うつけと呼ばれた織田信長、一体なぜ?何したの??うつけエピソードをご紹介!

うつけと呼ばれた織田信長・・・なぜ?何したの?斎藤道三は見破った?!

うつけと呼ばれた織田信長、一体なぜ?何したの??

 

織田信長と言えば『うつけ』と呼ばれていた事で有名です。

 

うつけとは、今でいうヤンキーであるとかDQNであるとか、傾奇者(かぶきもの)であるといったようなものです。

 

非常識ややんちゃなどの悪しき行動で人を困らせるだとか、奇抜な服装をしているだとか、そんな感じですね。

 

信長も若い頃は、

 


※ひょうたんは水入れらしい。普通はひとつしか持ち歩かないものを信長は何個も持ち歩いていたんだとか。

 

↑このような派手な格好をして、同じような仲間をひきつれ街を練り歩いていたそうです。(ちなみにこれは当時のヤンキーファッションのようなものです。傾奇者とも言われます。)

 

ただでさえ信長は武家のお坊ちゃまであったので、『そのような身分の子が何をしてるんだ・・・』と言った感じで、余計に周囲から白い目で見られていたわけです。

 

【スポンサードリンク】

お寺でお勉強!その時も信長はうつけっぷりを見せる

 

戦国時代、武士の子は寺に通ってお坊さんから学問を学んでいました。お寺は今で言う学校や塾といった役割もあったんですね。

 

信長も若い頃、お寺に通っていました。・・・が、そこでも信長はうつけ全開で周囲を困らせていたようです。

 

授業はマジメに聞かず、態度も悪い。そしてご飯の時には人のものを奪って食べたりしていたんだとか。

 

13歳の時でこのような状態だったらしいです。現代なら中学生・・・・、完全にクラスのいきってるヤンキーのポジションであります。笑

 

うつけ度MAX!父の葬式での非常識なふるまい

 

信長のうつけエピソードで有名なのが、父の葬式での出来事です。

 

父の葬式の日、信長は喪主でありながら葬式に遅刻し、いつものチャラついた服装で現れました。

 

そしてまともに喪主を務めるどころか、父の位牌に抹香を投げつけて去って行ったのです。このような行動をとるものだから、

 

 

織田家の跡継ぎは大うつけだ!これでは織田家の未来はないな。


 

などと近隣の大名たちの間でも噂になりました。

 

信長の教育係の平手政秀はあまりのうつけっぷりに・・・

 

子供の頃から数々のうつけっぷりで周囲を困らせてきた信長・・・。
そんな信長には、平手政秀という教育係がいました。

 

いくら注意しても信長のうつけっぷりは、治るどころかエスカレートしていく一方・・・。

 

平手政秀は、信長がこんなふうになってしまったのは教育係である自分の責任であると負い目を感じ、切腹してしまいました。
(自分が死ぬ事で信長に気持ちを改めて貰いたいという願いもあったそうです。)

 

信長はこれにかなりの ショックを受け、今までの自分の行動を反省したと言います。

 

ちなみにこの平手政秀は、織田家の未来の為にと、美濃の斎藤道三の娘(濃姫)と信長の婚約をとりつけています。

 

【スポンサードリンク】

斎藤道三は織田信長をとても信頼していた?

 

平手政秀が亡くなったその年、信長は隣国、美濃の斎藤道三と初めての会見をすることとなります。

 

 

噂に聞く尾張のうつけ・・・一体どんなやつなのか?

 

娘の婿に相応しい相手であるのか?信長という男をじっくりと見極めてやろう!


 

と、斎藤道三は思ったことでしょう。

 

そして信長はこの大事な会見の場に、いつもと同じチャラい格好で現れました。

 

しかも斎藤道三が現れた時、信長は柱にもたれてドッカリと座り込んでいたらしいです。

 

平手政秀の死はなんだったのか・・・、信長のうつけっぷりは全く治っていませんでした。

 

しかし、娘の結婚相手に初対面でこんな態度とられたら『なめてんのか!』と怒りたくなるものですが、斎藤道三は信長のただならぬオーラや堂々とした態度、受け答えに

 

 

こいつは只者ではない!うつけの格好をしていても中身はそうではないのだ!


 

と信長の本質を見抜き、娘との結婚を快く認めたそうです。そして後に斎藤道三は、

 

 

自分がこの世を去った後は信長に美濃を譲る!


 

と遺言を残しています。

 

斎藤道三は信長の事をかなり信頼し認めていたんですね。
(しかし斎藤道三は息子に攻められて美濃を奪われたので、信長は自力で美濃を奪う事となる)

 

ちなみに、信長が斎藤道三の娘・濃姫と結婚したのが15歳の時です。

 

15歳と言えば現代なら高校生・・・。盗んだバイクで走り出したくなっちゃうヤンキー盛りの年頃なので、信長がうつけしちゃうのも仕方ないですね。

 

信長がこのような『うつけ』といわれる事をしていたのは、単純に若気の至りでヤンキーぶっていただけかもしれませんが、わざとうつけのフリをして近隣の武将達に油断させていたのでは?という説もあります。

 

次の記事:織田の性格、見た目は?外国人が見た織田信長の姿

スポンサードリンク


シェア?大歓迎である!

 

カテゴリーMENU

うつけ,性格,織田信長,斎藤道三
うつけ,性格,織田信長,斎藤道三
うつけ,性格,織田信長,斎藤道三
うつけ,性格,織田信長,斎藤道三
うつけ,性格,織田信長,斎藤道三
うつけ,性格,織田信長,斎藤道三


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ