武田信玄が『野心家』『卑怯者』なんて言われるのはなぜ??

武田信玄が『野心家』『卑怯者』なんて言われるのはなぜ??

武田信玄が『野心家』『卑怯者』なんて言われるのはなぜ??

武田信玄はかなりの野心家であったと言われているの。


己の勢力拡大の為なら同盟も裏切るし、人を騙す事も平気でやってのける。

 

戦国時代、裏切りや嘘は珍しい事ではないけれど、武田信玄は父親を追放したとか、息子を幽閉して切腹させたとか、こんな物騒なエピソードもあるのよね。

 

ただただ冷酷な人であったのか?野心からの行動なのか??武田信玄は卑怯者なのか??

 

ここではそんな疑問を解決してくれるようなエピソードを紹介しているわよ〜!

 

スポンサードリンク

 

野心家の武田信玄!天下の為なら家族に対しても鬼になる!?

 

武田信玄の父・信虎は信玄をあまり好いておらず、次男ばかり可愛がっていたそうです。

 

信玄が13歳になった時、

 

 

父上の愛馬『鬼鹿毛』をください。今から乗りならしときたいのです。他の家宝は私が武田家を継ぐ時でいいので。


 

と父・信虎に言うと

 

 

うぬぼれるな!誰が武田家をお前に継がすと決めた!武田家はお前のものではない!


 

と拒否したというエピソードもあります。

 

そして信玄は16歳で初陣を飾ると36もの城を攻略するという活躍を見せるのですが、それでも父・信虎は褒めもせず冷たい態度をとっていたそうです。

 

 

なぜ弟ばかりなのだ・・・。こんなに頑張ってるのに(´;ω;`)


 

実力はあるのに認められない、信玄は悔しさに耐えるしかありませんでした。

 

しかし、父からは疎まれていた信玄ですが家臣達からは

 

 

なぜ信虎様は晴信(信玄)様を認めないのか!あんまりではないか?!晴信様こそ武田家の当主になるべきお方だ!


 

と圧倒的な支持を得ていました。信虎の信玄に対する態度は、家臣達の反感を買っていたのです。

 

その他にも、父・信虎は戦に明け暮れ領民から強引に年貢を取り立てたり、

 

無理矢理家臣の妻を自分の側室にし、それを止めようとした家臣を斬り捨てるなど、かなり乱暴な一面がありました。

 

 

信虎様では先が思いやられる。武田家の当主にふさわしいのは晴信様だ!


 

ついに武田家家臣達の間で不満が爆発、信玄を当主にすべく父・信虎を甲斐から追放することになります。

 

 

父上、久しぶりに今川家に嫁いだ姉にお会いしてきてはいかがでしょう??


※武田信玄の姉は今川義元の正室

 

と信虎を今川領である駿河へ向かわせ、信虎が甲斐を過ぎた頃に兵を出して国境を封鎖…

 

信虎の共をしていた家臣も、信虎を置き去りにして甲斐へササーッと退却していきました。

 

 

え?!意味わからん!何なの?!


 

状態の信虎、忙いで甲斐へ引き返しますが、国境を封鎖した兵は断固として信虎を入れず。

 

 

今日から武田家の当主はワシじゃっ!


 

完全に甲斐から追い出されてしまった信虎は、泣く泣く今川氏を頼り駿河へ向かったのでした。

 

その後、信虎は二度と武田の家には戻れなかったそうです。

 

家臣にかつがれて当主になったのか、父を憎んでいたからなのか、野心からなのか…

 

信虎追放に至った真相は不明ですが、実の父親に対してこれはなかなかに酷い仕打ちです。

 

改めて戦国時代って凄い時代だなぁ…と思わされますねぇ。

 

 

でも父親に生活費の援助(つまり仕送り)はしていたのよ。


 

スポンサードリンク

信玄が息子・義信を幽閉して切腹に追い込んだのはなぜ??

 

武田信玄が長男・義信(よしのぶ)を東光寺という寺に幽閉したのが1565年度のことでした。

 

そして長男・義信は1567年に切腹に追いやられ、30歳という若さでこの世を去っています。

 

なぜ武田信玄は本来跡継ぎとなるはずの長男を幽閉し、さらには切腹にまで追い込んだのか…?

 

それにはこんな理由があります。

 

武田信玄の同盟相手であった今川家は、桶狭間の戦いで今川義元が死去して以降、勢いが衰えつつありました。

 

武田信玄はこうした現状を見て今川家を見限るのですが、今川義元の娘・嶺松院(れいしょういん)を正室に迎えていた義信は

 

 

今川義元は父の義理の兄!武田家と今川家は家族同然、裏切る事など許される事ではありません。


 

と反対したのです。そして信玄は

 

 

戦国の世、武田が天下を取る為には致し方ないことなのだ。頭を冷やしてよーく考えろ。


 

と義信を東光寺に幽閉し、義信と嶺松院を強制的に離縁させたのです。

 

そして義信は3年も寺で幽閉させられる事に…。しかし義信は依然として考えを変えず、今川家との友好を望んでいました。

 

 

致し方なし。腹を切れ。


 

1567年、信玄は我が子に切腹を申し付けたのであります。

※義信が信玄に対して謀反を企んでたという説もある。

 

そしてこの頃、今川氏との決裂を決めた武田信玄は、勢いを増してきた織田信長と同盟関係を結ぶことに決めました。

 

そして武田信玄の娘・松姫と織田信長の長男・信忠の婚約が成立します。

 

完全に武田信玄に裏切られた今川氏真はもちろん激怒。

 

武田信玄に制裁を加えるべく、近隣の国々に甲斐への塩の輸出を禁じたのであります。現代でいうところの経済制裁ですね。

 

『塩』と言うワードで御察しの方もいると思いますが、あの有名な『敵に塩を送る』はこの時の出来事です。

 

逸話漫画!上杉謙信の『敵に塩を送る』

 

スポンサードリンク

 

戦国の世、裏切りは当たり前!の武田信玄

 

義信を切腹させ、今川家とハッキリ決裂した後、武田信玄は今川領にいよいよ攻め込みます。

 

ここで武田信玄は戦を有利に進める為に三河の徳川家康と密約を結び、

 

 

武田は駿河を!


 

 

徳川は遠江を!


 

というふうに強力し、今川領を折半して攻め入りました。

 

武田信玄と徳川家康に攻め込まれた今川氏は滅亡、武田信玄は駿河をゲットしたわけです。

 

しかしその後、武田信玄は徳川家康との友好関係を裏切って三河・遠江に攻め込みました。(1572年の三方ヶ原の戦い)

 

武田信玄は織田信長とも同盟を結んでいましたが、

 

 

ワシの盟友の徳川家康を裏切ったな?武田は信用ならんわ。


 

自然と武田と織田の関係も悪化、松姫と信忠の婚約も無かった事に…。

 

というかこの頃、信玄は織田信長と同盟を結んどきながら、将軍・足利義昭の織田信長討伐作戦に参加する事を決めています。

※信長包囲網に参加。武田信玄は1573年に亡くなるので結局、織田信長と戦ってない。

 

武田信玄はあっちこっちで同盟を結んでおきながら、自分が有利になり得る状況があれば簡単に裏切る事ができる人物だったんですね。

 

 

薄情、卑怯と言われても仕方がないね。
この貪欲さ、情にとらわれない行動力も武田信玄の強さの一つさ。


 

武田信玄の関連ページ

武田信玄の最後、死因は??信玄亡き後の武田家はどうなった??

風林火山を掲げる武田信玄!さすがのカリスマ性、治水工事や名言が素晴らしい

武田信玄の歴史を年表・勢力図で簡単に、ざっくりと見てみよう!

武田信玄が強いと言われるのはなぜ?家臣や戦法とは??

スポンサードリンク


楽しんでいただけたらイイネ!

カテゴリーMENU

武田信玄,戦国武将,甲斐,簡単に
武田信玄,戦国武将,甲斐,簡単に
武田信玄,戦国武将,甲斐,簡単に
武田信玄,戦国武将,甲斐,簡単に
武田信玄,戦国武将,甲斐,簡単に
武田信玄,戦国武将,甲斐,簡単に
武田信玄,戦国武将,甲斐,簡単に


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ