赤備えの元祖、山県昌景をゆるりと解説!身長は低いが武田家最強!

赤備えの元祖、山県昌景をゆるりと解説!身長は低いが武田家最強!

武田家最強!山県昌景をゆるりと解説!

山県昌景,赤備え,最強家臣,身長

生涯 1529年(?)〜1575年
出身 甲斐(山梨県)
主君 武田信玄、武田勝頼
有名な親族 飯富虎昌(兄もしくは叔父)
思い出の戦 川中島の戦い、三方ヶ原の戦い、長篠の戦い
山県昌景といえば 赤備えの元祖、武田家最強、小男

 

【スポンサードリンク】

 

山県昌景(やまがたまさかげ)は武田信玄の家臣であり、最強武将と語られることもあるほど武勇に優れていました。


 

そしてなんといっても有名なのが『武田の赤備え』!戦国最強の部隊と恐れられたこの軍隊の大将を務めていたのがこの山県昌景なのです!

 

武田家の万能家臣!山県昌景ってどんな人??

 

山県昌景、もともとは武田信玄の小姓。15歳で信玄に奉公し翌年には初陣、城攻めにて一番乗りの功を挙げたといいます。

 

武田二十四将の中でも筆頭格!高坂昌信の次に戦力を持っていたそうです。
※武田二十四将とは・・・江戸時代、武田信玄の家臣の中でも有能なメンバーを選出して絵に描いたもの。武田二十四将には昌景の兄・飯富虎昌もいる。昌景も『山県昌景』と名乗る前は飯富姓。『飯富源四郎(おぶげんしろう) と名乗っていた。

 

戦においてはかなりの勇猛っぷりを発揮。1572年の三方ヶ原の戦い(徳川VS武田)で徳川軍を完膚なきまでに叩きのめしたのが山県昌景の軍勢でした。

 

山県昌景は三方ヶ原の戦いで、家康の家臣・本多忠勝の軍勢と激しくぶつかりあったといいます。

 

最強と名高い武将同士の対決・・・。一時は本多忠勝側が優位に立つこともあったようですが、武田軍の勢いは凄まじく徳川家康は命からがら戦場から退却するはめに…。

 

これまでにない大敗北を味わった徳川家康は

 

 

あの先頭きってた武田の武将、山県っていうの?恐ろしや…マジで死ぬかと思った…。


 

と周囲にもらしていたんだとか。(ついでに別の物ももらしていた)

 

関連逸話漫画:徳川家康、三方ヶ原にて・・・

山県昌景が最強部隊『赤備え』をゲットした理由

 

山県昌景,赤備え,最強家臣,身長

 

甲冑や兜、旗印など武装を赤一色で統一した軍隊、それが『赤備え』です。

 

戦国時代、赤備えの軍隊を率いていた武将といえば井伊直政や真田幸村が有名ですが、その赤備えの元祖がほかでもない山県昌景なのであります!

 

山県昌景率いる赤備えの軍隊は、見た目のインパクトさながら確かな強さで『武田の赤備えは最強だ!』と世にその名を轟かせました。

 

戦場でこの軍隊を見かけた武将達は

 

 

ウワーッ!武田の赤備えだおっかねぇ!


 

と震え上がっていたそうな。

 

そしてこの『赤備え』、元祖と言っても実はもともと山県昌景の兄・飯富虎昌(おぶとらまさ)が率いていた軍団だったそうです。

 

山県昌景が赤備えを引き継いだ理由にはこんな事情がありました。

 

飯富虎昌は、武田信玄を殺害して信玄の息子・義信を擁立しようと謀反を企んでおりました。それを知った山県昌景は

 

 

我が兄に逆心アリ!!殿の命を狙っております!


 

 

マジかよぜってぇ許さん。


 

武田信玄に密告したのです。

まさかの身内からのリーク、これにより飯富虎昌は自刃に追い込まれ死去。信玄の息子・義信も切腹することとなります。

 

 

昌景のおかげで助かったよ!褒美としてお前に赤備えを引き継いでもらおうかと思ってる!


 

こうして、山県昌景は赤備えをゲットしたのであります。

 

良く言えば『武田信玄に忠義を尽くした』、悪くいえば『兄を売った』ですね。

※ちなみに飯富虎昌とは親子ほど歳が離れていたそうで、兄じゃなく叔父との説もある。

 

 

戦国時代では家族内での裏切り、命のやり取りは割とよくある話・・・。ワシも家族には酷い事してきたよ。


 

 

ちなみにワシの赤備えは騎馬隊でもあったのだ!武田の騎馬隊は最強と言われていたぞ。


 

【スポンサードリンク】

 

山県昌景、勇猛果敢でカッコイイエピソード!

 

山県昌景は少年時代から勇猛果敢、怖いもの知らずで敵にぶつかっていく武闘派武将でした。

 

戦の最中に見張りに出て、その時たまたま出会った敵の騎馬武者に馬上から体当たりして落馬させ、軽く討ち取ってそのまま馬で逃亡した。という、なかなかやんちゃなエピソードがあります。

 

そしてまた別の戦では、進軍中に山道で遭遇した敵と斬り合いになり、あっという間に一人で五人を倒した。なんてエピソードもあります。

 

度胸もあるし腕っぷしも強い!少年の頃からこんな感じだったもので、

 

 

山県昌景のあるところ敵ナシ!!


 

とみな大絶賛していたんだとか。

 

個人の戦闘力も高いし、軍を率いても強い!山県昌景は自分が強い理由を問われると

 

 

初陣の時のようなピュアな気持ちで戦に挑む!しっかりと策を練り、勝機があれば戦う!


 

と答えていたそうです。

 

決して自分の強さを過信したりせず、冷静に戦況を見極め戦に臨む…。山県昌景、めちゃ有能!

 

長篠の戦い、山県昌景の最後が壮絶カッコイイ!

 

武田信玄に気に入られ、武田家の筆頭家臣として重用されていた山県昌景ですが、武田信玄の跡を継いだ武田勝頼とはあまり良い関係ではなかったそうです。

 

その為、信玄亡き後は武田家の政の中心から遠ざけられていたんだとか。

 

 

一応、勝頼の補佐役ではあったんだけどね。


 

そんな山県昌景は、信玄の死から2年後に起こった長篠の戦いで戦死しております。

 

長篠の戦いは武田勝頼VS織田信長・徳川家康連合軍の戦で、織田信長が初めて鉄砲を戦場に持ち込み革命を起こした戦です。

 

 

鉄砲の他に、騎馬隊の対策として大量の馬防柵を築いたぞ。


 

武田軍は鉄砲という未知の武器に対抗する術も無く・・・。武田軍はこの長篠の戦いで一万を超える兵に、有力家臣である馬場信春、土屋昌次などを失うという大きな痛手を負うこととなります。。

 

山県昌景は長篠で織田・徳川軍とぶつかる前に、

 

 

この戦は不利、あの鉄砲隊は相当にやっかいです。ひとまず撤退すべきです!


 

と武田勝頼に進言したそうですが、聞き入れてもらえなかったそうです。

 

 

主君が戦えと言ったならそれに従うのみ…。


 

山県昌景はこの戦で先鋒隊をまかされました。初めは策を講じて敵と一進一退を繰り返していましたが鉄砲隊の攻撃が始まると状況は一変・・・。

 

 

もはや此度の戦で生きて帰ることはなかろうて。


 

死を決した山県昌景は銃弾が飛び交う中を刀をかざし突撃、全身に銃弾を浴びて絶命したのでした。

 

山県昌景は命尽きても落馬せず、采配を口に咥えたままであったと伝えられています。めちゃくちゃ壮絶・・・この死に様はカッコよすぎて震えますね!

 

 

落馬したとの説もあるんだけどね。


 

【スポンサードリンク】

 

山県昌景は身長が低い?逸話はカッコイイけど…

 

山県昌景はかなり身長が低かったと言われているようです。一説によると彼の身長は130cm〜140cmほどであったとか。

 

戦国時代の成人男性の平均身長は160cm前後と言われております。それより2、30cmも低いとなるとかなり小さいですね。

 

山県昌景が戦場で最強の戦力を誇るのと身長が低い事は他国の武将達の間でもよく知られていたそうで、戦場で山県昌景の姿を見つけた敵の兵達は、

 

 

小男が出たぞーっ!


 

と恐怖していたといいます。

 

小男というとなんだか悪口みたいですが、それが悪口にならないほどに周囲から恐れられていたのでしょうね。

 

山県昌景の死後、赤備えは蘇った!

 

武田信玄亡き後、織田信長、徳川家康、北条氏政らは武田の領地を狙いグイグイと信濃・甲斐・駿河・上野へ侵攻していきました。

 

そして山県昌景の死から約7年後の1582年、追い込まれた武田勝頼は自刃。一大勢力を誇った武田氏は滅亡したのであります・・・。

 

後々、武田の領地だった甲斐・信濃は徳川家康の領地となりました。

 

徳川家康は甲斐・信濃をゲットした際、かつて武田家に仕えていた武士達を家臣に召し抱えました。そして

 

 

武田には山県昌景が率いていた赤備えの屈強な軍隊があったね!彼に仕えていた武士達もきてくれたことだし、徳川家でも赤備えの部隊を作っちゃおう!


 

との事で、武田家旧家臣を迎えて徳川家オリジナルの赤備えの軍隊を作りました。

 

そしてその赤備えの軍隊の大将に抜擢されたのが徳川四天王の一人、井伊直政であります。

 

井伊直政の率いる赤備えもまた、『井伊の赤備えは最強!』『井伊の赤鬼だ!』なんて言われるほどに戦場で大活躍しておりました。

 

かつて武田と徳川は敵でしたが、武田の旧家臣達はこの赤備えの復活をとても喜び、家康に感謝したといいます。

 

関連逸話漫画

スポンサードリンク


楽しんでいただけたらイイネ!

カテゴリーMENU

山県昌景,赤備え,最強家臣,身長
山県昌景,赤備え,最強家臣,身長
山県昌景,赤備え,最強家臣,身長
山県昌景,赤備え,最強家臣,身長
山県昌景,赤備え,最強家臣,身長
山県昌景,赤備え,最強家臣,身長
山県昌景,赤備え,最強家臣,身長


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ