石田三成は朝鮮出兵で何したの?なぜ三成は嫌われ者になってしまった?

石田三成は朝鮮出兵で何したの?なぜ三成は嫌われ者になってしまった?

石田三成の朝鮮出兵!なぜ嫌われ者になってしまった?

石田三成,朝鮮出兵,加藤清正,なぜ

 

とにかくまっすぐな性格の石田三成・・・、ハートフルなエピソードを見ている限りでは誰からも好かれそうな良い人に見えますよね。

 

しかし、三成は自分から人に好かれにいくようなタイプではなかったと思われます。

 

あまり多くを語らない、だから誤解される事もある。きっとマジメでまっすぐな性格が『嫌な奴』になってしまう事があったのでしょうね。

スポンサードリンク

三成は『職場にちょっと面倒くさい人がいる』と言われるタイプ?

 

石田三成は主に内政面で活躍していた武将であり、三成を嫌っていた加藤清正、福島正則らは主に戦場に立ち第一線で活躍していた武将でした。

 

同じ職場でも部署が違うんですよね。
石田三成は主に戦の計画や準備などを担当し、戦場で働く武将達のサポートや連絡係りなんかをしていたわけであります。

 

そして現場の様子を秀吉に報告するのも三成の仕事・・・。

 

マジメな石田三成は、武将達が命令違反をしたり、何か不備があればそれを事細かく秀吉に報告していたのです。

 

三成は役割を果たしただけにすぎませんが、

 

 

石田三成がチクったせいで秀吉様に怒られた!


 

と武将達から恨まれる事がしばしばあったのであります。

 

朝鮮出兵でチクリ魔となった石田三成、超恨まれる

 

1592年、文禄の役(朝鮮出兵)・・・、

 

石田三成は朝鮮出兵でも主に現場の支援、連絡係りといったサポート的な役割を任されていました。

 

また、現場の様子を見て秀吉に報告するのも三成の仕事です。

 

そしてこの文禄の役で凄まじい活躍をしたのが加藤清正。

 

加藤清正はこの朝鮮出兵で気合いを入れすぎたか、

 

 

小西なんかにゃ負けねーぜっ!!


 

と、一緒に先鋒隊を務める小西行長を差し置いてグイグイ朝鮮の地を侵攻していました。

 

 

三成殿ーっ!加藤の野郎が全然言う事聞いてくれない!


 

 

いけないんだーっ!!秀吉様に言ってやるぅ!


 

 

でもめっちゃ活躍してるし!武功上げまくってるし!


 

 

違反は違反!!

 

秀吉様ーっ!加藤清正が軍律違反をおかして勝手な事をしておりますぞーっ!!


 

責任感の強い石田三成はマジメに秀吉に報告。加藤清正は秀吉からお叱りを受ける事になってしまったのです。

 

 

こっちは命がけで戦ってるのに!少しは俺たちの事情も考えてくれてもいいだろうが!腹立つ!


 

軍律違反をおかすのが悪いじゃん・・・と思ってしまいますが、三成は清正からかなり恨まれる事になってしまったのであります。

 

そして1597年、慶長の役・・・。

 

二度目の朝鮮出兵で、日本軍は朝鮮の蔚山(ウルサン)という地で戦をするのですが、ここでかなりの苦戦を強いられました。

 

加藤清正ら日本軍が約1万の兵で籠る蔚山城に、5万を越える朝鮮・明連合軍が攻めてきたのです。

 

 

兵力差も凄いし兵糧も尽きそう!日本軍大ピンチ!


 

という時に、別隊の黒田長政や加藤嘉明などが援軍に来て日本軍は難を逃れたのですが、

 

 

敵がめっちゃ攻撃してきたのに黒田長政の隊がろくに応戦してなかった。


 

と、戦でのワンシーンを奉行衆にチクられてしまいました。

 

これを秀吉にチクったのは石田三成ではないのですが、

 

 

これは大問題ですぞーっ!戦の最中に怠けるなんてありえなーい!


 

と騒ぎ立てた結果、黒田長政は

 

 

しばらく謹慎じゃっ!反省しろ!!


 

とお咎めを受けることとなってしまったのです。

 

 

ちゃんと状況を見て戦ってたし!三成なんか戦にでてないし何も知らない癖に!腹立つ!


 

そして関ヶ原の裏切り者でお馴染み、小早川秀秋も石田三成との間に確執が生まれる事件が・・・。

 

小早川秀秋、実は慶長の役で日本軍の総大将をつとめておりました。

 

小早川秀秋はこの時16歳。さしたる経験もない若僧がなぜ総大将に・・・??

 

なぜなら小早川秀秋は秀吉の甥っ子。こういった事情もあり、秀吉はこの戦で花を持たせてあげたかったのだと思います。

 

そして普通であれば総大将は、先頭に立って戦ったりするなど危険なことはしませんが、

 

小早川秀秋はこの蔚山城の戦いで、自ら先頭を行き、味方の援護をしていたそうです。

 

小早川秀秋的には

 

 

凄いでしょ!?頑張ってるでしょ!?やればできる子でしょ?!


 

といったアピールをし、自分の活躍を秀吉に褒めて欲しかったんだと思いますが、これを聞いた三成は

 

 

総大将っていう立場わかってる?そんな危険な事するなんてありえない。何考えてるの?


 

と小早川秀秋に軽く説教かまし、秀吉にも報告したのでした。

 

 

何やってるの秀秋ちゃん・・・。まだまだ子供ね。


 

と言ったかはわかりませんが、秀吉は褒めるどころかお怒りモード。

 

小早川秀秋はこの一件で石田三成に憎しみを抱いたと言われております。

スポンサードリンク

もしも豊臣家家臣達がみんな仲良しだったら・・・

 

・・・このように、石田三成は朝鮮出兵のチクリ魔となっていたのであります。

 

とは言っても報告は義務だし、実際チクられるような事をした本人も悪い。三成が憎まれ役となってしまうのは仕方がない事ですが、

 

 

戦場で苦労している人間の気持ちを考えたことあるのか?


 

 

少しは我々の気持ちを考えて擁護する気にはならんかね?


 

三成が恨まれるのはこういったところでしょうね。

 

『仕事をキッチリ真面目にこなす』『悪い事をするのはダメ!』という正義感が強すぎて、融通がきかない人物であったのは確かかと思われます。

 

石田三成が少々の事は目をつぶって、

 

 

黙っといてやるけどあんまり危険な事するなよ?バレちまったら俺まで秀吉様に怒られるからな。


 

なんて事が言える人であったなら、加藤清正ら武闘派武将と仲良くやっていけたかもしれませんね。

 

そんな仲良しこよしで結束力の強い豊臣家であったなら、秀吉の死後に徳川家康が天下を狙っていても・・・、

 

 

家康が天下を狙ってるかも!


 

 

あいつは狸親父だ!みんな騙されるなよっ!


 

 

我々が協力して豊臣家を守らねば!


 

 

みんながいれば怖いもんなしだねっ


 

 

これからもみんなで仲良く秀頼様を盛り立てていこうね!


 

 

あーん豊臣家に付け入る隙がないよう。


 

・・・こんな感じになって関ヶ原の戦いなんかも起こらなかったかもしれません。

 

石田三成TOPに戻る

スポンサードリンク


シェア?大歓迎である!

 

カテゴリーMENU

石田三成,朝鮮出兵,加藤清正,なぜ
石田三成,朝鮮出兵,加藤清正,なぜ
石田三成,朝鮮出兵,加藤清正,なぜ
石田三成,朝鮮出兵,加藤清正,なぜ
石田三成,朝鮮出兵,加藤清正,なぜ
石田三成,朝鮮出兵,加藤清正,なぜ


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ