土佐の出来人!長宗我部元親ってどんな人?魅力や功績をゆるりと解説!

土佐の出来人!長宗我部元親ってどんな人?魅力や功績をゆるりと解説!

四国の覇者、長宗我部元親は遅咲きだった?

 

生まれも育ちも土佐南国、長宗我部元親が家督を継いだのは22歳の時でした。

 

その頃の長宗我部家の所領は、土佐の三分の一にも満たない程度のものでした。

 

ここから長宗我部元親は土佐・阿波・伊予・讃岐・・・四国全域を支配する大大名となるのですが、意外にも武士としての目覚めは遅く、18歳の時に

 

 

戦の事なんにも知らない。教えて。


 

と、家臣の秦泉寺豊後(じんせんじぶんご)に聞いてやっと兵法を学び始めたんだとか。

 

 

それからは兵法書を愛読!戦についての心得や知識なんかを豊後から積極的に学んだのだ!


スポンサードリンク

 

そして長宗我部元親の初陣は22歳。

 

15歳前後の少年時代に初陣を飾る武将達が多い中で、二十歳を超えてからの初陣はかなり遅いほうであります。

 

ここでも元親は、

 

 

槍の突き方知らない。教えて。


 

と秦泉寺豊後に聞いたそうです。武家の跡継ぎが22歳でこれだと先行き不安すぎる・・・。笑

(あと家臣の秦泉寺豊後って名前、寺と地名がゴッチャんなってるみたいでややこしい。)

 

不名誉なあだ名…家臣から低評価だった長宗我部元親

 

長宗我部元親の若い頃のあだ名は『姫若子(ひめわこ)』でした。

 

このアダ名だけ見ると、長宗我部元親の容姿は中性的で美形だったんだろうなぁ・・・なんてイメージしてしまうけど、『姫若子』とは、

 

 

口数少なくて大人しい性格。身長高いけど色白だし女みたいな軟弱野郎。長宗我部家の跡継ぎがこれじゃあねぇ・・・。


 

といった、悪口系のアダ名なのであります。

 

そう、長宗我部元親は若い頃、あまりにも武将としてのオーラがなさすぎて家臣達から陰で舐められていたのです。

 

戦!戦!戦!で下剋上の戦国時代、大人しい性格の殿様じゃそりゃ、頼りないし家臣達もガッカリしちゃいますわな。

 

 

ちなみに、元親の容姿が美形であるとかイケメンであるとか、そういった記録は特に残ってないぞ。残念!


 

初陣で見せた男気!姫若子から四国の出来人へ!

 

これといった活躍をすることなく二十歳をこえ、22歳でやっと戦デビューを果たした長宗我部元親・・・。

 

初陣は土佐で起こった長浜合戦と呼ばれる戦でした。

 

敵2000の兵力に対し、長宗我部軍は500ほどの兵力、味方の兵たちは

 

 

4倍もの兵力差じゃ勝てる気しないよねぇ。ウチの軍団、パッとした人いないし・・・。


 

と、どうにも士気があがらず・・・といった状況でした。

 

 

(セイセイセイ、期待の新人がここにいるではないか。)


 

そう、これは元親のデビュー戦。負け戦で終わらすわけにはいかないのであります!

 

 

イモけてんじゃねぇぞ皆!!ワシについてこいっ!!


 

長宗我部元親は自ら先頭に立ち、敵を次々と槍で突き伏せていきました。

 

 

おおっ!なんとも勇ましい戦いっぷり!!


 

土佐のヘタレ野郎と思っていた若殿の凄まじい活躍に家臣達は大興奮!

 

元親の活躍は味方全体の士気を上げ、長宗我部軍は見事この戦に勝利したのでした。

 

この戦いで元親は家臣から『土佐の出来人』と賞賛され、敵からは『鬼若子』と恐れられる存在となったのであります。

 

長宗我部元親の戦力アップの秘密は『一領具足』!

 

初陣での大活躍で、誰しもが認める立派な武将となった長宗我部元親・・・。

 

父の死後、長宗我部家の家督を継ぐと、元親は本格的に土佐の統一に乗り出します。

 

 

まだまだ長宗我部は弱い・・・。まずは兵力アップを図らねば!


 

長宗我部元親は父・国親が発案した『一領具足』というシステムを本格的に導入する事にしました。

 

これはどういう事かというと、

 

 

戦が始まるよ!農民のみんな協力頼むー!!


 

と言った時、すぐ農民達が戦場に馳せ参じれるよう、農作業をしている傍に甲冑や槍などの武具、兵糧などを常備させていたのです。

 

これにより、長宗我部家の動員できる兵力は格段にアップ!

 

圧倒的な兵力差で近隣の敵対勢力を次々と支配下に納めていったのであります。

 

 

元親の戦力は農民の方々の力によるところが大きいのである!


スポンサードリンク

性格変わりすぎ?結構野心家だった長宗我部元親

 

長宗我部元親、脱・姫若子してからは大人しいどころか、むしろ野心家となっていました。

 

初陣で得た自信と一領具足で得た軍事力でグイグイ四国の地を侵攻、領土を拡大させていきました。

 

織田信長が京周辺でかなりの権力者となっていた時期に、

 

 

ワシに従え。四国くれ。


 

と迫られると

 

 

そんな理不尽な。絶対嫌!喧嘩上等!


 

と言わんばかりに徹底抗戦する構えを見せました。大人しかったあの日の姫若子はもういない・・・。

 

 

権力には屈しない、長宗我部はもっとビッグになるもんね!


 

しかし、織田信長や豊臣秀吉ら強大な力を持つ京周辺の勢力には敵わず・・・。

 

信長にはかなり苦しめられたし、その後やっと四国を統一するもすぐに豊臣秀吉に頭を下げる事となり、最終的には土佐一国の大名へと転落してしまいます。

 

 

所詮は鳥無き島の蝙蝠・・・?四国から出た事のない元親は、自分の強さを過信しちゃってたのかも。


 

豊臣秀吉の傘下となってからは秀吉に媚び媚びだった元親公

 

豊臣政権の一員となってからは、ギラギラ野心は封印。

 

長宗我部元親は長宗我部家の安泰を図る為、うまいこと秀吉のご機嫌をとっていたのであります。

 

ある時、二人の間でこんなやりとりがあったそうな・・・

 

 

天下人になりたいって思う??


 

 

もちろんです。でも無理でしょうね。他の人の天下ならともかく、秀吉様ほどの英雄が天下人だとかないませんわ。

 

ワシには天下が狙える実力があるのにこんな時代に生まれて・・・運が悪かったんだなぁ。


 

あざといくらいのヨイショ。秀吉はこの元親の言葉に大ウケしてご満悦だったそうです。

 

そして他にも、土佐からクジラを一匹丸ごと大阪へ運んで秀吉にプレゼントしたりと、度肝を抜く派手なパフォーマンスで秀吉を喜ばせていたのであります。

 

長宗我部元親、家臣への思いやりが素敵!

 

長宗我部元親は四国で善政を敷いていたらしく、家臣や民たちからも愛される領主であったといいます。

 

そんな長宗我部元親の、温かい人柄を感じるエピソードをここでひとつ・・・。

 

 

天下人となった豊臣秀吉が船遊びをする時、諸大名達は岸辺に並び、秀吉を送迎するというのが決まりであったそうです。

 

そして戻ってきた秀吉は大名たちに、自らの手で直接饅頭を配りました。

 

 

一人一個!


 

配られた饅頭は、その場で有難く頂戴するのが習わし。

 

大名達は皆、饅頭を完食するのですが、長宗我部元親は饅頭の端をちぎって一口だけ食べるとその場を離れ、隅で待機する従者達の元へ行きました。

 

 

これは秀吉様が直に下さったありがたい饅頭だ。お前たちにもお裾分けしようと思って持ってきたぞ。


 

長宗我部元親は、一つの饅頭を従者たちに分け与えたのです。

 

 

長宗我部の殿様はなんと慈愛に満ちたお方なのだ・・・


 

これを見た他の大名の従者達は、長宗我部元親の心使いに感心し、羨ましがったといいます。

 

長宗我部元親の人柄が垣間見える素敵な逸話ですね。 長男・信親が亡くなってから性格が豹変したとも言われますが、やはり基本的には人情味溢れる人物だったのかな〜と想像しちゃいます。

 

スポンサードリンク

 

長宗我部元親の関連武将

長宗我部元親,評価,性格,逸話

長宗我部元親と織田信長の関係って?元親の戦国事情をゆるりと解説!

長宗我部元親,評価,性格,逸話

明智光秀と信長との関係、本能寺の変後の行動を追う!

長宗我部元親,評価,性格,逸話

築城の名人!藤堂高虎の作った今治城が素晴らしい!

長宗我部元親の関連逸話漫画

スポンサードリンク


シェア?大歓迎である!

 

カテゴリーMENU

長宗我部元親,評価,性格,逸話
長宗我部元親,評価,性格,逸話
長宗我部元親,評価,性格,逸話
長宗我部元親,評価,性格,逸話
長宗我部元親,評価,性格,逸話
長宗我部元親,評価,性格,逸話


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ