけど伊達政宗が開発した料理ではないそうです。

 

料理の見た目が派手で小洒落ているから、オシャレの代名詞『伊達者』からとって『伊達巻』と名付けられたらしいです。

 

 

まぁその『伊達者』っていう言葉が、派手でオシャレな政宗をリスペクトしてできた言葉なんだけどね。


 

次の記事:伊達政宗の顔はイケメン?!政宗の顔の復元模型が見れるのはココ!

スポンサードリンク


シェア?大歓迎である!

 

カテゴリーMENU

関ヶ原の戦い後,仙台藩主,伊達政宗,料理,支倉常長
関ヶ原の戦い後,仙台藩主,伊達政宗,料理,支倉常長
関ヶ原の戦い後,仙台藩主,伊達政宗,料理,支倉常長
関ヶ原の戦い後,仙台藩主,伊達政宗,料理,支倉常長
関ヶ原の戦い後,仙台藩主,伊達政宗,料理,支倉常長
関ヶ原の戦い後,仙台藩主,伊達政宗,料理,支倉常長


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ