豊臣秀吉、人生の転機!本能寺の変から天下をとるまでの流れをゆるりと解説!

豊臣秀吉、人生の転機!本能寺の変から天下をとるまでの流れをゆるりと解説!

千載一遇のチャンス!秀吉の人生を転機、本能寺の変!

↓本能寺の変が起こるまでの秀吉の歴史はコチラ

農民から天下人へ!豊臣秀吉の生涯とその功績をゆるりと解説!

 

1582年の備中松山城攻めで清水宗治が降伏するかしないか、切腹するかしないか・・・と和睦の条件で秀吉と揉めている時、京都では大事件が起きていました。

 

明智光秀無謀!織田信長が本能寺にて死去!!

 

この一報を聞いた秀吉は、和睦の交渉に参加した毛利家の武将達に本能寺の件を内緒にしたまま清水宗治を切腹させ、毛利家と和睦を結びました。

※後で本能寺の事件を知った毛利氏は秀吉を恨んだ。織田信長が亡くなったとあれば毛利氏の出方も変わっていたかもしれない。

 

 

一刻も早く信長様の仇をとるのだ!(こここッッ!これは天下取りの大チャンス!!)


 

秀吉はすぐさま中国を引き返し、明智光秀を討つべく京都へ兵を向けます。

 

この時、織田家有力家臣の柴田勝家や森長可は越前越後の上杉氏を、滝川一益は北条氏を攻めているなど、信長の近くにはおりませんでした。

 

後の天下人・徳川家康も、この時少数で大阪に滞在していており、明智光秀の伏兵から逃れる為に決死の逃亡をしております。

 

【スポンサードリンク】

 

 

信長の死により敵も味方も大混乱の中、皆それぞれ死地を脱し、明智光秀の元を目指していたのです。

 

そしてそんな中、秀吉はわずか五日で岡山から京都の距離を移動し、誰よりも早く明智光秀と戦う事ができたのであります。

 

 

この驚異的な速さの大移動は『中国大返し』と言われているよ!


※ちなみに、秀吉がスムーズに移動できたのは、毛利と和睦できたのが大きかった。北陸、関東方面の武将達は反信長勢力に攻められたり、領内で一揆を起こされたりとグダグダな状況にあった。

 

明智光秀VS羽柴秀吉、山崎の合戦と言われるこの戦で織田信長の仇討ちを果たした秀吉は、織田家家臣達の中でより一層、権力を増していくのです・・・!

 

秀吉VS家康!やっぱり秀吉は凄かった!

 

豊臣秀吉のライバルといえば徳川家康!この二人が大きくぶつかった戦が、1582年の『小牧長久手の戦い』であります。

※小牧長久手の戦いは、羽柴秀吉VS徳川家康・織田信雄連合軍。織田信長亡き後、権力を強めていく秀吉に危機感を抱いた信雄(信長の次男)が家康を頼った事で始まった戦。家康からすると、天下人候補の秀吉と戦う理由ができてラッキー!といった感じである。これに勝てば家康は天下の織田家を救った英雄となれる。

 

豊臣秀吉

 

初めは両軍が小牧あたりで対峙していていましたが、豊臣軍が兵を分けてこっそり家康の居城を狙って出兵、

 

しかしその動きを察知した家康が逆に豊臣軍を長久手で奇襲し、豊臣軍はここで一旦敗走することとなります。

 

その後またしばらく両軍は対峙することとなるのですが、

 

 

家康はやはり野戦に強いな。勝利するのは容易じゃないぞ・・・。


 

と判断した秀吉が織田信雄に和睦を申し入れ、信雄がそれを受け入れた事でこの戦は終結しました。

 

秀吉が出した和睦の条件は、完全に織田家が秀吉の下につくことになるものでしたが、信雄は

 

 

もう戦はコリゴリ・・・。これ以上秀吉に逆らったらまた秀吉に攻められるし、家康の事も100%信用できたもんじゃない。


 

との事で信雄は和睦の条件を飲んだのです。織田信雄の優柔不断な性格につけこんでうまい事丸め込んだのです。

 

秀吉の凄いところは、不利とみるやすぐに和睦に向けて行動をした事。

 

家康はあくまで、織田信雄の為に戦をしていたので、秀吉と信雄が仲直りしたら秀吉を攻める理由がなくなってしまうのです。

 

 

無駄な戦をせずに、織田家を豊臣家の傘元に入れる事に成功したのである!

 

しかもこの戦で織田家の有力家臣である池田恒興に森長可が戦死。強敵となりうる者がいなくなったという幸運もあった!


 

 

徳川は、戦には勝ったのに何も得るものがなかったのだ。信雄に振り回されただけっていう・・・。


 

秀吉と家康の権力争いはひとまずドローとなったわけであります。

 

戦について詳しく→小牧長久手の戦いをゆるりと解説!

 

秀吉が家康を臣従させる為にした事とは??

 

小牧長久手の戦いでは、和睦により平和的解決をする事となりました。

 

織田信雄をうまく丸め込み、秀吉は完全に織田家を下につけて権力を増したわけですが、徳川家康とはただ仲直りしただけであります。

※もはや天下人状態だった織田信長の地位をそのままモノにしたわけなので、この時点で秀吉はかなりの権力者。徳川家康は、織田家と同盟関係(織田>徳川といった臣従寄りの)にあったわけで、秀吉に従う義理はない。

 

 

戦には勝てなかった・・・。
しかしこれを機に徳川家康を自分の支配下に置きたい!


 

との事で秀吉はすぐに次なる手を打ちます。

 

まず、秀吉は家康の次男である於義丸(おぎまる、後の秀康)を養子にもらいました。そして

 

 

家康殿〜、家族の繋がりもできたことだしワシのところに挨拶に来てよ〜!


 

と自分に頭を下げる事をやんわりと強要したのです。

 

がしかし、家康はこれを拒否します。

 

 

ダメか。それなら次はもっと親密な関係を築くしかない!


 

とのことで、次に秀吉は自分の妹を家康に嫁がせる事にしました。

 

【スポンサードリンク】

 

 

その妹の名は旭姫(あさひひめ)、この時44歳。

 

旭姫には佐治日向守(さじひゅうがのかみ)という夫がいて、夫婦仲もとても良かったそうですが、

 

 

ワシの天下取りの為だ、別れてくれ。その代わり、佐治には五万石加増してやるぞ。


 

と無理矢理離縁させて旭姫を家康のもとに送りこんだそうです。

※家康の正室・瀬名姫は亡くなっていた為、旭姫は家康の正室になった。

 

 

いや、いらんいらん!頼んでないし!挨拶にも行かないからね?


 

残念ながら、家康はここでも動きませんでした。

 

 

妹でもダメなの?!こうなったらワシの母親を家康の元へ送るぞ!!


 

秀吉はついに、70歳を越えた母親を家康のもとへ人質として送りつけました。

 

 

母親まで送ってこられたらさすがに秀吉に挨拶しに行くしかないやん(´;ω;`)?


 

秀吉は、このようにしてやっと家康に頭を下げさせる事ができたのでした。

 

かなり強引でおしつけがましい、魂胆見え見えのあざとい手段ですが、

 

 

ここまでやる?


 

 

必死すぎて引くわー


 

といった周りの目を気にしているようでは、きっと天下は取れないのでしょう。

 

ちなみに、旭姫と離縁させられた佐治日向守は、

 

 

主君の命令は絶対・・・、しかし武士としてこれほど情けないことはない・・・。


 

と切腹したそうです。

 

旭姫も家康も望んでない結婚、しかもこの結婚では秀吉の思惑通りに事が運ばなかったし、人の命までも奪う結果になったという・・・。

 

天下取りの為とはいえ、実の妹にこのような事ができるのは普通では考えられませんね。
(いや、実の妹じゃなくても畜生すぎる。)

織田信長の勢いを引き継ぎ天下人へ!

豊臣秀吉,本能寺の変,天下,流れ

 

織田信長は本能寺で亡くなる直前の時点で、日本の中心部分のほぼ全てを手中にしていました。その勢いは広がるばかりでもはや織田信長の天下待ったなし!といった状況だったのです。

 

小牧長久手の戦いの後、完全に織田家を支配下に置く事ができた秀吉は、その信長の築いた礎をごっそりとモノにする事となります。

 

【スポンサードリンク】

 

秀吉に屈服した全国の大名達

 

その後、豊臣秀吉が外交によって臣従させたのが、

 

中国地方の覇者・毛利輝元
北陸の覇者・上杉景勝
東海の覇者・徳川家康
奥州の覇者・伊達政宗

 

武力行使で臣従させたのが、

 

四国の覇者・長宗我部元親
九州の覇者・島津義久

 

武力行使で滅亡させたのが、

 

関東の覇者・北条氏康

 

・・・といった感じで全国の大名達を屈服させたのでした。

 

 

北条氏だけは最後の最後まで豊臣に反抗していたから20万もの大軍で攻めて滅亡させちゃいました。


 

本能寺の変が起こったのが1582年、最後の敵・北条氏が滅亡したのが1590年・・・。
豊臣秀吉は8年で完全なる天下統一の偉業を成し遂げたのであります!

 

次の記事:朝鮮出兵に秀次事件・・・なぜ豊臣秀吉は晩年、暴君になってしまった??

スポンサードリンク


シェア?大歓迎である!

 

カテゴリーMENU

豊臣秀吉,本能寺の変,天下,流れ
豊臣秀吉,本能寺の変,天下,流れ
豊臣秀吉,本能寺の変,天下,流れ
豊臣秀吉,本能寺の変,天下,流れ
豊臣秀吉,本能寺の変,天下,流れ
豊臣秀吉,本能寺の変,天下,流れ


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ