北条氏康と三国同盟!武田信玄、今川義元、上杉謙信…友情と戦いの歴史

北条氏康と三国同盟!武田信玄、今川義元、上杉謙信…友情と戦いの歴史

皆なにしてた?氏康、信玄、義元、謙信との友情と戦いの歴史


しかし、近隣には上杉謙信や武田信玄、今川義元といったこれまたビッグな大名達がひしめいている!

 

 

俺たちの戦いはこれからだ!


 

…という事で、今回は氏康と名だたる大名達の関係や、戦いの歴史なんかをゆるりとご紹介っ♪

 

スポンサードリンク

三国同盟成立!北条と今川と武田はズッ友だよ…

 

北条氏康,今川義元,武田信玄,上杉謙信,三国同盟

 

1554年、北条氏康、今川義元、武田信玄の間で三国同盟が成立。

 

この三国同盟では、

 

北条氏康の娘と今川義元の長男・今川氏真が結婚
今川義元の娘と武田信玄の長男・武田義信が結婚
武田信玄の娘と北条氏康の次男・北条氏 政が結婚

 

↑こんな感じで婚姻関係が結ばれ、三者それぞれに強い結びつきができ…

 

 

これで背後に気にせず関東の攻略に集中できる!


 

 

私は尾張の攻略に集中できる!


 

 

同じく安心して信濃の攻略に集中できる!


 

それぞれにこんなメリットがありました。

 

北条氏康は関東を広く支配下に置いたとはいえ、里見氏など敵対してくる関東勢はまだいるし、

 

関東管領・上杉憲政

 

北条に関東の土地奪われた!長尾さん助けて〜!


 

越後の大名・長尾景虎

 

おまかせあれ!私が土地を取り戻してあげる!


 

関東管領・上杉憲政

 

ありがとう!

じゃあ私の家督と管領職、君に譲るね!

上杉家の当主として、関東の覇者に返り咲いてくれ!


 

 

では上杉と名乗ります!待ってろよ北条氏康っ!


 

との事で、新たに越後から上杉謙信が攻めてくるので大変…!

 

小田原城の戦い!上杉謙信は10万もの大軍を引き連れて…

 

そんな感じで1560年…、

満を持して上杉謙信が関東へと侵攻。

 

関東管領・上杉憲政を擁した謙信の人望は厚く、里見氏、佐竹氏、宇都宮氏といった関東周辺の武将達の多くが謙信に味方するという、北条にとっては何ともやっかいな展開となってしまいました。

 

上杉謙信は上野・武蔵にある北条の支城を落として関東に拠点を置き…、

 

翌年には関東の大名、国人達を糾合して10万もの兵を引き連れて北条の本拠地・小田原城を包囲したのであります。

 

対する小田原城はどんだけ多く見積もっても、2万もいなかったとの事…。

 

関東中の武将を敵に回し、10万もの大軍に囲まれたとなると冷静にはいられないような気もしますが、

 

 

近年の飢饉もあって、敵はそんなに多くの兵糧を確保していないはず。

なので敵は長期間の戦いは無理。しばらくすれば帰るから、無理に戦う事はないよ。


 

と氏康は冷静に分析し、徹底した籠城戦をとりました。

 

 

絶対落とす!


 

上杉軍は積極的に攻撃を加えるも、ちょっとやそっとじゃ全く揺るがず。

城内からの容赦ない鉄砲攻撃に大分手こずっていたといいます。

 

 

小田原城は強化工事しまくり、守備力の高いお城に仕上がっていたのだ。


 

それに加え、氏康は忍びの者を敵陣営に送り込み、小屋に火を放ったり荷物を強奪したり…と別の方向から敵にダメージを与えておりました。

 

 

ちなみに、北条の忍者はあの有名な『風魔小太郎』だぞ!


 

こういった裏方の働きもあり、上杉連合軍は二月も経たないうちに兵糧が尽き始め、やむなく小田原城から兵を引いたのでした。

 

 

悔しいっ…これで終わりじゃないからね!!


 

これからほぼ毎年、上杉謙信は冬の始まりと共に関東へ出陣していたとの事。

 

 

で、春に越後に帰ってたよ。

越後の冬は寒いから、その間に関東で活動するという…。


 

 

すげぇ迷惑な話だよね。


 

しかしこの小田原城の戦い後、揉め事の末に上杉謙信のもとから去った国人達がいたり、

 

1564年に下総で起こった戦『第二次国府台の戦い』で北条氏康が里見氏に勝利した事で、上杉派だった国人達が北条に臣従したり…

 

と、上杉謙信に不利な出来事が続いたので、北条氏康は関東での面目を十分に保っていったのであります。

 

 

結局、上杉氏は関東に返り咲くことはなかった…。


 

ちなみにこの時期、上杉勢に手を焼いていた北条氏康は、武田信玄に西上野への侵攻を依頼しておりました。

 

その為、一時は北条のものだった上野の一部が武田氏の領地となってしまいました。

 

 

まぁ仕方ないよね。

敵に奪われるよりは仲間に…ね。


 

なんだかんだで三国同盟はしっかりと機能している…!

 

スポンサードリンク

三国同盟、崩壊に向かう

 

1560年、桶狭間の戦いにて今川義元が討死に。

 

大勢力を誇る今川家の当主の予想だにしない訃報、北条氏康と武田信玄はこれを受け…

 

 

氏真くん、これから大変だけど頑張ろう!


 

 

義元さんの仇討とう!手伝うから!


 

今川家の跡継ぎ息子・氏真を支持し、今川家に力添えする意思を示しました。

 

しかし、

 

今川氏真

 

仇討ちね…うん。そのうち…。


 

氏真は動こうとしませんでした。

今川義元と違って氏真はリーダーシップに欠け、大名としての素質はあまりなかった模様。

 

そんな感じなので氏真は家臣達に離反されるなどし、今川家は徐々にかつての勢いを失っていきました。

 

 

まぁでも、氏真はワシの娘の旦那だし。これからも何かあれば助けるよ。


 

北条氏康はこういう状況にあっても、変わらずに今川家との関係を続けていきました。

 

が、

 

 

(義元さんと違って氏真はダメだな。仲良くしててもいい事ないわ。)


 

武田信玄は今川氏真を見限る事に。

 

そして1568年…

信玄は武田と敵対関係にあった徳川家康と手を組み、今川の本拠地・駿府(駿河)へと侵攻しました。

 

今川氏真は駿府を追われ、遠江の掛川城へと逃亡するはめになります。

 

が、その掛川城も徳川軍に包囲される事に…。

 

 

持ちこたえるんだ氏真!今いくぞっ!!


 

北条氏康はこれを受け、今川氏真を救うべく4万の兵を動員して出陣しました。

そしてしばらく駿河あたりで武田軍と小競り合いが続きます。

 

数が多い北条軍が有利に展開、武田軍を撃破するには至りませんでしたが、これらを甲斐へ撤退させる事ができました。

 

 

武田軍を蹴散らしたぞ!もう少しだ耐えろ氏真!


 

そんな時期、武田信玄は徳川家康を裏切って遠江へと手を伸ばし始めます。

 

 

これはヒドイ。今川と戦ってる場合じゃないわ。


 

とのことで、徳川家康は今川氏真と和睦して平和的に戦を終わらせました。

 

今川氏真は命拾いしたものの、掛川城を徳川に明け渡し、大名としての地位は失う事になります。

 

 

氏真はワシが保護します!

とりあえずこっちはひと安心…。徳川とも仲良くなれたし。

 

しかし、武田信玄と敵になってしまったのはキツイ。

北条は上杉や里見といった敵もいるのに。


 

北条氏康はこのピンチを脱するため、次に上杉謙信と同盟を結ぶ事を考えます。

 

 

北条と上杉はずっと戦ってばっかだったけど…。

武田は同じ敵だしこれから仲良くしたいな。


 

 

こっちも他に敵がいるし、悪い話じゃないね。

OK,仲良くしよう。


 

1569年、北条と上杉の同盟が成立。

これにともない、氏康の七男・氏秀が謙信の養子となりました。

 

北条氏康と上杉謙信とのお付き合い、あまり上手くいかず。

 

うまくまとまったかに思えた北条と上杉の同盟ですが…、

 

上杉謙信と同盟を組んでいた里見氏や佐竹氏はこれに不満を持ったようで、北条氏康は変わらず里見氏らとは敵対関係に在りつづける事になりました。

 

 

ここらへんの時期グダグダだよね。
今こういう状況↓


 

前までこうだったのが…

北条氏康,今川義元,武田信玄,上杉謙信,三国同盟

こうなった。

 

そしてこの後、さっそく武田信玄は2万(4万とも)もの大軍を動員して小田原城へと進軍してきました。

 

しかし、武田軍はこれといった城攻めはせず、小田原の城下町に火を放ってすぐに去って行きます。

 

氏康は去りゆく武田軍を追撃させるのですが、この時起こった『美増峠の戦い』では返り討ちにあい武田軍に敗北してしまいました。

 

 

負けた(´;ω;`)

てか上杉謙信 …援軍頼んだのに送ってくれなかったし。


 

北条氏康はこの後、

 

 

協力し合おうって約束したのに助けてくれなかったね。

そりゃ信玄にも逃げられちゃいますわな。


 

なんて怒りの書状を上杉謙信に送ったそうです。

 

 

こっちも越中で戦があったりして大変だったの(´・ω・)


 

息子・氏政に遺言を託し、北条氏康は逝く…。

 

関東に一大勢力を築いた北条氏康でしたが、晩年は武田氏、佐竹氏、里見氏といった敵に手を焼き、苦労の時期が続きました。

 

そんな最中、1571年に氏康は病により57歳で死去する事になります。

 

氏康は北条の行く末を案じ、息子・氏政に

 

 

上杉謙信との同盟を破棄して、武田信玄と再び同盟を結べ。

信玄こそ頼りに なる武将だ。


 

と遺言を残たと伝えられています。

 

そして跡を継いだ氏政はこの遺言通り、氏康の死後すぐに武田と同盟を復活させる事になります。

 

ちなみに、氏康は上杉謙信について

 

 

上杉謙信はマッッジで義理堅い人、とても信頼できる武将だ。


 

と高く評価していたそうです。

 

息子に信玄を選ぶようアドバイスしたのは

 

 

上杉謙信は友達にするならいい人だけど、大名として生き残っていくには信玄みたいに図太い人のほうが頼りになる!


 

といった事でしょうかね。

 

 

援軍を送らなかったのを根に持たれていた可能性も…。


 

スポンサードリンク

 

関連ページ

北条氏康,今川義元,武田信玄,上杉謙信,三国同盟

上杉謙信と武田信玄の関係は?川中島の戦いをわかりやすく解説!

北条氏康,今川義元,武田信玄,上杉謙信,三国同盟

上杉謙信が義の人と言われるのはなぜ?敵からも信頼される理由とは?

北条氏康,今川義元,武田信玄,上杉謙信,三国同盟

今川義元VS織田信長!桶狭間の戦いで最後に義元が意地を見せた!

北条氏康,今川義元,武田信玄,上杉謙信,三国同盟

武田信玄が野心家・卑怯者なんて言われるのはなぜ?油断ならぬ性格…

北条氏康,今川義元,武田信玄,上杉謙信,三国同盟

下剋上ブーム作っちゃった!北条早雲をゆるりと楽しく解説!

北条氏康,今川義元,武田信玄,上杉謙信,三国同盟

立派な大名、今川義元!評価する流れでその歴史や功績をゆるりと解説!
くうはく埋め

スポンサードリンク


くうはく埋め くうはく埋め

楽しんでいただけたらイイネ!

北条氏康,今川義元,武田信玄,上杉謙信,三国同盟

カテゴリーMENU

北条氏康,今川義元,武田信玄,上杉謙信,三国同盟 北条氏康,今川義元,武田信玄,上杉謙信,三国同盟 北条氏康,今川義元,武田信玄,上杉謙信,三国同盟 北条氏康,今川義元,武田信玄,上杉謙信,三国同盟
北条氏康,今川義元,武田信玄,上杉謙信,三国同盟 北条氏康,今川義元,武田信玄,上杉謙信,三国同盟 北条氏康,今川義元,武田信玄,上杉謙信,三国同盟


ホーム サイトマップ
TOP 戦国武将一覧 漫画で戦国逸話 戦国時代合戦 戦国小ネタ