関ヶ原ではNo1!最強武将『笹の才蔵』こと可児才蔵をゆるりと楽しく解説!

関ヶ原ではNo1!最強武将『笹の才蔵』こと可児才蔵をゆるりと楽しく解説!

戦国最強武将『笹の才蔵』!可児才蔵をゆるりと解説!

生涯 1554年〜1613年
出身 美濃国可児郡(岐阜県)
全盛期 約750石(福島正則が主君の頃)
主君 斎藤義龍、柴田勝家、明智光秀、前田利家、織田信孝、森長可、豊臣秀次、佐々成政、福島正則(主君を何度も変えている)
思い出の戦 小牧長久手の戦い、関ヶ原の戦い
可児才蔵といえば 最強の武将、笹の才蔵、福島正則、主君変えすぎ、晩年は広島

スポンサードリンク

戦国最強の武士!?可児才蔵(かに さいぞう)って何者?

可児才蔵(可児吉長とも表記される)は、可児才蔵は織田信長や武田信玄のように大国を収める領主とかでなく、大名に仕えるいち武士なの。一般的にはマイナーな武将の部類に入るかもしれないわね。


 

主君を何度も変えて各地を転々としていたんだけど、福島正則に出会ってからはずっと福島正則に付き従っていたの。

 

晩年も、関ケ原の戦いの後に広島藩主になった福島正則と共に広島で過ごし、生涯を終えているわ。

 

『戦国時代の最強の武将は誰なんだろう?!』といった話題には、必ずと言っても名前があがる人物よ。そして可児才蔵は強いだけでなく、面白い逸話も沢山ある武将なの!

 

知れば必ず好きになる武将!可児才蔵の最強エピソード

 

可児才蔵が武将達の人気者となり、注目されたのはただ強いからという理由だけじゃあないの。可児才蔵の人気の決定打とも言えるような、有名な逸話を紹介するわね。

 

可児才蔵最強説その@カリスマ性抜群!『笹の才蔵』!

 

才蔵が森長可に仕えていた時の事・・・。とある戦で、才蔵は誰よりも敵の首をとったの。その数なんと16!

 

これだけの数となると、戦いの邪魔にもなるし、戦場から1人で持って帰る事もできないわよね。

 

才蔵は、3つだけ討ち取った首を持って帰って、残りの首はその場に残して戦場から去ったの。

 

戦の後には首実検と言って、討ち取った首を大将がチェックする儀式があるのね、討ち取った首の数や、敵の身分によって恩賞が与えられるの。

 

ちなみに討ち取った首を戦場に置いて帰るのは才蔵に限った事だけじゃないのね。だから戦が終わった後にあらためて、戦場に置いてある敵首を回収するの。

 

首実検のシステムは案外ざるで、討ち取った首は基本的には自己申告なんですって。
なので、

 

 

この首は私が討ち取ったものです!


 

と嘘の申告をする者も普通にいたそうよ。

 

もちろん才蔵は首実検で嘘をつくことなく、16の首級を挙げた事を大将の森長可に伝えたんだけど信じてもらえなかったの。

 

 

16も首をとったと言うけど証拠がないしな。お前、嘘ついてないだろうな?


 

 

持ちきれないので戦場においてきたんです!ちゃんと自分が討ち取ったとわかるように証拠を残してますし!


 

 

その証拠とはなんだ?


 

 

討ち取った首の口や鼻に笹の葉を含ませています!


 

・・・そして調べると、才蔵の言う通り笹の葉を含ませてある首が見つかったの。

 

 

才蔵殿のこの確かな武勇・・・見事天晴じゃっっ!!そして笹の葉を使った斬新なパフォーマンスが最高にカッコイイ!!


 

と武将達は才蔵を褒めたたえたの。そしてこれがきっかけで可児才蔵は『笹の才蔵』と呼ばれるようになったの。

 

 

四方八方敵だらけであろう戦場で、笹の葉を含ませる余裕があるって凄くない?


 

才蔵最強伝説B主君に物怖じしない強メンタル!

 

1584年、小牧長久手の戦い(羽柴秀吉軍vs徳川家康・織田信雄連合軍)でのこと・・・。この時可児才蔵は秀吉の甥の羽柴秀次に仕えていたの。

 

豊臣軍は徳川家康の居城である岡崎城を落とす為に、奇襲作戦を決行。

 

しかし、この動きが徳川家康にバレてしまい、秀次軍は逆に徳川勢に包囲されて苦戦をしいられてしまったの。

 

 

秀次様、ここは退却するべきです。すでに別隊の森に池田は総崩れとなっております。
これ以上敵が攻めてくれば我らの隊も危ないですぞ!


 

才蔵は歴戦の武士、この戦の危険を察知して主君の秀次にこう進言したの。
でも秀次は聞く耳もたず、

 

 

お前ほどの武士が何を恐れる事があるのか!早く前線へ戻り戦ってこい!!


 

と戦う姿勢を崩さなかったのね。才蔵はそんな主君に、

 

 

糞でもお召し上がりくださいませ。


 

と吐き捨てて戦場を去ってしまったの。
『糞でもお召し上がりください。』とはつまり、『クソ喰らえ!!』という暴言の敬語。

 

 

大将でありながらこうも冷静に戦況がよめぬとは・・・なんと愚かなこと!付き合ってられるか!


 

といった感じで、聞く耳持たないダメ上司を見限ったのよね。上司に対してだから暴言も敬語・・・、嫌味度も増して言われた側はかなり腹立つわね。笑

 

そしてその後、才蔵の言った通り秀次の軍は散々な目にあって敗走する事になるの。

 

必死で戦場から撤退する秀次は、途中で馬に乗って余裕の撤退をしている可児才蔵と遭遇し、

 

 

才蔵!私にその馬くれ!


 

と言うんだけど、そこでも才蔵は

 

 

雨の日の傘にて候。
【意味:雨の日に傘が必要なように、今の私にとってこの馬は必要なものなんですぅ。】


 

と主君のお願いを無視して帰っちゃったの。

 

スポンサードリンク

もちろん秀次は大激怒、才蔵は小牧長久手の戦いの後に秀次のもとを去ったの。

 

そして豊臣秀吉も、秀次からこの話を聞いてかなりご立腹したらしく、秀吉は才蔵に対して刺客を放ったんですって。

 

刺客をはなたれるほど秀吉の怒りをかった才蔵だけど、後に豊臣家家臣の福島正則に仕えているから、結局は豊臣家に属していたのよね。笑

 

可児才蔵最強説そのB関ヶ原の戦いで一番の武功をあげた?!

 

関ヶ原での戦の本戦が始まる少し前のこと・・・。

 

福島正則に仕え、東軍に属していた才蔵は、とある戦で才蔵は西軍の湯原源五郎という者を討ちとったの。

 

・・・が、これが実は『抜け駆け禁止』という軍律違反をおかしての武功であった為に、福島正則からお咎めを受ける事となってしまったの。

 

 

戦の時、GOサイン出す前に行動するなって言ったよな?
罰として謹慎な。当分戦は禁止。大人しく反省しといてね。


 

えぇっ?!そんな・・・。


 

いくら最強武将と名高い才蔵であれど、違反は違反。
福島正則は才蔵に出陣禁止令を出したの。

 

 

・・・そしてしばらく経って、戦もひと段落。
徳川家康監修のもとに首実検が行われ、謹慎中だった可児才蔵も、福島正則と一緒にその場に参加したの。

 

 

君は…可児才蔵君!?
噂は聞いてるよ!すごい強いんだってね!
今回の戦でも沢山武功あげたんじゃないの〜?!


 

 

いえ、残念ながらこいつは軍律違反で謹慎中だったんですよ!


 

 

あら・・・。それは残念な…。


 

 

いえ、今回の戦で一番武功をあげたのはオレです!!
実はこっそり参戦してました!!
全然バレてなかったんで毎日抜け出して戦場に行ってました。

 

もちろん証拠もありますが?


 

 

あるある!笹の葉をくわえた首が17つもある!!さすが『笹の才蔵』!!


 

 

主君として誇らしいけど、全然謹慎の意味ない・・・。


 

・・・謹慎処分もなんのその。なんと才蔵は、反省するどころかノリノリで戦に参加していたという・・・。しかも可児才蔵は関ヶ原の戦いで1番多くの手柄を立てたと言われているの。本当に強くたくましい武将ね。笑

 

主君を変えすぎ!だけど再就職には困らない可児才蔵

 

可児才蔵は、主君を何度も変えていることでも有名!

 

美濃の斎藤道三に始まり、織田信長の家臣の柴田勝家、明智光秀、織田信孝、森長可、そして秀吉の甥の羽柴秀次、前田利家、福島正則・・・と、主君を転々変えてるの。

 

主君を何度も変えるという事は、職場を何度も変えているという事・・・。

 

戦国時代でも現代と同じで、コロコロと主君を変える事は『そんなにすぐ職場を変えるなんて・・・』といったネガティヴな反応があったみたい。でも、

 

 

可児才蔵という武士は物凄く強い!


 

と武将たちの間で有名だったのね。だから可児才蔵が主君を転々としている事についてはマイナスに捉えられるどころか、

 

 

可児才蔵が家臣になってくれるなんて大歓迎!


 

といったふうに引く手数多だったそうよ。

 

『才蔵はいつからいつまで誰に仕えていたのか?』『なぜそんなにコロコロと主君を変えていたのか?』これについて詳しい理由は知られていないけど、 『糞くらえ!』 のエピソードを見ている限り、

 

 

主君であろうと自分の意見や思った事は遠慮なく言う!


 

といった強気なところがあるので、ちょくちょく主君と揉めたりして自分から出て行ったり、主君に追い出されたり・・・なんて感じの繰り返しだったのかな?なんて思うわ。
(主家が滅びたり・・・といった事情もあると思われる。)

 

そして主君を転々としてきた才蔵がやっと落ち着けたところが福島正則。

 

福島正則はちょっとお馬鹿なところもあるけど、情に厚い人物だったと言われているの。福島正則には、可児才蔵の心をつかむ何か魅力的なところがあったのかもしれないわね。

 

可児才蔵の兜は可児(カニ)だけに、蟹!?

 

 

可児(かに)だから蟹の兜なんだぜ!


 

と、可児才蔵は戦場でかぶる兜に蟹のデザインをあしらっていたそうよ。しょうもないけどそんな可児才蔵が可愛いわね。笑

 

ちなみに残念なことに、この兜は現存していないのか、調べても詳しい情報が出てこないの。可児才蔵がかぶっていたと言われる蟹の兜、見てみたかったわ〜!

 

笹の才蔵、大往生!可児才蔵の最後がカッコイイ!!

 

可児才蔵はまさに、戦国の世を生きる武士(もののふ)!!といった感じのカッコイイ武将ね。

 

そんな可児才蔵の最後の時はどうだったのか?というと、意外や意外、畳の上で大往生だったの。

 

可児才蔵は愛宕権現(あたごごんげん)という神様を信仰していて、日頃からよく、

 

 

俺は愛宕権現の縁日に死ぬ!


 

と、自分の命日を予言していたんですって。
(縁日とはその神様と縁の深い日。参拝するとご利益があるとかご加護があるといった、縁起のよい日。)

 

そして1613年6月24日の愛宕権現の縁日に、才蔵は身を清め、甲冑を着て長刀を持って床にドカっと座り、そのまま息を引き取ったの。

 

1600年に起こった関ヶ原の戦い以降、平和な時が続いていた中で、可児才蔵は武士としての姿でこの世を去った・・・。最後の最後まで、本当にカッコイイ武将ね!

 

スポンサードリンク

可児才蔵の関連逸話漫画

可児才蔵,福島正則,主君,笹の才蔵,最強

可児才蔵、汁かけご飯で福島正則の未来を救う?!

可児才蔵,福島正則,主君,笹の才蔵,最強

福島正則にお酒を飲ませてはいけない。あまりにもひどい失態・・・

可児才蔵の関連記事

馬鹿可愛い萌え武将、福島正則

可児才蔵,福島正則,主君,笹の才蔵,最強

酒を飲ませてはいけないNo1武将福島正則をゆるりと解説!

可児才蔵,福島正則,主君,笹の才蔵,最強

福島正則が大好きになるハートフルな逸話!・・・と、ちょっとダメな逸話

可児才蔵,福島正則,主君,笹の才蔵,最強

戦国時代とは??そもそもの疑問をゆるりとわかりやすく解説!

可児才蔵,福島正則,主君,笹の才蔵,最強

まるで漫画だぜ!戦国武将『最強は誰?』ベスト5でランキング!

スポンサードリンク


シェア?大歓迎である!

 

カテゴリーMENU

可児才蔵,福島正則,主君,笹の才蔵,最強
可児才蔵,福島正則,主君,笹の才蔵,最強
可児才蔵,福島正則,主君,笹の才蔵,最強
可児才蔵,福島正則,主君,笹の才蔵,最強
可児才蔵,福島正則,主君,笹の才蔵,最強
可児才蔵,福島正則,主君,笹の才蔵,最強


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ