戦国最強の『鬼』!森長可の強烈で魅力的な人生を最初から最後まで!

戦国最強の『鬼』!森長可の強烈で魅力的な人生を最初から最後まで!

戦国一の鬼?暴れん坊?森長可って何者?!

森長可は織田信長の小姓で有名な森蘭丸のお兄さんなの。戦場での槍働きは凄まじく、勇猛果敢なその姿から『鬼武蔵(おにむさし)』と呼ばれていたのよ。


そして周囲がドン引きするような傍若無人な振る舞いも多く、何かとトラブルの多い問題児だったの。まさに戦国の狂犬といった武将ね。

 

気性の激しさ、凶暴さに定評のある鬼武蔵だけど、織田信長にはとても気に入られていて武田家滅亡後にはその領地の一部を与えられるなど、とても厚遇されていたの。

スポンサードリンク

怖いけどなぜか好きになる!戦国の鬼、森長可!

 

森長可(もりながよし)が森家の家督を継いだのは13歳の時・・・、

 

父・森可成と長男の可隆が相次いで戦で亡くなった為、次男である長可が若くして美濃金山・金山城主となりました。

 

 

ちなみに長可の『長』は信長様から頂戴したものだ。


 

そして長可は15歳の時、伊勢長島の一向一揆にて初陣を飾ります。

 

戦闘能力未知数であった長可は、戦デビューして間もないのにもかかわらず、味方の武将に内緒で敵陣に乗り込み敵首を27もとるという尋常じゃない武功を挙げています。

 

これだけ聞いても『凄い武将だなぁ〜』となりますが、これはほんの序の口にすぎないのであります。

 

初陣について詳しく描いた漫画↓

森長可らしさ全開!主君もドンビキの鬼戦法

 

森長可がマジでやばい奴と世に知れ渡るきっかけとなったのが1582年の甲州征伐です。

 

これは織田信長が、武田信玄亡き後の武田家を潰すための最後の戦です。

 

森長可は織田信長の嫡男・信忠の軍に入り戦に参加、武田信玄の五男・仁科盛信の守る高遠の城を攻めることとなります。

 

信忠の隊より早く城に到着いた長可は、戦が始まる前から敵に向かって発砲してみたりと初めからテンションあがりっぱなし。(勝手な行動は軍律違反になります)

 

そして戦が始まると、

 

 

てっとりばやく城を落とすには頭使わなきゃダメだぜ!


 

と、三の丸の屋根に鉄砲隊を連れて上り、瓦を引きはがして城内に向けて一斉に発砲。軽く城内の敵を鎮圧したのであります。
(しかも兵、老若男女関係なしの無慈悲っぷり。)

 

そしてさらにそこから本丸にいる兵に向け発砲、大勢の兵を倒します。

 

そして本丸に到着すると、自ら槍を手に取り奮戦。大勢の兵を討ち取ります。

 

 

うわっ!長可めっちゃ血まみれだけど大丈夫?怪我やばすぎない?


 

 

大丈夫。コレ返り血だもん。


 

というエピソードがあるほど凄まじい戦いっぷりだった模様。大怪我したと思われるほどの返り血って一体・・・・。(震

 

そして長可の凄まじい戦いっぷりも功をなし、高遠城の仁科盛信は切腹。

 

頼みの綱を失った武田家当主・勝頼も切腹へと追い込まれ、ここで武田家は滅亡したのであります。

(※言うても高遠の城の戦いは織田軍5万VS武田軍3千の凄まじい兵力差で武田が詰んでた。)

 

出世、勢力拡大・・・調子のってきた森長可

 

武田滅亡後・・・、長可は武田家の領地であった信濃川中島四郡に海津城20万石へと加増されました。

(長可の治めていた美濃金山城は5万石で弟の森蘭丸が引き継いだ。)

 

20万石は、20代の織田家家臣の中ではNO1の待遇であります。それはもうワックワクで海津城に入城した事でしょう。

 

しかし、長い間武田の領地であった信濃の国人達から『鬼武蔵』が歓迎されるはずもなく、はよ出て行けとばかりに一揆を起こされてしまいました。

 

一揆勢はおよそ8000人、隣接する上杉景勝からの応援もありました。

 

 

引っ越し早々めんどくせぇな!!


 

長可はものの2日でこれを鎮圧。

 

 

思っていた以上にノーウェルカム状態・・・。また一揆起こされたら面倒くさいから人質とるぞ。


 

領内は不安定、長可は今後自分に逆う事がないように国人達から妻子を人質にとり、海津城に住まわせましたました。

 

そしてついでに一揆に参加したと思われる村の住民からも人質をとって、城下町に住まわせるという徹底っぷりです。

 

森長可の越後攻め!そして大事件が勃発・・・

 

信濃の情勢が落ち着いてすぐ、長可は領土拡大の為に越後の攻略にとりかかります。

 

同じ織田家家臣である柴田勝家が上杉家の重要拠点のひとつである魚津城を攻めた時、上杉景勝は本拠の春日山城を離れ援軍に向かいました。

 

 

今がチャンス!春日山城をとってやる!


 

鬼武蔵,鬼,森長可,最後,小牧長久手

 

長可は春日山城めがけグイグイ越後を侵攻していきます。雑魚を蹴散らし田辺城を落とすと春日山城付近の二本木という場所に陣を張りました。

 

 

ふふふ。もうすぐ越後も俺の物になる・・・。


 

なんて思っていた時に事態が急変する大事件が起きます。そう、本能寺の変です。

 

※ちなみに森長可進軍の知らせを聞いた上杉景勝は、春日山城にあまり兵がいなかった事もあり急いで引き返した。魚津城は柴田勝家に落とされた。

 

 

魚津城のみんなゴメン。


スポンサードリンク

本能寺の変で事態が一変!森長可大ピンチ!

本能寺の変で主君である織田信長が討たれた・・・、この一方を聞いた長可は急いで越後から兵を撤退させ海津城へ戻りました。

 

織田信長の死も衝撃的でしたが、本能寺の変では信長についていた長可の弟達、蘭丸・坊丸・力丸も亡くなっていたのです。

 

普段は凶暴でも家族や家臣には優しい一面もある森長可、この時の悲しみと怒りは相当なものだったでしょう。

 

 

明智光秀は俺が討つ!!すぐさま出陣だ!!


 

長可は急いで戦支度をし、信濃を出立します。・・・が、事態はかなり面倒くさい事となっていました。

 

信濃の国人達はこの混乱に乗じて長可に盾突いてきたのです。しかも信濃の国人ほぼ全員が敵対してくるという緊急事態であります。

 

 

信濃をでていくなら我々の人質を返してからにしてくれ!


 

クーデターというよりは取引です。これに応じてくれなければこのまま一揆を起こしてやるぞという。

 

信長の敵討ちをしようとする大名達は長可だけじゃない、
ここで一揆勢と戦になるとこちらに時間を割くこととなり、仇も手柄も逃してしまう事となってしまいます。

 

国人達が人質を取られながらも強気な交渉にでたのは、こういった事情があったからです。

 

しかし、相手は森長可。森長可は常識の通じない鬼なのです。いたしかたない人質は返すぜ!とはならないのが森長可なのです。

 

 

足元みやがって!絶対に人質は一人たりとも返さん!
でも仇討ちにも行く!!


 

長可は人質を全員集め、それを盾にして信濃から脱出したのであります。

 

 

これが正しい人質の使い方だっっ!!


 

 

すいませんでした!言う事聞くので許してください!どうかご慈悲を!


 

 

わかったわかった。信濃を抜けたら返してやるからさ。とりあえず早くどいて?


 

人質を盾にされた国人達は手出しできず・・・こうして長可は信濃を無事に脱出することができました。

 

 

長可様!人質を返してくださいっ!


 

 

俺に楯突いた罰だ。一人残らず処刑してやるわ。


 

まさに無慈悲。森長可は絶対に怒らせてはいけない人なのである・・・。

 

ちなみにこの時、信濃の出浦盛清という国人だけが長可の味方し、撤退を手伝ってくれました。
これには長可も深く感謝し、お礼に脇差をプレゼントしたといいます。

 

こんなんだけど森長可はちゃんとお礼の言える子・・・。殺伐とした森長可の歴史に刻まれる数少ないハートフルなエピソードのひとつであります。

スポンサードリンク

森長可、再び美濃金山へ

 

無事信濃を脱出できたはいいが時すでに遅し、明智光秀は羽柴秀吉が討ち取り、ひとまず本能寺の変の一件は終結していたのです。

 

ちなみにこの混乱に乗じて越後の上杉景勝は長可のいた海津城を奪っていました。
本当なら上杉景勝の城を自分が奪うはずだったので、さぞ屈辱的で悔しかったことでしょう。

 

本能寺の変が起こったのは、長可が信濃に入領してからわずか2ヵ月後・・・。20万石の出世はわずか2ヵ月でパァになってしまったのであります。

 

そして美濃金山に戻ってきたのはいいが、信長がいなくなった事で情勢が変化、長可の味方であったはずの美濃の国人達がこれまた長可に一斉に牙をむいてきました。

 

 

せっかくもらった信濃も海津城も失ってしまった・・・。仇も討てなかったし。

 

地元に帰ってきたらなんかめっちゃ嫌われてるし最悪・・・。


 

ホームであるはずの美濃金山でも周囲は敵だらけの状態。

 

 

やばいな。このままでは俺やられちゃう!


 

危険を察知した長可は先手を打ち、裏切者たちの殲滅にとりかかりました。

 

米田城、上恵土城、今城、下麻生城、野原城、御高城、苗木城、久々利城・・・多くの城を攻め、着々と敵をねじ伏せていきました。

 

時には強引に攻め、時には人質をとり、時には話し合い、時には向こうから謝ってきたり・・・

 

こうして約一年で敵をほぼ全て殲滅して東美濃を統一したのであります。

 

 

なんだかんだでずっと上手くいってるんだよなぁ〜


 

サラバ鬼武蔵。森長可の壮絶な最後

 

様々なピンチを切りぬけ、なんやかんやで勢力を拡大した森長可。

 

そして信長亡き後、織田家家臣の中では羽柴秀吉がメキメキと頭角をあらわしていきました。

 

秀吉は信長亡き後の織田家で自分がトップであるかのようにふるまっていました。

 

そしてそれが許せなかった信長の次男・信雄は徳川家康を頼り、秀吉から織田家を取り戻す為の戦が起こります。

 

小牧長久手の戦いとよばれる戦、森長可はこの戦で秀吉の見方につきました。

 

 

織田家には御恩があるけど、時代の流れ的には秀吉につくのが得策。

 

恩とか情とか生ぬるい事言ってるようじゃ戦国の世は生き残れないんだぜ。


 

というわけです。

 

しかし、この選択が運命の分かれ道・・・。この戦で森長可は徳川軍の鉄砲隊から眉間に一発銃弾を喰らい、27歳という若さでこの世を去ることとなるのです。

 

鬼と呼ばれた男の最後は戦場での討ち死に。畳の上で大往生できるような生き方をしていないので、らしいっちゃらしいですが、27歳はあまりにも若すぎますね・・・。

 

森長可は織田家家臣の中でもでかい存在であり、さらに何をしでかすかわからない凶暴な武将なのでかなり諸大名に警戒されていたそうです。

 

豊臣秀吉や徳川家康も長可がいなくなったのをとても喜んでいたんですって。

 

森長可の関連記事

鬼武蔵の壮絶な最後!小牧長久手の戦いを詳しく見る!

漫画:なぜ『鬼武蔵』って呼ばれてるの?

スポンサードリンク


シェア?大歓迎である!

 

カテゴリーMENU

鬼武蔵,鬼,森長可,最後,小牧長久手
鬼武蔵,鬼,森長可,最後,小牧長久手
鬼武蔵,鬼,森長可,最後,小牧長久手
鬼武蔵,鬼,森長可,最後,小牧長久手
鬼武蔵,鬼,森長可,最後,小牧長久手
鬼武蔵,鬼,森長可,最後,小牧長久手


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ