戦国時代の始まりから終わりまでをわかりやすく解説!

戦国時代の始まりから終わりまでをわかりやすく解説!

戦国時代の始まりから終わりまでをわかりやすく解説

戦国時代,始まり,終わり,簡単,わかりやすく

戦国時代はいつからいつまで、という定義はないが、1467年の応仁の乱から徳川家康が天下を手中にするまでの約130年間と言われているの。


 

私達がパッと思い浮かべる織田信長や武田信玄といった戦国武将たちが活躍するのは1550年頃からよ。

 

・・・では、応仁の乱からそれまでの日本は一体どういう状況だったのでしょう??
ここでは日本の戦国時代の流れをできるだけ簡潔に、わかりやすく解説しているわ♪

スポンサードリンク

戦国時代の始まり!きっかけは応仁の乱!

 

1467年、応仁の乱勃発。

 

応仁の乱は、幕府官僚(将軍家に仕える最高役職)の細川勝元と山名宗全が、将軍・足利義政の後継者を巡って対立したのがきっかけで起こった戦である。

 

この後継者争いは、各地の守護大名を巻き込んでの戦となった。

 

そしてその争いの波は全国各地に拡散していき、あらゆる所で戦が起こるというカオスな状況になってしまった。

 

平和な時が続く地域もあれば、小競り合いを続ける地域があったり・・・。
守護大名も次第に国人達を抑えられなくなっていく・・・。

 

こうして争いの火種はどんどんと大きくなっていき、戦国時代と呼ばれる戦乱の世へと突入していったのである。

 

北条早雲の台頭!ついに戦国大名現る!

 

1516年、小競り合いが続くカオスな状況の中でついに下剋上により戦国大名へと登りつめた人物が出現する。

 

それは、もともとは駿河の守護大名、今川氏の食客(客としてその家で抱えてもらって働いてる人)であった北条早雲という男である。

 

北条早雲は伊豆を支配した後に相模を支配下に治めた。(関東の覇者北条氏の1代目がこの方である。)

 

応仁の乱から約50年経ち、ついに下剋上によって一国の主にまで登りつめた人物が現れた・・・!世に衝撃が走る!

 

その後も、東海地方では商人出身の斎藤道三が美濃の守護大名に変わって戦国大名になったり、京周辺では三好氏が将軍を追放して実権を握ったり・・・と各地で新勢力が台頭していった。

 

北条早雲の出現を機に、下剋上の規模がどんどん大きくなっていくのである。

 

そう、いよいよ我々の想像するド派手な戦国時代に突入するのだ!

 

下剋上の世、弱まっていく将軍の権威

 

戦国大名の出現・・・、この戦乱の世に1番不安を感じていたのはおそらく将軍家の人達であろう。

 

力が物を言う時代となり、それまでトップに立って大名達を従えていた将軍の立場は段々と弱くなっていったのである。

 


※戦国時代の将軍の立場イメージ図

 

1573年に室町幕府は滅亡する事となるのだが、その間の足利将軍家は裏切られたり、命を狙われたり、利用されたり、追放されたり・・・と、戦国大名達の権力争いに振り回されて散々な目にあっているのだ。

 

足利将軍家、失墜のはじまり・・・

 

1530年頃、将軍家に仕える官僚の細川高国が将軍・足利義稙を追放し、新たに足利義晴を将軍にたてた。

 

細川高国は義晴の威厳を盾に、権力を握ろうとしたのである。しかしその後、細川高国は家臣の三好元長に攻められ自害することとなった。

 

味方を失った将軍義晴は近江へ逃亡、三好氏が見事に下剋上を果たし、京で実権を握ることとなったのである。

 

見事なまでの下剋上&下剋上。
もはや将軍とは名ばかりで、上に立って大名達を指揮する力は皆無であった・・・。

スポンサードリンク

これぞ戦国時代!織田信長が出現してから

 

織田信長が桶狭間の戦いで今川義元を破ったのが1560年。ここから織田信長はメキメキと頭角を現し、勢力を拡大させていく。

 

そしてこの頃、京で実権を握っていた三好氏は時の将軍、足利義輝と和睦して仲直りするも1564年には足利義輝を殺害するという事件を起こしている。

 

将軍家はグダグダ、ますます権力を握る三好氏・・・。

 

しかしその後、三好家家臣の松永久秀が三好家の実権を奪うなどし、段々と三好氏の勢いが衰えていくこととなる。

 


目まぐるしく変化する戦国時代の情勢。もはや誰も信じられない・・・。

 

一方で勢いづく織田信長は美濃を平定し、足利義昭を将軍に奉じて京へ入った。

 

そして信長は将軍足利義昭の名を盾にして、自分が天下人であるかのように権力を強めていったのである。

 

足利義昭はそんな信長が凄く気に食わなかった。

 

 

信長は私を利用して京でのさばっている!

 

私が将軍になれたのは信長のおかげだけど、私の事をないがしろにするのは許せない!


 

といった感じなのである。

 

そして足利義昭は、浅井氏、朝倉氏、武田氏、本願寺などと手を組み、打倒織田信長を掲げ挙兵することとなる。

 


↑俗に言う『信長包囲網』である

 

回りは敵だらけ・・・、信長にとってこの状況はかなりのハードモードであった。

 

が、信長はこれをことごとく撃破した。苦戦することもあったが見事に反織田勢を一掃したのである。

 

そしてもちろん、信長は足利義昭を許すことなく京から追放する。義昭の代で足利幕府は滅んだのであった・・・。

 

ちなみに信長にとってやっかいな存在であった、戦に強い武田信玄や上杉謙信は、病気でこの世を去っている。
信長は戦いたくない相手との戦を避けられたという幸運の持ち主でもあった。

 

そんな幸運にも恵まれて勢力を拡大し、日ノ本の中心を制圧した信長。

 

 

もはや敵無し!中国地方、四国地方の制圧にもとりかかってるし天下統一まであと少し!


 

・・・というところで本能寺の変が起こり、明智光秀に裏切られた信長は自害に追い込まれてこの世を去る事となる。

 

ここで織田信長の時代は終わりを迎えたのであった・・・。

 

 

※そういえば九州とか東北とかの方はどうなってるの?なんて思うわよね。当時、政治の中心である京一体を支配できれば天下人といえる存在だったんだって。
九州は九州で、東北は東北でと、それぞれの地域でも勢力争いが繰り広げられていたのよ。


豊臣秀吉の時代到来!天下統一を果たすまで

思いがけない明智光秀の謀反、1582年に起こった本能寺の変により、また時代は大きく変わっていった。

 

そう、豊臣秀吉の時代が始まるのである!

 

本能寺の変が起こった時、秀吉は信長の命令で中国地方の毛利氏と戦をしていたのだが、信長の仇討ちをする為に毛利氏と和睦して中国地方から京へと引き返して明智光秀を討ち取った。

 

この功績により、織田家家臣の中での秀吉の地位が向上する。

 

そしてその後、秀吉は織田家家臣の有力大名であった柴田勝家と織田家の後継者を巡って対立することとなる。

 

 

秀吉はまだ子供だった信長の孫を後継者に推薦した。何もできない子供を織田家の当主にして、秀吉が織田家の実権を握ろうという魂胆である。

 

柴田勝家はもちろんそんな魂胆もお見通しだし、それを良しとしない。
そしてついに両者の間で戦(賤ヶ岳の戦い)が起こる。

 

この戦で秀吉は柴田勝家を滅ぼし、勝利をおさめた。そして秀吉に敵対する織田家の人間はいなくなり、秀吉の権力は確固たるものとなっていった。

 

ここから秀吉は、織田信長が築いてきた天下統一の礎を引き継いで、信長が叶えられなかった天下統一を実現していくのである。

スポンサードリンク

秀吉に屈服した全国の大名達

 

豊臣秀吉が外交によって臣従させた大名達が、

 

中国地方の覇者・毛利輝元
北陸の覇者・上杉景勝
東海の覇者・徳川家康
奥州の覇者・伊達政宗

 

武力行使で臣従させたのが、

 

四国の覇者・長宗我部元親
九州の覇者・島津義久
関東の覇者・北条氏康

 

・・・である。

 

 

北条氏だけは最後の最後まで豊臣に反抗していたから20万もの大軍で攻めて滅亡させちゃいました。


 

本能寺の変が起こったのが1582年、
最後の敵、北条氏が滅亡したのが1590年・・・。

 

豊臣秀吉は8年で完全なる天下統一の偉業を成し遂げたのである!戦国時代の栄華はここに極まったと言えよう。

 

豊臣秀吉の死、守られない約束・・・

 

秀吉は日本を統一すると、次のステップアップとして海外にも兵を進めた。
そう、朝鮮出兵である。

 

1592年と1597年の二度、朝鮮出兵は行われたのだが、二度目の出兵中に豊臣秀吉がこの世を去った事で朝鮮出兵も中断された。

 

この朝鮮出兵は結果的には大失敗に終わっている。日本にとっても、朝鮮にとっても何のプラスにもならない戦であった。

 

そして秀吉亡き後は、

 

 

息子の秀頼をワシの後継者として、みんなで協力して豊臣家を盛り立てていってね!


 

という遺言のもと、五大老(豊臣政権の最高役職)の大名達が協力して国の政治を取り仕切っていくこととなった。

 

ちなみに五大老には

 

徳川家康
前田利家
宇喜多秀家
毛利輝元
上杉景勝

 

が任命されていた。
秀吉の天下統一後、彼らは豊臣家に尽くしていたし秀吉も彼らを信頼していた。

 

秀吉は豊臣家が日本のトップであり続ける事を望んでいたわけだが、秀吉の願いは叶わなかった。

 

秀吉に取って代わろうと目論む徳川家康が、独自に勢力を強めていったのである。

 

戦国時代もついに終盤!徳川の時代へ

 

秀吉の死後、

 

 

秀吉の後継ぎは子供で何も出来ない!今が天下を手に入れる大チャンスだ!


 

と、徳川家康は好き勝手し始めた。

 

そして昔から豊臣家に仕える石田三成は、そんな家康を良しとせず対立。豊臣家家臣内では家康派と三成派の派閥ができていったのである。

 

そうした状況が悪化して起こったのが1600年・関ヶ原の戦いである。
全国の大名を巻き込んでの大規模な戦であった。

 

関ヶ原の戦いでは徳川家康側が勝利し、敗者となった石田三成側の大名達は処刑されたり、領地を没収されたり、滅亡に追い込まれたりと厳しい処遇を受けた。

 

関ヶ原の戦いによって日本の勢力図がまた大きく変わったし、徳川家康の権力が決定的なものとなった。
(この時点では、徳川家康は豊臣秀頼に仕える家臣の中で1番の権力者といったポジションである。)

 

そして1603年、徳川家康は征夷大将軍に任命され、江戸に幕府を開く。
征夷大将軍とは武家のNo. 1の地位であり、これで完全に徳川家康が豊臣家の上に立った事になる。

 

豊臣家は天下人の地位を失い、摂河泉に約65万石を治める一大名へと転落してしまった。

 

この時点で徳川家康の天下となったし、めでたしめでたし!で終わればいいのだが、そうはいかなった。

 

その後、徳川家と豊臣家の間に残る遺恨を完全に無くすために家康は行動にでる。
そして1615年、大阪夏の陣での戦でついに徳川家康は豊臣家を完全に滅亡させた。

 

これにて戦国時代は完全に終結。以後約300年間、徳川幕府による平和な時代が続くこととなる。

 

スポンサードリンク

レジェンド武将オススメ記事一覧

戦国時代,始まり,終わり,簡単,わかりやすく人気NO1!織田信長

織田信長が評価される理由とは?信長が凄い理由を一挙公開!

戦国時代,始まり,終わり,簡単,わかりやすく日本一の出世人!豊臣秀吉

農民から天下人へ!豊臣秀吉の生涯とその功績をゆるりと解説!

戦国時代,始まり,終わり,簡単,わかりやすくホトトギス待ちすぎ徳川家康

ホトトギスは待つ!徳川家康という武将の凄さとは?その魅力に迫る!

戦国時代,始まり,終わり,簡単,わかりやすく日本一のやんちゃ武将!

独眼竜伊達政宗の歴史まるわかり!政宗の生涯をゆるり楽しく見る!

戦国時代,始まり,終わり,簡単,わかりやすく甲斐の虎こと武田信玄!

風林火山を掲げる武田信玄!さすがのカリスマ性、治水工事や名言が素晴らしい

戦国時代,始まり,終わり,簡単,わかりやすく越後の龍こと上杉謙信!

戦国一の聖人!上杉謙信が『義』の人と言われるのはなぜ?

戦国武将の逸話漫画


スポンサードリンク


シェア?大歓迎である!

 

カテゴリーMENU

戦国時代,始まり,終わり,簡単,わかりやすく
戦国時代,始まり,終わり,簡単,わかりやすく
戦国時代,始まり,終わり,簡単,わかりやすく
戦国時代,始まり,終わり,簡単,わかりやすく
戦国時代,始まり,終わり,簡単,わかりやすく
戦国時代,始まり,終わり,簡単,わかりやすく


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ