織田信長の恋愛事情・・・本当に愛した妻や小姓の森蘭丸との関係

信長の恋愛事情・・・妻や小姓の森蘭丸について

織田信長が愛した妻は誰?

 

織田信長には正室の他、わかっているだけでも9人の側室がいました。

 

信長の正室となった女性は濃姫(帰蝶とも呼ばれる)という方で、美濃の斎藤道三の娘です。

 

信長の正室でありながら、濃姫に関する記録はほとんどなく、信長との子供も生んでいないとされています。

 

信長と離縁して織田家を去ったのか?病気などでこの世を去ったのか?といった濃姫の最後も謎のままなのであります。

 

正室の濃姫とは政略結婚であったし、さしたるエピソードもなく子もいない・・・。信長は濃姫に対してさほど愛情といったものがなかったような印象を持ってしまいますね。

 

敵とあらば、女子供も殺戮の対象とした信長であります。女性に対してもドライなのか?・・・と思いきや、

 

信長には『吉乃(生駒の方とも)』という側室がいて、この方だけはめちゃくちゃ愛していたのであります。

 

【スポンサードリンク】

信長がドはまりした女性、吉乃

 

 

吉乃は尾張の豪族、生駒家宗の娘で信長と出会った頃には彼女は未亡人でした。(戦で夫を亡くしたらしい)

 

信長はこの吉乃にベタ惚れし、頻繁に吉乃の住む屋敷に通っていたといいます。そして自ら嫁に貰い受けたのです。

 

側室でありながら、正室と同等の扱いを受けていたらしいし、家臣にも

 

 

これ、俺の嫁!吉乃っていうの!


 

とわざわざ吉乃を自分で紹介していたほど。

 

戦事の多かった信長ですが、大好きな人を嫁に貰い、子も儲けてきっと幸せな日々も沢山あったことでしょう。
しかし悲しい事に吉乃は病気がちで、29歳という若さでこの世を去っています。

 

周囲に恐れられる存在であった信長も、この時ばかりは涙を流して吉乃の死を悲しんだといいます。

 

【スポンサードリンク】

信長は男性が好き!といったイメージについて

 

信長は小姓である森蘭丸を寵愛したことからか、なんだか『信長は男が好き』といったイメージがついているように思います。

 

戦国時代、男性が男性を愛でるのは衆道と言ってなんらおかしいことではなく、むしろ武士のたしなみとさえ言われていました。

 

ビッグネームどころだと、武田信玄や伊達政宗だって男性とハァン///な関係にありました。

 

信長がぬきんでて『男が好き』というイメージがついてしまっているのは、その衆道相手の小姓・森蘭丸があまりにも有能であり、有名になってしまったせいです。

 

森蘭丸が有能な件について詳しくはこちら

 

蘭丸がさほど有能でなく、ただ衆道相手として可愛がられていただけなら森蘭丸という人物は有名になっていなかっただろうし、『信長は男性とハァン///な関係にあった。』なんて話もさほどピックアップされることはなかったと思われます。

 

 

ワシが森蘭丸を溺愛していたのは恋愛的に気に入っていたという理由だけではないのだ。
そこんとこよろしく。


スポンサードリンク


楽しんでいただけたらイイネ!

カテゴリーMENU

織田信長,妻,濃姫,森蘭丸,小姓
織田信長,妻,濃姫,森蘭丸,小姓
織田信長,妻,濃姫,森蘭丸,小姓
織田信長,妻,濃姫,森蘭丸,小姓
織田信長,妻,濃姫,森蘭丸,小姓
織田信長,妻,濃姫,森蘭丸,小姓
織田信長,妻,濃姫,森蘭丸,小姓


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ