まるで漫画だぜ!戦国武将『最強は誰?』ベスト5でランキング!

まるで漫画だぜ!戦国武将『最強は誰?』ベスト5でランキング!

戦国武将『最強は誰?』ベスト5でランキング!

 

戦国武将は強くてナンボ!!

今回は私たちが独断と偏見で「最強の武将ランキング」を作ったわよ!

 

全国各地、様々な武将に「〇〇は武勇に優れていた」なんてエピソードがあるけれども、


 

なかでも「こいつァ半端ねぇ!」ってな武闘派戦国武将をチョイスしました!

ゆるりとご覧ください♪


スポンサードリンク

最強武将1位:水野勝成(みずのかつなり)

 

 

水野勝成は徳川家康の従兄弟なの。

かなり破天荒な方で、徳川家→織田家と仕えていたんだけど、ある時、勝成は父親の水野忠重の家臣と揉めて殺害してしまったのね、もちろん父の忠重は激怒!勝成は水野家を追い出されてしまったの。

 

それからは主君を何度も変え、全国を転々とする勝成・・・。

 

フラフラと放浪する事約15年、勝成はついに徳川家康の元へ戻り、父とも仲直りをしたの。そこからは徳川家の家臣としてマジメに働くこととなるのね。

 

そんな水野勝成の最強伝説がホントに凄い!

 

16歳で参戦した高天神城での戦では、15も首級をあげて織田信長から感状と、永楽銭の旗印をもらっているの。

 

これだけ聞いても「おおっ・・・凄い!16の若さで!」となるんだけど、もっとすごいのが19歳の時に参加した戦・・・。

 

本能寺の変の後、織田信長がいなくなった世は凄く混乱していて、武将達はこの機を逃すなとばかりに領地をめぐって戦を起こすこととなるの。

 

かつて武田信玄が治めていた甲斐、信濃も織田の領地となったいたんだけど信長の死によってガラ空き状態に。

 

その旧武田領をめぐって戦ったのが北条家と徳川家なのね。

 

水野勝成はこの甲州黒駒合戦と呼ばれる戦に徳川軍として参加。

そして人間技とは思えない凄まじい戦いをしているの。

 

なんと北条軍1万に対し、勝成は1人で戦いに挑んで300もの首級をあげたの!

 

1万VS1人・・・漫画でもやりすぎじゃない?と思える人数差・・・。

 

主人公になんらかの特殊能力でもあるならまだしも、勝成の場合はリアルで体ひとつで戦ったわけだからとんでもない事よね。

 

そもそもなんで1人で戦うなんて状況になったの?って話なんだけど、

 

勝成は前の戦で、味方の武将(上司)に抜け駆けされたらしく、それがかなり頭にきちゃったみたい。

 

 

もう知らん!俺は俺の好きなように戦う!


 

となっちゃったのね。その結果、命令があるまで動いてはいけないという決まり事を無視して独断で敵につっこんでいったというわけなの。

 

無茶するってレベルじゃないわね。よくぞ生き延びて帰ってきたものだわ。笑

 

水野勝成、頭ひとつ(ひとつどころじゃないかも)抜きんでて最強の武将ね!

 

最強武将2位:可児才蔵(かにさいぞう)

 

 

可児才蔵も水野勝成と同じく、何度も主君を変えてきた武将です。

 

転々と主君を変えていた詳しい理由はわかってないものが多いですが、可児才蔵は武勇に優れている!と有名だったらしく、引く手あまたの人気者だったようです!

 

そんな才蔵が最強と言われるのは、なんといっても笹の才蔵のエピソード!

 

とある戦で、才蔵は16もの首級をあげました。

16もの首・・・、さすがに全部は持って帰れないので、才蔵は戦場に置いて帰ったんですね。

 

討ち取った首は、数やその身分によって恩賞が与えられるんですね。

 

基本的には自己申告らしいので、戦場から集めた首を

 

 

これは私が討ち取ったものです!


 

と嘘の申告をする人もいたそうです。

 

そんな卑怯者もいる中、可児才蔵は討ち取った首の口やら耳やら鼻に笹の葉を含ませておいたんです!

ちゃっかりしてます。笑

 

というか凄まじい数の敵がいるであろう戦場でそれだけの手柄をあげてなお、笹の葉を含ませる余裕があるのは凄いの一言につきます。

 

そしてこの戦で一番多く手柄をあげたのは可児才蔵!

 

笹の葉を含んだ首を見た他の武将達は、さすがは歴戦の勇者である!と才蔵を褒めたたえたといいます。

 

そして才蔵は笹の才蔵と呼ばれ、武将達の憧れの存在になったのです!

 

水野勝成の後なのでなにぶんインパクトにかけちゃいますが、才蔵は関ヶ原の戦いでも1番多く手柄をあげた武将といわれており、最強と呼ぶにふさわしい武将なのです!

最強武将3位:森長可(もりながよし)

 

 

森長可は織田信長の家臣で、森蘭丸のお兄ちゃんでとても信長に気に入られていた武将なの。

 

武田家滅亡後には、その武田の旧領の信濃・川中島(計四郡)を与えられているほど。

 

森家の当主という身分でありながら、戦場では自ら槍をとって大暴れするやんちゃ武将なの。しかしながら、

 

 

俺の行く手を阻むものは容赦なくKO☆RO☆す!!


 

といった残酷な一面が目立ちすぎる為、最強というよりかは最凶といったほうが良いかも・・・。

 

まぁ、有無を言わさない強引な強さが魅力的な武将ね。(ものは言いよう。)

そして森長可の最強エピソードではずせないのは、伊勢で起こった戦、長島一向一揆での出来事!

 

この時、長可は15歳、戦デビューして間もないペーペー。

まわりの家臣からしても、長可の戦闘能力は未知数だったのよね。

 

長可は、織田信忠(信長の嫡男)の軍に入って戦に参加していたの。

 

この時、川を挟んで両者の睨み合いが続いていたそう・・・

 

敵もなかなかに士気も高いし攻撃的で、織田勢は

 

 

どうにも攻めづらい、どうしたもんかなぁ・・・


 

なんて困っていたの。

 

そしてそれを見ていた長可は何を思ったかこっそりとその場を離れ、たった一人で敵がいる場所へ舟で渡っていっちゃったの!

 

戦初心者の15歳、驚異的なメンタルの持ち主ね。笑

 

家臣たちが

 

 

アレ?!

長可様がいない!!


 

なんて思った頃には、敵地で暴れまくっていたとか・・・。

敵もまさかたった一人で突撃してくるなんて思わないし、長可の暴れっぷりにその場は大混乱!

 

そして長可に続けと織田勢も敵地めがけて突入、結果は織田勢の勝利に終わったの!

 

結果、長可は27もの首級をあげちゃったの。戦デビューにて強烈なインパクト!

 

その後も戦場や戦場じゃない所(えっ)、様々なシーンで暴れまくり周囲を困惑させたりと、森長可は戦国一の暴れん坊武将となっていくの。

 

織田信長も

 

 

長可はホント強いな!

昔最強といわれた武蔵坊弁慶みたい!

武蔵って名前、名乗っちゃおうぜ!


 

なんて事を長可に言ってて、長可はその後『森武蔵守長可』と名乗っていたのよ。

 

そんな暴れん坊の長可は小牧長久手の戦にて27歳の若さでこの世を去るの。

ちなみに長可を倒したのは上にでた最強武将NO1・水野勝成の鉄砲隊だったと言われているのよ~!

 

スポンサードリンク

最強武将4位:本田忠勝(ほんだただかつ)

 

 

本田忠勝・・・

徳川家康の家臣で有名なTHE・もののふ!!といた豪の者なイメージです!

 

井伊直政、酒井忠次、榊原康政とともに徳川四天王として家康を支えた最強武将であります!

 

本田忠勝の有名な最強エピソードは、生涯で五十六回も戦に出陣して一度も怪我をした事がないというものが有名です。

 

本田忠勝の愛用の槍もまた最強で、穂先に触れたとんぼがスーっと切れた!なんて逸話が残っています。

 

そんな切れ味抜群の槍の名前は「蜻蛉切り」とそのまんまです。笑

 

そんな最強の槍をもって戦場を駆ける忠勝の姿はさぞカッコよかった事でしょうね!

そして本田忠勝はただ戦う事において強いだけではありません!

 

こんな話があります、

 

本能寺の変が起こった時の事・・・、徳川家康は三十数名といった少数で大阪へ出かけていました。

 

 

この少人数で明智光秀の軍勢に見つかったら終わりだ・・・。

 

なすすべなく討たれてしまうなら、潔く信長殿に殉じて自刃したほうが良いのでは・・・?


 

と家康は弱気になっていました。

かなり追い込まれて もはや詰み って状況に他の家臣も家康に従う意思をみせていましたが、忠勝だけは

 

 

どんな手を使ってもいいから三河へ戻りましょう!

信長殿の仇を討つ為に兵を挙げるのです!

信長殿の後を追うのは仇を討った後でも遅くはないです!!


 

と家康に主張したんですね~!

 

そして家康はこの忠勝の言葉を聞き、考えを改め生き延びる事を選んだのです。

家康は後年、

 

 

今の自分があるのは忠勝のおかげじゃ~


 

とよく語っていたそうです。

戦場で最強を誇る男は、メンタルも強くて判断力もある頼れる男だったんですね!

 

最強武将5位:真柄十郎左衛門(まがらじゅうろうざえもん)

 

 

真柄十郎左衛門は越前の朝倉家に仕える武将よ。

名前からして最強感凄いわよね。笑

 

一般的には「誰やねん」っていいたくなる知名度かもしれないわね。

この方、もの凄いアイテムを愛用していて、武将達をざわつかせていたのよ。

 

それはとんでもない長さの刀!

 

その長さ、なんと約2m30cmだそう・・・。

『漫画かよ』って言いたくなるわよね。笑

 

これを戦場でブンブンと振り回していたとか・・・。

恐ろしすぎでしょう。

 

おまけにその刀身には小窓が空いていて、その隙間から敵を睨んでいたとか・・・。

怖すぎでしょう。笑

 

時の将軍・足利義昭も十郎左衛門の戦いっぷりを見て『とんでもないヤツがいる・・・』と驚いていたそうよ。

 

この長刀のインパクトが凄いので、『真柄十郎左衛門という男はきっと他にも凄い逸話があるんだろうな~』と期待してしまうけど、残念ながらこの方については詳しい情報があまり残されていないのよね。

 

2m30cmの長刀を振り回す絵面を想像すると最強感が凄い!

最強ランキングにランクインするには十分でしょう。笑

 

ちなみにこの真柄さん、姉川の戦いで本田忠勝と一騎打ちしたという伝説があるのよ~!(相打ちだったそう。)

 

スポンサードリンク

 

最強武将の関連記事

 

上にご紹介した最強武将達の個別記事です♪特に管理人がオススメするの本多忠勝と森長可!

水野勝成が築いた福山城!~ゆるりと福山城レポ~

関ヶ原ではNo1!『笹の才蔵』こと可児才蔵を詳しく見る!

ブッとんだ逸話が魅力的!森長可を詳しく見る

性格も最強に男前!本多忠勝を詳しく見る

 

最強武将の関連逸話漫画


くうはく埋め

スポンサードリンク


くうはく埋め くうはく埋め

楽しんでいただけたらイイネ!

カテゴリーMENU

最強,戦国武将,ランキング,水野勝成,可児才蔵  最強,戦国武将,ランキング,水野勝成,可児才蔵  最強,戦国武将,ランキング,水野勝成,可児才蔵  最強,戦国武将,ランキング,水野勝成,可児才蔵 
最強,戦国武将,ランキング,水野勝成,可児才蔵  最強,戦国武将,ランキング,水野勝成,可児才蔵  最強,戦国武将,ランキング,水野勝成,可児才蔵 


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ